ザ・クルセイダーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザ・クルセイダーズ
The Crusaders
The Crusaders.jpg
ザ・クルセイダーズ(1978年)
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 テキサス州ヒューストン
ジャンル ジャズフュージョンソウル・ジャズジャズ・ファンク
活動期間 1952年 - 2010年
レーベル パシフィック・ジャズABC/ブルー・サムMCAGRP
共同作業者 アーサー・アダムス、ランディ・クロフォード、レナ・スコット、ビル・ウィザース
公式サイト www.jazzcrusaders.com
旧メンバー ウィルトン・フェルダー
ジョー・サンプル
スティックス・フーパー
ウェイン・ヘンダーソン
ヒューバート・ロウズ
ヘンリー・ウィルソン
ラリー・カールトン
ロバート・パウエル

ザ・クルセイダーズThe Crusaders)は、主に1970年代に活躍したアメリカ合衆国フュージョン・グループ。ジャズ・クルセイダーズを前身とする。

そのサウンドは、トロンボーンテナーサックスという管楽器によるアンサンブルに、スティックス・フーパーとゲスト・ベーシストによるリズム隊、ジョー・サンプルフェンダーエレクトリック・ピアノがからむことで醸しだされる、洗練されたサウンドである。

1970年代後半のフュージョンはおろか、1970年代前半のクロスオーバーという言葉もなかった時代から、ジャズという既成概念にとらわれず、さまざまなジャンルの音楽を取り込んできた。ラリー・カールトン[1]という、のちのフュージョン・シーンで有名になる技巧派ギタリストを、グループの結成初期から準メンバーとして参加させていた。

歴史[編集]

もともとはテキサス州ハイスクールで同級生だったウェイン・ヘンダーソン (トロンボーン)、ウィルトン・フェルダー (テナーサックス)、ジョー・サンプル (キーボード)、スティックス・フーパー (ドラム)の4人が結成したグループで、何度かグループ名を変更した後、1961年ジャズ・クルセイダーズとしてアルバム『フリーダム・サウンド』でメジャー・デビューした。音楽ファンによっては、フュージョン・グループになったクルセイダーズ時代よりも、ジャズ・クルセイダーズ時代を好むファンも存在する。

その後、1971年にグループ名を「ザ・クルセイダーズ」とし、アルバム『パス・ザ・プレイト』を発表。1972年に『クルセイダーズ1』、続いて『セカンド・クルセイド』『アンサング・ヒーローズ』を発表しジャズ・クロスオーバーのコアなファンに知られるようになった。だが、ポピュラー・ミュージックのファン層には知られず、1970年代半ば以降のフュージョンの時代になって、初めて知名度がアップした。ブロードキャスターのピーター・バラカンは、『スクラッチ』や『サザン・コンフォート』時代のクルセイダーズの大ファンだったという。

1972年にはクルセイダーズ・プロダクションを設立し、後に事業拡大しレコード・レーベルとして、クルセイダーズ・レコードを発足する。主要メンバーが属していたが、このレーベルは短命に終わる。

スティックス・フーパー (1980年)

その後も次々とアルバムを発表するが、1976年に結成以来のオリジナル・メンバーであるウェイン・ヘンダーソンと、最初期から準メンバーとして参加しており1974年に正式メンバーとなっていたラリー・カールトンが脱退した。だが、知名度がアップしたのはそれ以降で、1979年にはランディ・クロフォードをゲストに迎えた「ストリート・ライフ」、1980年にはビル・ウィザースをボーカルに迎えた「ソウル・シャドウズ」といった楽曲が小ヒットした。1983年にはスティックス・フーパーが脱退し、グループとしての形態は維持できなくなり、ウィルトン・フェルダーとジョー・サンプルのユニットに、その都度、ゲスト・ミュージシャンを参加させるというスタイルで活動を続けていた。

その活動も、1991年に発表された『ヒーリング・ザ・ウーンズ』を最後に事実上停止していたが、1992年に突如としてウェイン・ヘンダーソンとウィルトン・フェルダーが「ネクスト・クルセイド」を名乗ってアルバム『バック・トゥ・ザ・クルーヴ』を発表。さらに1995年、「ジャズ・クルセイダーズ」名義で、アルバム『ハッピー・アゲイン』を発表する。

新生ジャズ・クルセイダーズとして数枚のアルバムが発表された後、今度は2002年にウィルトン・フェルダー、ジョー・サンプル、スティックス・フーパーによって「ザ・クルセイダーズ」名義で『ルーラル・リニューアル』が発表され、ほぼオリジナル・メンバーからなるグループ再結成(活動再開)が成った。

ディスコグラフィ[編集]

ジャズ・クルセイダーズ時代[編集]

