プレイバックPart2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
プレイバックPart2
山口百恵シングル
初出アルバム『ドラマチック
B面 賭け
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル CBSソニー
作詞・作曲 作詞:阿木燿子
作曲:宇崎竜童
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 1978年度年間15位(オリコン)
  • 2位(ザ・ベストテン[1]
  • 1978年年間5位(ザ・ベストテン)[1]
  • 山口百恵 シングル 年表
    乙女座 宮
    (1978年)
    プレイバックPart2
    (1978年)
    絶体絶命
    (1978年)
    収録アルバムドラマチック
    ラスト・ソング
    (10)
    プレイバックPart2
    (11)
    テンプレートを表示

    プレイバックPart2」(プレイバック パート・ツー)は、1978年5月にリリースされた山口百恵の22枚目のシングルである。「赤い衝撃」以来となる50万枚以上のセールスを記録。ギターは矢島賢

    解説[編集]

    Play Back[編集]

    歌詞中の「Play Back」とは「巻き戻し(戻す)」を意味する。歌詞は、現在起こっているできごとのキーワードをきっかけに昨夜のことを思い出すという展開になっており、キーワード →「ちょっと待って! Play Back!」→ 静寂(巻き戻し)→ キーワード → 回想という流れになっている。タイトルどおり、楽曲は1番の途中で演奏が一時止まり、再び始まるという趣向であった。2番のこの部分のキーワードは「勝手にしやがれ」である。これは、カーラジオから流れてきた「ステキな唄」が沢田研二の「勝手にしやがれ」であることを示唆し、同曲中の「飛び出していった女」のその後とも重なる一種のアンサーソングとなっている。

    製作の経緯[編集]

    元々はプロデューサーの酒井政利の発案から「プレイバック」というタイトルが決められ、阿木燿子に作詞を依頼。その後、馬飼野康二宇崎竜童に作曲を依頼し、宇崎版が採用された。しかしまだ物足りなかったスタッフが阿木と宇崎に作り直しを依頼。翌日にはレコーディングしないとプレスに間に合わないという状況の中、2人はこの曲を更に一晩で作り、翌日にはアレンジャーに渡し、レコーディングまで済ませたという。歌詞中の「馬鹿にしないでよ」はプロデューサーの無茶振りに阿木が頭に来た事に由来する。タイトルに「Part2」が入っているのも、元はこうした製作の経緯による[2][3]。なお、馬飼野作曲版の「プレイバックPart1」は、本作の翌月に発売されたベストアルバム『THE BEST プレイバック』に、シングルB面用だった「たそがれ祭り」と共に収録されている(シングルカットはされていない)。

    「ポルシェ」の型式[編集]

    歌詞に登場する「真紅なポルシェ」の型式に関しては、様々な見解があり、現在でも確定されてはいない(当時生産のモデルはポルシェ#市販モデルを参照)。宇崎はピストン西沢との対談の際に「女性が街中で乗ってるって事だと、アウディフォルクスワーゲンで作ってた方のポルシェじゃないのかな?」と述べている。

    阿木はこの「真紅なポルシェ」の型式に関して一切明言していないため、真相は不明である。

    放送局における取扱い[編集]

    山口がNHKの特別番組「第4回ヤング歌の祭典」(1978年5月2日放送)で歌唱した際は、歌詞中の「真紅なポルシェ」の部分が広告・宣伝放送(他人の営業に関する広告の放送)を禁止した放送法83条1項および日本放送協会定款51条に抵触する「商品または企業の宣伝」とみなされることから、「真紅なクルマ」に改変して歌っていた[4][5]。しかし、自身初の紅組トリで出場した『第29回NHK紅白歌合戦』(1978年12月31日)での歌唱、およびそれ以後はNHKでも「ポルシェ」と歌っている[6]

    曲中に場面転換として一時無音になるという演出は、当時はまだ珍しかった。これを曲の終わりと勘違いされないための配慮として、無音の間をスティック・フリップでつないで曲がまだ終わっていないことを明示したり、無音そのものを省略することなどで対応するテレビ局もあった[7]

    収録曲[編集]

    全作詞: 阿木燿子、全作曲: 宇崎竜童、全編曲: 萩田光雄
    #タイトル作詞作曲・編曲時間
    1.「プレイバック Part 2」阿木燿子宇崎竜童
    2.「賭け」阿木燿子宇崎竜童
    合計時間:

    品番[編集]

    • 1978年5月1日 - EP: 06SH 331(シングル)
    • 1989年3月21日 - 8cmCD: 10EH 3183(「Platinum Single SERIES」 片面: 乙女座 宮
    • 2004年6月23日 - 8cmCD: MHCL 10040(「ドラマチック」 初回紙ジャケ仕様盤)

    関連作品[編集]

    カバーしたアーティスト[編集]

    プレイバックPart2

    備考[編集]

    テレビアニメ『宇宙戦艦ヤマト2』の第12話で、宇宙ボタルにやられたアナライザーが、本曲を歌いながら暴れるシーンがある。

    1983年に公開された滝田洋二郎監督のピンク映画『痴漢電車 百恵のお尻』で本曲が挿入歌として使用されている。

    1983年に公開された川島透監督の映画『竜二_(映画)』より、本曲が挿入歌として使用されている。

    1999年に江崎グリコ「トマトプリッツ」のCM(出演:片瀬那奈)で替え歌が使用された。また「ちょっと待って プレイバック、プレイバック!」の部分は文字通り「映像を巻き戻す」シーンで使われることがあり、その一例にはスバル・プレオ(初代RA系初期型)のCMがある。

    関連項目[編集]

    脚注[編集]

    1. ^ a b 角川インタラクティブ・メディア「別冊ザ・テレビジョン ザ・ベストテン 〜蘇る! 80'sポップスHITヒストリー〜」P48,49
    2. ^ 川瀬泰雄『プレイバック 制作ディレクター回想記〜音楽「山口百恵」全軌跡〜』学研、2011年2月25日初版/ISBN 978-4-05-404725-9
    3. ^ “宇崎竜童、コロナ禍でさらに夫婦仲深まる…“結婚50年の向う側”あふれる妻・阿木燿子への感謝”. スポーツ報知(Yahoo!ニュース). (2022年3月19日). オリジナルの2022年3月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220319064634/https://news.yahoo.co.jp/articles/cd47166cfea7c13b2b4bf52f45ec4c04c71e747a 
    4. ^ 1978年5月2日放送の特別番組「第4回ヤング歌の祭典」(この時は題名が仮題の『プレイバック』だった)、『NHK花のステージ』1978年5月25日放送回(2015年6月現在NHKの番組公開ライブラリーで視聴可能)など。
    5. ^ 道浦俊彦 (1999年12月18日). “◆ことばの話46「緑の中を走り抜けてく、真っ赤なクルマ」”. 讀賣テレビ放送. 2015年11月19日閲覧。
    6. ^ “NHKスキャンダル紅白 迷シーンを誌上再放送(5)”. アサヒ芸能. (2011年12月10日). http://www.asagei.com/excerpt/2808 2015年11月19日閲覧。 
    7. ^ 前者はNHKなど、後者はフジテレビなど。
    8. ^ “PUSHIMが歌う陽水、百恵、坂本九…ノスタルジックな昭和歌謡カバー集”. 音楽ナタリー. (2016年9月12日). http://natalie.mu/music/news/201584 2016年9月13日閲覧。 

    外部リンク[編集]