ジョージ・ベンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョージ・ベンソン
George Benson 2009.jpg
基本情報
生誕 (1943-03-22) 1943年3月22日(73歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州 ピッツバーグ
ジャンル ジャズフュージョンポップ・ミュージッククロスオーバー
職業 ミュージシャンソングライター
担当楽器 ギターヴォーカル
活動期間 1964年 – 現在
公式サイト GeorgeBenson.com
著名使用楽器
Ibanez GB10 Signature Model
Ibanez GB200 Signature Model

ジョージ・ベンソン(George Benson, 1943年3月22日 - )は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州ピッツバーグ出身のジャズフュージョンを中心に活動しているギタリスト歌手

バイオグラフィ[編集]

幼少の頃よりプロの道を目指す。1963年、ジャック・マクダフ(ブラザー・ジャック・マクダフ)のバンドに加入[1]。初期のベンソンは、泥臭いソウル・ジャズを演奏していた。1964年、マクダフのサポートを得て、The New Boss Guitarでバンド・リーダーとしてもデビューする。1968年には、マイルス・デイヴィスの初のエレクトリック・ジャズ作品マイルス・イン・ザ・スカイ('Miles in the sky')のレコーディングに参加。

ジャズ・ギターの演奏スタイルは、ウェス・モンゴメリーやジョー・パスらの影響がうかがえる。初期のソウル・ジャズから、1970年代後半にはフュージョン系に転じた。1976年にワーナー・ブラザース・レコードに移籍、この年に発表したアルバムBreezin' (ブリージン)はプロデューサーにトミー・リピューマを迎え、彼の代表作となるほどにヒットした。このアルバムに収録された「マスカレード (This Masquerade)」で、ヴォーカリストとスキャットを披露し、以後ヴォーカル曲も積極的に取り入れていく。1980年の「ギブ・ミー・ザ・ナイト」ではクインシー・ジョーンズを制作に迎えた。さらに「ラブ・オール・ザ・ハート・アウェイ」(1981)や「ターン・ユア・ラブ・アラウンド」(1982)をヒットさせた。やがてベンソンはカシーフと組んで、ダンサブルなブラコンのシングルも発表するようになる。アルバム20/20(1984)等歌手として特化したアルバムも出している。 1980年代にはブラック・コンテンポラリーの歌手の一人としても認知され、ジャズから、より商業主義的な音楽を発売するようになった。

1984年には、「NOTHING GONNA CHANGE MY LOVE」(変わらぬ想い)を発表した。

1994年に"Turn Your Love Around"をサンプリングしたEAST END×YURIの『DA.YO.NE』が日本では流行ったが、作曲者のビル・チャンプリンらの許可は得ずに使用していた。彼らは使用料の支払いで和解している。

1996年よりGRPレコードに所属。2006年にはコンコード・レコードモンスター・ミュージックに移り、アル・ジャロウとの共作、Givin' It Upを発表。2009年には音楽活動をほぼ停止していた、スモーキー・ロビンソンビル・ウィザースらを作曲陣に迎え、Songs and Storiesを発表。バックミュージシャンも活動を停止したTOTOの主要メンバー等豪華なメンバーを取り揃えている。

プレイスタイル[編集]

ギター[編集]

いわゆる逆アングルによる正確無比かつ高速のフルピッキング、ギターによるビバップ・スタイルの完成形とも言われる流麗なフレージング、ウェス・モンゴメリーの系譜を受け継ぐオクターヴ奏法とその発展形であるオクターヴ+五度奏法、洗練されたブルースフレーズなどが特徴である。ジャンゴ・ラインハルトや、ウエス・モンゴメリーの影響が見られる。

ヴォーカル[編集]

意味を持つ歌詞をともわない歌唱であるスキャットを得意としている。ギターソロとスキャットをシンクロさせている。ノーマン・ブラウンをはじめ若手ギタリストに、そのスタイルのフォロワーが存在する。ベーシストでは、ネーザン・イーストリチャード・ボナにベンソン流儀のソロ&スキャットの影響がうかがえる。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

タイトル 発売年 注釈
George Benson/Jack McDuff 1964 -
The New Boss Guitar 1964 -
Benson Burner 1965 -
"This is Jazz, Vol. 9" 1965 -
Its Uptown 1966 -
George Benson Cookbook 1966 -
Benson Burner 1966 -
Blue Benson 1967 -
Willow Weep for Me 1967 -
Giblet Gravy 1968 -
Shape of Things to Come 1968 -
Goodies 1968 -
Tell It Like It Is 1969 -
The other side of Abbey Road 1969 -
I Got a Woman and Some Blues 1970 -
Beyond the Blue Horizon 1971 recorded at Van Gelder Studios (NL)
White Rabbit 1971 -
Jazz on a Sunday Afternoon Vol. 1 & 2 1973 Live
Wichcraft 1973 Live
Body Talk 1973 -
Bad Benson 1974 -
In Concert-Carnegie Hall 1975 Live
Good King Bad 1975 -
Breezin' 1976 -
Benson & Farrell 1976 -
In Flight 1977 -
Livin inside Your Love 1977 -
Weekend in L.A. 1977 Live
Space Album 1978 -
In Your Eyes 1978 -
Take Five 1979 -
Cast Your Fate to the Wind 1980 -
Give Me the Night 1980 -
GB 1981 -
The George Benson Collection 1981 -
Pacific Fire 1983 -
20/20 1984 -
Live in Concert 1984 Live
While the City Sleeps… 1986 -
Collaboration with Earl Klugh 1987 -
Twice the Love 1988 -
Tenderly 1989 -
Big Boss Band 1990 -
The Essence of George Benson 1992 -
Love Remembers 1993 -
The Most Exciting New Guitarist on the Jazz Scene 1994 -
California Dreamin' 1996 -
Lil Darlin' 1996 -
Thats Right 1996 -
Standing Together 1998 -
Masquerade 1998 -
The Masquerade Is Over 1999 -
Absolute Benson 2000 -
All Blues 2001 -
Blue Bossa 2002 -
"After Hours" 2002 -
Irreplaceable 2004 -
Golden Legends Live 2004 -
Jazz After Hours with George Benson 2005 -
Best of George Benson 2005 Live
Givin' It Up with Al Jarreau 2006 Monster Music/Concord
Songs and Stories 2009 Monster Music/Concord
Guitar Man 2011 Monster Music/Concord
Inspiration a Tribute to Nat King Cole 2013 Monster Music/Concord

功績[編集]

グラミー賞[編集]

タイトル 年度 部門
"This Masquerade" 1976 Record of the Year
"Breezin'" 1976 Best Pop Instrumental Performance
"Theme from Good King Bad" 1976 Best Rhythm & Blues Instrumental Performance
"On Broadway" 1978 Best R&B Vocal Performance, Male
"Give Me the Night" 1980 Best R&B Vocal Performance, Male
"Off Broadway" 1980 Best R&B Instrumental Performance
"Moody's Mood" 1980 Best Jazz Vocal Performance
"Being with You" 1983 Best Pop Instrumental Performance

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]