スティーヴ・レイシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スティーヴ・レイシー
Steve Lacy
Steve Lacy.jpg
スティーヴ・レイシー(1976年)
基本情報
生誕 (1934-07-23) 1934年7月23日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
死没 (2004-06-04) 2004年6月4日(69歳没)
ジャンル フリー・ジャズ
担当楽器 ソプラノ・サックス

スティーヴ・レイシーSteve Lacy1934年7月23日 - 2004年6月4日)は、アメリカニューヨーク出身のジャズソプラノ・サックス奏者。フリー・ジャズ1971年初頭、公式に「ポスト・フリー」という用語を用いた。

来歴[編集]

ピアノ、クラリネットを学んでいた。シュリンガー音楽院、マンハッタン音楽院で学んでいたが共に中退。

1955年、セシル・テイラー・カルテットに参加し『ジャズ・アドヴァンス』(1956年)を録音[1]。1957年、ニューポート・ジャズ・フェスティバルに出演した。1958年、セロニアス・モンクが作った曲のみからなるアルバム『リフレクションズ』を録音し、1960年には16週間、セロニアス・モンク・カルテットに加わるかたちでクインテットの一員として活動した[2]。のちの『エピストロフィー』(1969年)、『オンリー・モンク』(1987年)、『モア・モンク』(1991年)もモンクの曲の編曲集となっている。

1972年フランスパリに移住した[3]1975年6月に来日し[4]、アルバム5枚の録音を残している。それらの中で『ザ・ワイヤー』(1977年)には、佐藤允彦(p)、富樫雅彦perc)、翠川敬基celb)、池田芳夫(b)、吉沢元治(b)がスティーヴ・レイシー・セクステットとして参加した。『ディスタント・ヴォイセス』(1976年)は高橋悠治および小杉武久と共同名義の作品である。

1981年に日本で富樫雅彦ds、perc)と『エターナル・デュオ』(1983年)の録音共演。1986年5月以降、埼玉県深谷市の「ホール・エッグ・ファーム」において14回のコンサートを開催した[5]

1992年、マッカーサー・フェロー(奨学金)を授与された[6]

2002年に帰米し、ボストンにあるニューイングランド音楽院において教え始めた。2003年8月に癌と診断されたのちも演奏活動を続けたが、2004年6月4日に死去した。享年69歳。

ディスコグラフィ[編集]

リーダー・アルバム[編集]

