スタジオ・ミュージシャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スタジオ・ミュージシャンは、ポピュラー音楽において、音楽スタジオでのレコードCDなどの作成や、コーディネートされたステージサポートのため、楽器演奏を行うミュージシャンのこと。レコーディング・ミュージシャンセッション・ミュージシャンともいう。

概要[編集]

バンドや音楽グループメンバーの演奏者とは違い、基本的に他人の(ために)楽曲を演奏するのが主となる。そのため、高度な演奏技術だけでなく、さまざまな要求や状況に対応出来るだけの音楽理論や知識が必要とされる。例えばフルート奏者でスタジオ・ミュージシャンとして活動する旭孝は、スタジオ・ミュージシャンには以下のような技術が必要であると述べている[1]

  • 水準以上の演奏能力を持っている事
  • 初見が利いて、楽譜の表と裏(記譜内容だけではなく、楽譜が要求している演奏方法)が読める事
  • 音感リズム感に優れている事
  • 何か一つ以上、得意な分野(楽器あるいはジャンル)を持っている事
  • 応用力に優れている事(移調などその場でのアレンジ変更に即座に対応できること)
  • 専門以外にも、複数の楽器が演奏出来る事
  • ジャズポップスの音楽理論の知識があること。

スタジオ・ミュージシャンの立場から自身のバンドを結成してデビューし、評価を得ているミュージシャンも多い。イギリスのロックバンド・レッド・ツェッペリンのメンバーであるジミー・ペイジ (g) とジョン・ポール・ジョーンズ (b)、また日本Char (g) やB'z松本孝弘 (g)、坂本龍一 (pf) などは、デビュー前はスタジオ・ミュージシャンであった。アメリカTOTOスタッフエアプレイブレッド、セクション、日本のSHOGUNFENCE OF DEFENSEなどは、スタジオ・ミュージシャンが結成したバンドである。ザ・バースやモンキーズはスタジオ録音では本人ではなくセッションミュージシャンが演奏していた。

日本のスタジオ・ミュージシャン[編集]

スタジオミュージシャンには特定の芸能プロダクションレコード会社に所属するものと、フリーランスで活動するものが存在する。前者はかつてのビーイング所属ミュージシャンに代表されるように、プロダクションやレーベルの斡旋により複数のミュージシャンのレコーディングやライブに参加している。定期的に仕事の斡旋がある一方で、ギャランティについてはプロダクションによる仲介手数料が差し引かれたものがミュージシャンに渡されることになる。

一方、フリーランスのスタジオ・ミュージシャンはギャランティの満額を手にすることが出来る一方、基本的には独力で仕事を探すことになる。ただし、日本スタジオミュージシャン連盟 (SMA of JAPAN) のようにスタジオ・ミュージシャンと音楽プロデューサー・レーベルとの間を取り持つ会員制の斡旋組織も存在する。また、SMC(スタジオ・ミュージシャンス・クラブ)という、スタジオ・ミュージシャンのランクのスケーリングや著作権関係の権利を主張するための任意団体を母体に、NPO法人「レコーディング・ミュージシャンズ・アソシエイション・オブ・ジャパン (RMAJ) 」を結成したものもいる(理事長はヴァイオリニストの篠崎正嗣)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ スタジオミュージシャンの条件 - 無線と笛のページ(旭孝のWebサイト)

外部リンク[編集]