篠崎正嗣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

篠崎 正嗣(しのざき まさつぐ、1950年2月17日 - )は東京都生まれの作曲家編曲家ヴァイオリニストスタジオ・ミュージシャン篠崎正嗣ストリングスのリーダー。

概要[編集]

JCAA(日本作編曲家協会)会員、RMAJ(Recording Musicians Association of Japan)理事長。

父は篠崎弘嗣。篠崎弘嗣、斎藤秀雄に師事。

淡海悟郎とミクロコスモスII(後のミノタウロス)、文窒凧などのグループ活動を経て篠崎正嗣ストリングスを結成し、様々な演奏活動を展開する。アコースティックヴァイオリンの他に、エレクトリック・ヴァイオリン、MIDIヴァイオリン、胡弓(二胡)の演奏、作編曲家としても活動。

クラシックからポップスまで幅広いジャンルを手がけ、ドラマ・ニュース・アニメ・ゲーム・ラジオなど参加作品は多数にわたる。田中公平佐藤直紀黒石ひとみ菅野よう子三枝成彰大島ミチル和田薫菅野祐悟など多くの作・編曲家らとレコーディングに携わる。

「しのざき・まさし」は誤表記。

エピソード[編集]

  • 小池弘之ストリングス主宰、小池弘之は篠崎正嗣ストリングス出身である。
  • 加藤ジョーストリングス主宰、加藤高志は学生時代同期である。
  • 温厚な人柄。ダジャレを好んで口にする。綽名は「ダジャレ大王」[要出典]

参加作品[編集]

参加作品は多岐・多数にわたるため、代表的なもの・2010年現在近年のものを中心に以下に挙げる。

リリース[編集]

ソロ・ワーク[編集]

  • 1980年 - 「NASA=MASA」(ワーナー・パイオニア)
  • 1986年10月 - 「螢川」(映画劇伴)
  • 1988年3月 - 「グラス・ヴァイオリン」
  • 1989年3月 - 「ウォーター&ヴァイオリン」
  • 1990年12月 - 「G線上のアジア」
  • 1992年1月 - 「虎の咆哮」
  • 1994年10月 - 「夜に抱かれて」
  • 2000年6月 - 「Yuri Violin」(韓国で発売)
  • 2001年10月 - 「Isao Sasaki & Masastugu Shinozaki Live in Seoul」(韓国で発売)
  • 2011年6月 - 「Rhapsodie」(19年ぶりのオリジナル・アルバム。 Kim Studio にて制作。)

式部[編集]

大島ミチルと篠崎正嗣によるユニット。音楽プロデュースを伊藤圭一( Kim Studio )が担当。

  • 1990年10月25日 - 「大英博物館 Vol.1」(ポリスター)
  • 1991年1月25日 - 「大英博物館 Vol.2」(ポリスター)
  • 1991年12月21日 - 「穫-MINORI」(ポリスター)
  • 1993年2月25日 - 「漣歌~ドキュメント 太平洋戦争」(DATA MUSIC)

共同制作[編集]

  • 1985年9月 - 「オータム・セレナーデ」(イサオ・ササキピアノトリオ)(CD:K32Y-6028/LP:K28P-6382)
  • 1989年9月「LE MISTRAL Violin Super Summit」(玉木宏樹中西俊博・篠崎正嗣)
  • 1991年1月「ことばとあそぼう(第1集)」(波瀬満子劇団こまどり、篠崎正嗣)
  • 1991年7月 - イサオ・ササキとのコンピレーションアルバム「六月の人魚」
  • 1993年4月 「はじめまして、バイオリン」(淡海悟郎、篠崎正嗣)
  • 2004年 - 村山達哉主宰のTOKYO GRAND ORCHESTRAに参加。

プロデュース[編集]

  • 槇小奈帆 - アルバム「幻」(1988年1月)、アルバム「ネイレス」(2001年10月)
  • コッピョル(韓国胡弓(ヘグム)奏者) - アルバム「small flowers」(2003年9月)、アルバム「star gardenn」(2004年6月)

レコーディング参加[編集]

ポップス[編集]

インストゥルメンタル[編集]

TV[編集]

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

映画[編集]

CM[編集]

  • 1987年11月 - 花王エッセンシャル・シャンプー / 「ミル」
  • 1990年10月 - 三菱・3000GTO / 「翡翠の沈む湖」

ゲーム[編集]

外部リンク[編集]