  • The Complete Whitey Mitchell Sessions(1956年2月、4月録音)(Lone Hill Jazz) 2004年
  • 『ソプラノ・サックス』 - Soprano Sax(1957年11月録音)(Prestige) 1957年
  • 『リフレクションズ』 - Reflections(1958年10月録音)(Prestige) 1959年(モンクの曲の編曲集)
  • 『ザ・ストレート・ホーン・オブ・スティーヴ・レイシー』 - The Straight Horn of Steve Lacy(1960年11月録音)(Candid) 1961年
  • 『エビデンス』 - Evidence(1961年11月録音)(New Jazz/Prestige) 1962年
  • ロズウェル・ラッドと共同名義, 『スクールデイズ』 - School Days(1963年3月録音)(Emanem) 1975年
  • Disposability(1965年12月録音)(Vik) 1966年
  • 『突撃』 - Sortie(1966年2月録音)(GTA/Globe) 1966年
  • Zvatsha(1966年録音)(未発表)
  • 『森と動物園』 - The Forest and the Zoo(1966年10月録音)(ESP) 1967年(ブエノスアイレスにおけるライヴ)
  • スティーヴ・レイシー・ギャング名義, ‎『ロバ』 - Roba(1969年6月録音)(Saravah) 1969年
  • 『ムーン』 - Moon(1969年9月録音)(BYG Actuel) 1969年
  • 『エピストロフィー』 - Epistrophy(1969年9月録音)(BYG Actuel) 1969年(モンクの曲の編曲集)
  • 『ワードレス』 - Wordless(1971年1月録音)(Futura) 1971年
  • マル・ウォルドロンと共同名義, 『果てしなき旅』 - Journey Without End(1971年11月録音)(RCA Victor(日本)) 1971年
  • 『ラピス(瑠璃)』- Lapis(1971年9月録音)(Saravah) 1971年
  • 『エスティリャソス』 - Estilhaços: Live in Lisbon(1972年2月録音)(Guilda Da Música) 1972年
  • 『ザ・ギャップ』 - The Gap(1972年5月録音)(America) 1972年
  • マル・ウォルドロンと共同名義, Mal Waldron with the Steve Lacy Quintet(1972年5月録音)(America) 1972年
  • 『ソロ』 - Solo(1972年8月録音)(Emanem) 1974年
  • フランツ・コグルマンと共同名義, Flaps(1973年4月録音)(Pipe) 1973年
  • The Crust(1973年7月録音)(Emanem) 1975年
  • スティーブ・レイシー・セクステッド名義, 『スクラップス』 - Scraps(1974年2月録音)(Saravah) 1974年
  • スティーブ・レイシー・セクステッド名義, Flakes(1974年5月録音)(RCA) 1975年
  • Michel Waisvisz、ハン・ベニンク、Maarten van Regteren Altenaと共同名義, Lumps(1974年9月録音)(Instant Composers Pool) 1978年
  • 『サクソフォン・スペシャル』 - Saxophone Special(1974年12月録音)(Emanem) 1975年(ロンドンにおけるライヴ)
  • 『麦わら』 - Straws (strange days) 1975年
  • Esteem: Live In Paris, 1975(1975年2月録音)(Atavistic) 2006年(パリにおけるライヴ)
  • 『ドリームス』 - Dreams(1975年5月録音)(Saravah) 1975年
  • 『ストークス「茎」』 - Stalks(1975年6月7日録音)(Nippon Columbia) 1975年
  • 『スティーブ・レイシー・ソロ』 - Solo at Mandara(1975年6月8日録音)(半夏舎/ALM) 1975年(吉祥寺「曼荼羅」におけるソロ・ライヴ)
  • Torments: Solo In Kyoto(1975年6月16日録音)(Morgue/ALM) 1979年(京都「シルクホール」におけるソロ・ライヴ)
  • スティーブ・レイシー・セクステッド名義, 『ザ・ワイヤー』 - The Wire(1975年6月18日録音)(Denon Jazz) 1977年
  • 高橋悠治小杉武久と共同名義, 『ディスタント・ヴォイセス』 - Distant Voices(1975年6月24日録音)(Nippon Columbia) 1976年
  • Axieme(1975年9月録音)(Red) 1975年(ソロ・ライヴ)
  • 『スタッブス』 - Stabs(1975年4月~11月録音)(FMP) 1975年
  • アンドレア・チェンタッツォと共同名義, 『クラングス』 - Clangs(1976年2月録音)(Ictus) 1976年
  • 『トリックルス』 - Trickles(1976年3月11日、14日録音)(Black Saint) 1976年
  • Hooky(1976年3月24日録音)(Emanem) 2000年(モントリオールにおけるソロ・ライヴ)
  • Crops & The Woe(1973年1月、1976年3月録音)(Quark Records & Books) 1979年
  • Snips(1976年5月録音)(Jazz Magnet) 2000年(CD 2枚組)
  • ビル・ディクソン、Franz Koglmannと共同名義, Opium for Franz(1973年~1976年8月録音)(Between The Lines) 2001年
  • マイケル・ジョゼフ・スミスと共同名義, Sidelines(1976年9月録音)(Improvising Artists) 1977年
  • Company 4(1976年11月録音)(Ictus) 1977年(デレク・ベイリーが参加)
  • Andrea Centazzo、ケント・カーターと共同名義, Trio Live(1976年12月録音)(Ictus) 1977年(ウーディネにおけるライヴ)
  • 『ラップス』 - Raps(1977年1月録音)(Adelphi) 1977年
  • マル・ウォルドロンと共同名義, 『ワン・アップマンシップ』 - One-Upmanship(1977年2月録音)(Enja) 1977年
  • Follies(1977年4月録音)(FMP) 1978年
  • Threads(1977年5月録音)(Horo) 1977年
  • Clinkers(1977年6月録音)(HatHut) 1978年(バーゼルにおけるソロ・ライヴ)
  • Catch (Horo) 1977年
