シック (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シック
Chic
Chicgf.JPG
シック(2012年)
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
ジャンル ディスコファンクR&B
活動期間 1970年 - 1983年
1990年 - 1992年
1996年 -
レーベル Buddah、アトランティック・レコード、Warner Bros.、Sumthing Else、Virgin EMI
共同作業者 シスター・スレッジ
ダイアナ・ロス
デヴィッド・ボウイ
シェイラ&B.ディヴォーション
デボラ・ハリー
デュラン・デュラン
ノーマ・ジーン・ライト
マドンナ
シルヴァー・ローガン・シャープ
ルーサー・ヴァンドロス
カーリー・サイモン
ハニードリッパーズ
ジョニー・マティス
パワー・ステーション
ディスタンス
クール・アンド・ザ・ギャング
アル・ジャロウ
メンバー ナイル・ロジャース
ジェリー・バーンズ
ラルフ・ロール
キンバリー・デイヴィス
フォラミ
リチャード・ヒルトン
ラッセル・グラハム
ブランドン・ライト
ビル・ホロマン
カート・ラム
旧メンバー バーナード・エドワーズ
トニー・トンプソン
ルーサー・ヴァンドロス
ノーマ・ジーン・ライト
デイブ・ウェックル
ジル・ジョーンズ
フィリップ・セス
オマー・ハキム
ほか

シックChic)は、1977年にデビューしたアメリカ合衆国R&Bファンクディスコバンドである。中心メンバーはギターのナイル・ロジャースとベースのバーナード・エドワーズ英語版。英語でのバンド名の発音は「IPA: /ˈʃiːk/ 」であり、「シーク」に近い。

1970年代後半のディスコ・ブームを牽引したアーティストのひとつである。

キャリア[編集]

ナイル・ロジャースとバーナード・エドワーズは、もともとはジャズ畑のミュージシャンだった[1]。1972年頃にニューヨークでビッグ・アップル・バンド(ウォルター・マーフィーのバンドとは異なる)を結成し、ソウル・ボーカル・グループの「ニューヨーク・シティ」や、キャロル・ダグラスのツアー・バンドを務めた[1]。その後、シックを結成し1977年にシングル「ダンス・ダンス・ダンス」でデビュー。同作は当初、マイナー・レーベルの「ブッダ・レコード」から発売されたが、最終的にはメジャーのアトランティック・レコードから再発されて、全米6位の大ヒットとなった[1]

1978年、アルバム『エレガンス・シック』からの第1弾シングル「おしゃれフリーク」がBillboard Hot 100で1位を獲得し、当時としてはアトランティック史上最大のヒット曲となった[1]。1979年には「グッド・タイムス」が自身2作目の全米No.1ヒットとなっている[1]

ディスコブームの終焉と同時にバンドとしての活動は停滞していったが、ナイル・ロジャースとバーナード・エドワーズはプロデューサーとして活躍し、シスター・スレッジ[2]ダイアナ・ロスマドンナデヴィッド・ボウイなどのアーティストをプロデュースし、曲をヒットさせた。

ラップとの関係[編集]

1979年には、最初期のラップ・レコードの一つとして知られるシュガーヒル・ギャングの「ラッパーズ・ディライト」が発売されたが、同作はシックの「グッド・タイムス」のテンポとベース・ラインを流用し、演奏し直したものだった[3]。シックとの間で訴訟となり、現在はナイルとバーナードの名前もクレジットされている。この曲はラップの誕生と夜明けを告げる、エポックメイキングな曲となった。

バーナードらの死去[編集]

1996年に日本で開催されたスーパー・プロデューサー・シリーズというイベントの主役にナイル・ロジャースが選ばれ、バーナード・エドワーズと日本武道館において久しぶりのシック再結成となったが、翌々日の4月18日、バーナード・エドワーズはホテル・ニューオータニの1室で急死した。死因は風邪の悪化、癌、シックの活動が止まった不遇な時代の薬物の過剰摂取による心身の消耗等が指摘されているが定かではない。