  • 『フリーダム・サウンド』 - Freedom Sound (1961年、Pacific Jazz)
  • Lookin' Ahead (1962年、Pacific Jazz)
  • 『ジャズ・クルセイダーズ・アット・ザ・ライトハウス』 - The Jazz Crusaders at the Lighthouse (1962年、Pacific Jazz)
  • Tough Talk (1963年、Pacific Jazz)
  • Heat Wave (1963年、Pacific Jazz)
  • 『ジャズ・ワルツ』 - Jazz Waltz (1963年、Pacific Jazz) ※with レス・マッキャン
  • 『ストレッチン・アウト』 - Stretchin' Out (1964年、Pacific Jazz)
  • 『ゴー! ジャズ・クルセイダーズ』 - The Thing (1965年、Pacific Jazz)
  • 『チリ・コン・ソウル』 - Chile Con Soul (1965年、Pacific Jazz)
  • Live at the Lighthouse '66 (1966年、Pacific Jazz)
  • Talk That Talk (1966年、Pacific Jazz)
  • 『フェスティヴァル・アルバム』 - The Festival Album (1966年、Pacific Jazz)
  • 『ウー・ハー』 - Uh Huh (1967年、Pacific Jazz)
  • 『ウーガ・ブーガルー (ライトハウスに於ける実況盤)』 - Lighthouse '68 (1968年、Pacific Jazz)
  • 『パワーハウス』 - Powerhouse (1969年、Pacific Jazz)
  • 『ライトハウス'69』 - Lighthouse '69 (1969年、Pacific Jazz)
  • 『ギヴ・ピース・ア・チャンス』 - Give Peace a Chance (1970年、Liberty)
  • 『オールド・ソックス、ニュー・シューズ』 - Old Socks New Shoes – New Socks Old Shoes (1970年、Chisa)

出典:[2]

クルセイダーズ時代[編集]

  • 『パス・ザ・プレイト』 - Pass the Plate (1971年、Chisa)
  • 『ハリウッド』 - Hollywood (1972年、MoWest)
  • 『クルセイダーズ1』 - Crusaders 1 (1972年、Blue Thumb)
  • 『セカンド・クルセイド』 - The 2nd Crusade (1973年、Blue Thumb)
  • 『アンサング・ヒーローズ』 - Unsung Heroes (1973年、Blue Thumb)
  • 『スクラッチ』 - Scratch (1974年、Blue Thumb)
  • 『サザン・コンフォート』 - Southern Comfort (1974年、Blue Thumb)
  • 『チェイン・リアクション』 - Chain Reaction (1975年、Blue Thumb)
  • 南から来た十字軍』 - Those Southern Knights (1976年、Blue Thumb)
  • 『旋風に舞う』 - Free as the Wind (1977年、Blue Thumb) ※LPでは「旋風」に「かぜ」のルビ
  • 『イメージ』 - Images (1978年、Blue Thumb)
  • 『ストリート・ライフ』 - Street Life (1979年、MCA)
  • 『ラプソディ&ブルース』 - Rhapsody and Blues (1980年、MCA)
  • 『音楽会』 - Live in Japan (1981年、Crusaders)
  • 『スタンディング・トール』 - Standing Tall (1981年、MCA)
  • 『ロイヤル・ジャム』 - Royal Jam (1982年、MCA) with B.B. King
  • 『ゲットー・ブラスター』 - Ghetto Blaster (1984年、MCA)
  • 『グッド・アンド・バッド・タイムス』 - The Good and the Bad Times (1986年、MCA)
  • 『ライフ・イン・ザ・モダン・ワールド』 - Life in the Modern World (1988年、MCA)
  • 『ヒーリング・ザ・ウーンズ』 - Healing the Wounds (1991年、GRP)
  • 『ルーラル・リニューアル』 - Rural Renewal (2003年、Verve)
  • 『ライヴ・イン・ジャパン2003』 - Live in Japan 2003 (2004年、P.R.A.)

新生ジャズ・クルセイダーズ (ウェイン・ヘンダーソン & ウィルトン・フェルダー)時代[編集]

  • 『バック・トゥ・ザ・グルーヴ』 - Back To The Groove (1992年、Par Records) ※ウェイン・ヘンダーソン・アンド・ザ・ネクスト・クルセイド名義
  • 『ハッピー・アゲイン』 - Happy Again (1994年、Sin-Drome)
  • 『ルイジアナ・ホット・ソース』 - Louisiana Hot Sauce (1996年、Sin-Drome)
  • 『ブレイクン・ダ・ルールズ』 - Break'n Da Rulz! (1998年、Indigo Blue)
  • Power of Our Music: The Endangered Species (2000年、Indigo Blue)
  • Soul Axess (2003年、True Life)
  • Alive in South America (2006年、True Life)

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]