  • The Owl (Saravah) 1977年
  • Shots(1977年10月録音)(Musica) 1977年。のちCD化 (hatOLOGY) 2015年。
  • Points(1978年2月録音)(Le Chant Du Monde) 1978年
  • Stamps(1977年8月、1978年2月録音)(HarHut) 1979年(CD 2枚組)(スイスのヴィリザウにおけるライヴとパリにおけるライヴの組み合わせ)
  • The Way(1979年1月録音)(Hat Hut) 1979年
  • Eronel (Horo) 1979年
  • Troubles(1979年5月録音)(Black Saint) 1979年
  • ウォルター・ズバー・アームストロングと共同名義, 『デュエット』 - Duet(1979年10月13日録音)(World Artists) 1979年(アムステルダムにおけるライヴ)
    • ウォルター・ズバー・アームストロングと共同名義, Call Notes(1979年10月録音)(World Artists) 1980年
  • スティーブ・ポッツと共同名義, Tips(1979年12月14日録音)(Hat Hut) 1981年。のちCD化 (Corbett vs. Dempsey) 2015年。
  • Capers(1979年12月29日録音)(Hat Hut) 1981年(ニューヨーク「サウンドスケープ (Soundscape Presents」におけるライヴ)
  • ブリオン・ジシンと共同名義, Songs(1981年1月録音)(hat ART) 1981年
  • Ballets(1980年12月、1981年4月録音)(Hat Hut) 1982年(1980年12月録音はスイスのポラントリュイにおけるライヴ)
  • マル・ウォルドロンと共同名義, Live at Dreher, Paris 1981 (Hat Hut) 2003年(CD 4枚組。下記 3アルバムのコンピレーション。)
    • マル・ウォルドロンと共同名義, 『スネーク・アウト』 - Snake-Out(1981年8月録音)(Hat Hut) 1982年
    • マル・ウォルドロンと共同名義, Herbe de l'oubli(1981年8月録音)(Hat Hut) 1983年
    • マル・ウォルドロンと共同名義, Let's Call This(1981年8月録音)(Hat Hut) 1986年
  • 富樫雅彦と共同名義, 『エターナル・デュオ』 - Eternal Duo(1981年10月録音)(King/Paddle Wheel) 1983年。のち(CD化)(DIW) 2015年。
  • The Flame(1982年1月録音)(Soul Note) 1982年
  • ロズウェル・ラッド、ミッシャ・メンゲルベルクらと共同名義, Regeneration(1982年6月録音)(Soul Note) 1983年
  • Prospectus(1982年11月録音)(hat ART) 1983年(パリにおけるライヴ)
  • Blinks(1983年2月録音)(hat ART) 1984年(チューリッヒ「ローテ・ファブリック」におけるライヴ)
  • ミッシャ・メンゲルベルク、ハン・ベニンクらと共同名義, Change of Season(1984年7月録音)(Soul Note) 1985年
  • アンドレア・チェンタッツォと共同名義, 『タオ』 - Tao(1976年2月、1984年11月録音)(Ictus) 2006年
  • Futurities(1984年11月、1985年1月録音)(Hat Hut) 1985年
  • ウルリッヒ・グンペルトと共同名義, Deadline(1985年3月録音)(Sound Aspects) 1987年
  • The Condor(1985年6月録音)(Soul Note) 1986年
  • エヴァン・パーカーと共同名義, Chirps(1985年7月録音)(FMP) 1986年(ベルリンにおけるライヴ)
  • オンリー・モンク - Only Monk(1985年7月29日~31日録音)(Soul Note) 1987年(モンクの曲の編曲集)
  • Steve Lacy Solo(1985年12月録音)(In Situ) 1991年(パリにおけるソロ・ライヴ)
  • マル・ウォルドロンと共同名義, Sempre Amore(1986年2月17日録音)(Soul Note) 1987年
  • 『モーニング・ジョイ』 - Morning Joy(1986年2月19日録音)(hat ART) 1990年(ライヴ)
  • Outings(1986年4月、6月録音)(Ismez) 1986年
  • 『ホーカス・ポーカス』 - Hocus-Pocus (Les Disques Du Crépuscule) 1986年
  • 『ソロ』 - Solo(1986年5月22日録音)(Egg Farm) 1986年(深谷市「ホール・エッグ・ファーム」におけるソロ・ライヴ。LP 99部限定版。)
  • 『ザ・キッス』 - The Kiss(1986年5月24日録音)(Lunatic) 1987年(「広島市東区民文化センター」におけるライヴ)
  • One Fell Swoop(1986年6月録音)(Silkheart) 1987年
  • The Gleam(1986年7月録音)(Silkheart) 1987年
  • スティーヴ・ポッツと共同名義, Flim-Flam(1986年12録音)(hat ART) 1991年
  • ミッシャ・メンゲルベルク、ハン・ベニンク、ジョージ・ルイス、エルンスト・レイスグルと共同名義, Dutch Masters(1987年3月録音)(Soul Note) 1992年
  • サブロト・ロイ・チョードゥリーと共同名義, Explorations(1987年4月録音)(Jazzpoint) 1987年
  • Momentum(1987年5月録音)(RCA Novus) 1987年
  • The Window(1987年7月録音)(RCA Novus) 1988年
  • マル・ウォルドロンと共同名義, The Super Quartet Live at Sweet Basil(1987年8月録音)(Paddle Wheel) 1987年(「Sweet Basil Jazz Club」 におけるライヴ)
  • スティーヴ・ポッツと共同名義, Live in Budapest(1987年10月録音)(West Wind) 1988年(ブダペストにおけるライヴ)
  • Image(1987年10月録音)(Ah Um) 1989年
  • エリック・ワトソン英語版およびジョン・リンドバーグと共同名義, The Amiens Concert(1987年11月録音)(Amiens) 1987年
  • ギル・エヴァンスと共同名義, 『パリ・ブルース』 - Paris Blues(1987年11月、12月録音)(Owl) 1988年
  • The Cry(1988年3月録音)(Soul Note) 1999年(CD 2枚組)