ドラムス担当のトニー・トンプソン英語版は、その後、パワー・ステーションなどで活動したが、1992年の活動再開には参加せず2003年に死去している。

バーナード、トニーが死去したため、現在はナイルが唯一のオリジナル・メンバーである。

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • 『ダンス・ダンス・ダンス』 - Chic (1977年)
  • エレガンス・シック』 - C'est Chic (1978年)
  • 『危険な関係』 - Risqué (1979年)
  • 『リアル・ピープル』 - Real People (1980年)
  • 『テイク・イット・オフ』 - Take It Off (1981年)
  • 『タング・イン・シック』 - Tongue in Chic (1982年)
  • 『ビリーヴァー』 - Believer (1983年)
  • 『シック・イズム』 - Chic-ism (1992年)
  • 『イッツ・アバウト・タイム』 - It's About Time (2018年) ※ナイル・ロジャース&シック名義

ライブ・アルバム[編集]

  • 『ライヴ・イン・ジャパン - トリビュート・トゥ・バーナード・エドワーズ』 - Live at the Budokan (1999年)
  • A Night in Amsterdam (2006年)

コンピレーション・アルバム[編集]

  • 『グッド・タイムス、おしゃれフリーク、ダンス・ダンス・ダンス』 - Les Plus Grands Succès De Chic: Chic's Greatest Hits (1979年、Atlantic)
  • Freak Out: The Greatest Hits of Chic and Sister Sledge (1988年、Atlantic/WEA)
  • Megachic: Best of Chic (1990年、Warner/Atlantic)
  • 『ベスト・オブ・シック』 - Dance, Dance, Dance: The Best of Chic (1991年、Atlantic/Rhino/Warner)
  • The Best of Chic, Volume 2 (1992年、Atlantic/Rhino/Warner)
  • Everybody Dance (1995年、Rhino/Warner)
  • Chic Freak and More Treats (1996年、A440 Music Group)
  • 『ベリー・ベスト・オブ・シック』 - The Very Best Of Chic (1996年、Atlantic)
  • Dance, Dance, Dance & Other Hits (1997年、Rhino/Warner)
  • The Very Best of Chic & Sister Sledge (1999年、Rhino/Warner)
  • The Very Best of Chic (2000年、Rhino/Warner)
  • Good Times: The Very Best of the Hits & the Remixes (Chic & Sister Sledge) (2005年、Warner)
  • The Definitive Groove Collection (2006年、Rhino/Warner)
  • Nile Rodgers presents The Chic Organization: Vol.1 Savoir Faire (2010年、Rhino) ※ボックス・セット
  • Original Album Series: Chic + C'est Chic + Risqué + Real People + Take It Off (2011年、Rhino/Atlantic)
  • Magnifique: The Very Best of Chic (2011年、Music Club Deluxe)
  • Nile Rodgers presents The Chic Organization: Up All Night (2013年、Rhino)

ナイル・ロジャース&バーナード・エドワーズによるプロデュース作品[編集]

  • シスター・スレッジ : 『華麗な妖精たち』 - We Are Family (1979年)
  • シェイラ&B.ディヴォーション : 「スペイサー」 - "Spacer" (1979年)
  • シスター・スレッジ : 『ときめき』 - Love Somebody Today (1980年)
  • ダイアナ・ロス : 『ダイアナ』 - Diana (1980年)
  • デボラ・ハリー : 『予感』 - KooKoo (1981年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e Huey, Steve. “Chic - Biography & History”. AllMusic. 2020年2月11日閲覧。
  2. ^ http://www.discogs.com/Sister-Sledge-We-Are.../337636
  3. ^ Simpson, Dave (2017年5月2日). “Sugarhill Gang: how we made Rapper's Delight”. The Guardian. Guardian News and Media. 2020年2月11日閲覧。

出典/書籍[編集]

『ナイル・ロジャーズ&バーナード・エドワーズ Chic、友情という名のメロディー』(ソウルサーチン R&Bの心を求めて Vol.4 [電子書籍版] ) 吉岡正晴 (著)

外部リンク[編集]