矢島賢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
矢島 賢
生誕 (1950-03-18) 1950年3月18日
死没 (2015-04-29) 2015年4月29日(満65歳没)
ジャンル 歌謡曲ニュー・ミュージックJ-POP
職業 ギタリスト
担当楽器 ギター
活動期間 1969年 - 2015年

矢島 賢(やじま けん、クレジット表記・ken yajima、1950年3月18日 - 2015年4月29日[1])は、日本のギタリストスタジオミュージシャン。ベーシストの江藤勲らとともに、日本の歌謡曲の黄金時代を、サウンド面で支えた。

経歴[編集]

ベトナム戦争最中の1969年より、横田厚木、岩国、稚内、等在日米軍基地の将校クラブ、ティーンズクラブ等で演奏した。当時のゲストボーカルは五輪真弓

その後東芝レコードプロデューサー渋谷森久の目に留まり、徐々にバンド活動からスタジオミュージシャンの道を歩み始める。郷ひろみの「男の子女の子」や、山口百恵の「プレイバックPART2」など、数多くの楽曲のセッションに参加し、セッションギタリストとしての名声を高める。

1981年フェアライトIIその後フェアライトIIIを導入し、アメリカMCI製2インチ24トラックとサウンドクラフト製コンソールで、ホームレコーディングを都内で始めた。

1982年には「矢島賢&ヴィジョンズ」名義で「リアライズ」発表。

1984年から妻であるキーボーディストの矢島マキ(田代真紀子)[2]と結成した「Light House Project」名義で編曲を主に活動を行っていた(下記参照)。

長渕剛は矢島のことを「ソロギタリストで唯一頭が上がらない人物」と公言している。長渕の「」は矢島のために書いた曲だと言っている。実際この曲には矢島のギターソロが大々的にフィーチャーされている。

近藤真彦の「ハイティーン・ブギ」でギターを弾いているのは矢島だという[3]

2015年4月に死去。

参加作品:シングル[編集]

  • 山口百恵
    • プレイバックPART2、 ロックンロール・ウイドウ

参加作品:アルバム[編集]

1971年[編集]

1972年[編集]

1973年[編集]

1974年[編集]

1975年[編集]

1976年[編集]

1977年[編集]

1978年[編集]

Light House Project[編集]


脚注[編集]

  1. ^ 昨日、ギタリスト矢島賢さんがお亡くなりになりました。ご冥福をお祈り致します。実は、DU BOOKSで今秋発売に向けて制作中の『ニッポンの編曲家(仮)』において、昨年11月にインタビューをさせていただきました。詳細は追ってご報告します! diskunion/DU BOOKS Twitter 2015年4月30日閲覧
  2. ^ 荒井由実のステージのツアーメンバーとしてデビュー、1978年頃よりスタジオミュージシャンとしての仕事を多くするようになり、“田代マキ”や“MAKI”の名前で活動していた。
  3. ^ 作曲者である山下達郎のコメント『山下達郎のサンデー・ソングブック』(2014年1月26日放送)