  • The Door(1988年7月録音)(RCA Novus) 1989年
  • 『モア・モンク』 - More Monk(1989年4月録音)(Soul Note) 1991年
  • Anthem(1989年6月録音)(RCA Novus) 1990年
  • Rushes: Ten Songs from Russia(1989年9月~11月録音)(New Sound Planet) 1990年
  • Itinerary(1990年11月録音)(hat ART) 1991年(ウィーンにおけるライヴ)
  • Remains(1991年4月録音)(hat ART) 1992年
  • Live at Sweet Basil(1991年7月録音)(RCA Novus) 1992年(「Sweet Basil Jazz Club」におけるライヴ)
  • 富樫雅彦と共同名義, 『トワイライト』 - Twilight(1991年11月録音)(Ninety-One) 1992年
  • エリック・ワトソンと共同名義, Spirit of Mingus(1991年12月録音)(Freelance) 1992年(パリにおけるライヴ)
  • Andrea Centazzoと共同名義, Clangs(1992年3月録音)(hat ART) 1993年(ケルンにおけるライヴ)
  • マル・ウォルドロンと共同名義, Live At Jazz In'It - I Remember Thelonious(1992年6月録音)(Nel Jazz) 1993年(ヴィニョーラにおけるライヴ)
  • We See(1992年9月1日、2日録音)(hat ART) 1993年(スイスのヴィリザウにおけるライヴ)
  • エヴァン・パーカー、ロル・コックスヒルと共同名義, Three Blokes(1992年9月25日~27日録音)(FMP) 1994年(ベルリンにおけるライヴ)
  • Revenue(1993年2月録音)(Soul Note) 1993年
  • マル・ウォルドロンと共同名義, Let's Call This... Esteem(1993年5月録音)(Slam) 1993年(オックスフォードにおけるライヴ)
  • Vespers(1993年7月録音)(Soul Note) 1993年
  • Barry Wedgleと共同名義, The Rendezvous(1994年1月録音)(Exit) 1995年
  • マル・ウォルドロンと共同名義, Comminique(1994年3月8日、9日録音)(Soul Note) 1997年
  • 5 x Monk 5 x Lacy(1994年3月26日録音)(Silkheart) 1997年(ストックホルムにおけるライヴ)
  • アイリーン・アウビ、フレデリック・ジェフスキーと共同名義, Packet (New Albion) ‎1995年
  • Actuality(1995年4月録音)(Cavity Search) 1995年
  • アイリーン・アウビと共同名義, The Joan Miró Foundation Concert(1995年6月8日録音)(Nova Era) 1999年(スペインのバルセロナにおけるライヴ)
  • 富樫雅彦と共同名義, 『エターナル・デュオ '95』 - Eternal Duo '95(1995年9月8日録音)(Take One) 1996年(「新宿ピット・イン」におけるライヴ)
  • 『ブルース・フォー・アイダ』 - Blues for Aida(1995年9月10日録音)(Egg Farm) 1996年(深谷市「ホール・エッグ・ファーム」における間章を回想するライヴ。CD 2枚組。)
  • 『バイ・ヤ』 - Bye-Ya(1996年3月録音)(Freelance) 1996年
  • 5人のピアニスト(マリリン・クリスペル、ミッシャ・メンゲルベルク、Ulrich Gumpert、Fred Van Hove、Vladimir Miller)との共同名義, Five Facings(1996年4月録音)(FMP) 1996年(「ベルリン芸術アカデミー」におけるライヴ)
  • Solo: Live At Unity Temple(1997年11月6日録音)(Wobbly Rail) 1998年(イリノイ州「ユニティ・テンプル英語版」におけるライヴ)
  • The Rent(1997年11月30日録音)(Cavity Search) 1999年(CD 2枚組)
  • Sands(1998年2月、4月録音)(Tzadik) 1998年
  • ロズウェル・ラッドと共同名義, 『モンクス・ドリーム』 - Monk's Dream(1999年6月録音)(Verve/Polydor) 2000年
  • 10 of Dukes & 6 Originals(2000年10月15日録音)(Senators) 2002年(深谷市「ホール・エッグ・ファーム」におけるライヴ)
    • 富樫雅彦、佐藤允彦と共同名義, 『アピス』 - Apices(2000年10月15日録音)(Studio Songs) 2002年(10 of Dukes & 6 Originals と同日録音)
    • 富樫雅彦、高橋悠治と共同名義, 『富樫雅彦 Steve Lacy 高橋悠治』 - Masahiko Togashi, Steve Lacy and Yūji Takahashi(2000年10月16日録音)(Suigyu) 2000年
  • Best Wishes: Live At The Labirinti Sonori Festival 2001(2001年8月録音)(Labirinti Sonori) 2001年(ライヴ)
  • Materioso Monk's Moods(2001年9月録音)(Onyx JazzClub) 2003年(マテーラにおけるライヴ)
  • The Holy La(1998年1月、2001年10月26日録音)(Free Lance) 2002年
  • Mother Goose(2001年10月30日録音)Bone : a tribute to Steve Lacy, Gent, Belgium, 2003年(ライヴCD付き書籍)
  • The Beat Suite(2001年12月録音)(Universal Music Jazz France) 2003年
  • アンソニー・コックス、ダニエル・ユメールと共同名義, WORK(2002年5月29日~31日録音)(ATELIER SAWANO) 2003年
  • ジョエル・レアンドルと共同名義, One More Time(2002年7月録音)(Leo) 2005年(帰米前のお別れツアーの一環としてブリュッセルにおけるライヴ)
  • New Jazz Meeting Baden-Baden 2002(2002年12月録音)(hatOLOGY) 2003年(バーデン=バーデンにおけるライヴ。CD 2枚組。)
  • November(2003年11月録音)(Intakt) 2010年(チューリッヒにおけるライヴ)
  • Last Tour(2004年3月録音)(Emanem) 2015年(ボストンにおけるライヴ)

コンピレーション・アルバム[編集]

  • Scratching the Seventies/Dreams (Saravah) 1996年(CD 3枚組)
  • Duets: Associates (Musica Jazz) 1996年
  • The Sun(1966年~1973年)(Emanem) 2012年
  • Avignon And After Volume 1 (Emanem) 2012年(1972年8月録音のソロと、1974年の録音を抱き合わせ)
    • Avignon And After Volume 2(1972年~1977年)(Emanem) 2014年
  • Cycles(1976年~1980年) (Emanem) 2014年
  • Free For A Minute(1966年~1972年)(Emanem) 2017年(CD 2枚組)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Wilmer, Val (1977). As Serious as your Life. Quartet. ISBN 0704331640. 
  2. ^ スティーヴ・レイシー「彼のすべての曲は歌えたし、スイングできた」『セロニアス・モンクのいた風景』村上春樹、村上春樹訳、新潮社、2014年、56頁。
  3. ^ 悠雅彦、稲岡邦弥、福島哲雄『ジャズCDの名盤』文芸春秋〈文春新書〉、2000年、212頁。
  4. ^ 間章「スティーヴ・レイシー 終わりなき終わり そして個」『〈なしくずしの死〉への覚書と断片 間章著作集Ⅱ』月曜社、2013年、124頁。
  5. ^ SPACE WHO HISTORY SINCE 1985”. HALL EGG FIRM x SPACE WHO. 2018年10月13日閲覧。
  6. ^ The John D. and Catherine T. MacArthur Foundation. “MacArthur Fellows July 1992”. 2011年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月29日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『ジャズ管楽器 : バリトン・サックス/ソプラノ・サックス/クラリネット/フルート/トロンボーン他』ジャズ批評編集部編、松坂〈ジャズ批評ブックス〉、2002年、54-55頁。ISBN 4-915557-12-X
  • 細川周平ほか『新版 ジャズを放つ』洋泉社、1997年、156-157頁。ISBN 4896912500
  • 悠雅彦『ジャズ 進化・解体・再生の歴史』音楽之友社、1998年、179-181頁。ISBN 4276370787
  • 間章「スティーヴ・レイシーとの対話 I」『〈なしくずしの死〉への覚書と断片』月曜社、2013年。ISBN 4865030085

関連項目[編集]