ラット (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラット
Ratt
Glam metal band Ratt.jpg
クラシックメンバー 『インフェステイション』ツアーにて (2010年8月)
Ratt-logo.gif
バンド ロゴ
基本情報
別名 Mickey Ratt (1976年-1981年)
Bobby Blotzer's Ratt Experience (2016年- )
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サンディエゴ
ロサンゼルス
ジャンル LAメタル
グラムメタル
ヘヴィメタル
ハードロック
活動期間 1981年 - 1992年
1997年 - 現在
レーベル アトランティック・レコード
ポートレイト/エピック・レコード
ロードランナー・レコード
共同作業者 オジー・オズボーン
ドッケン
公式サイト THERATTPACK.COM
メンバー スティーヴン・パーシー (Vo)
フアン・クルーシエ (B)
ジミー・デグラッソ (Ds、サポート)
(Bobby Blotzer's Ratt Experience)
ボビー・ブロッツァー (Ds)
旧メンバー ロビン・クロスビー (G)
ウォーレン・デ・マルティーニ (G)
ほか別記参照
ディープ・パープル
キッス
エアロスミス

ラットRatt)は、アメリカ合衆国出身のロックバンド

1980年代に隆盛したLAメタルの代表的存在で、モトリー・クルーと双璧をなす人気を誇り、全米で1600万枚、全世界で3000万枚以上のアルバム総セールスを記録した。

2018年の時点でバンドは、スティーヴン・パーシー(ボーカル)らと、ボビー・ブロッツァー(ドラム)の2派に分裂している。

略歴[編集]

結成〜改名[編集]

[1] 1976年スティーヴン・パーシー(ボーカル)を中心にカリフォルニア南部サンディエゴで「ミッキー・ラット (Micky Ratt)」を結成。その後ロサンゼルスへ拠点を移し、後にオジー・オズボーンに選ばれるギタリストジェイク・E・リーが参加する。

1981年、バンド名を「ラット」に改名。リーを含む初期のメンバーらが「ラフ・カット」を結成するためグループを脱退。バンドはパーシーと残留したギタリストロビン・クロスビーを中心にメンバーを再編する。リハーサル、ライブを重ねた末、ドラマーとしてボビー・ブロッツァーが加わり、またパーシーとクロスビーの地元サンディエゴから当時18歳のギタリストウォーレン・デ・マルティーニが参加。最後にベーシストのフアン・クルーシエがドッケンを脱退してバンド加入し、ラインナップが固まる。

1983年8月に自主制作のEP『ラット』でデビュー。派手なファッションと化粧、明るく開放的な音楽性は「ラットン・ロール(RATT N' ROLL)」と呼ばれて人気を博し、モトリー・クルーとともにLAメタルのブームを牽引した。

このバンドがLAメタル特有の独特なスタイルを築いた経緯はベーシストのクルーシェがドッケンの元メンバーであったことによる効果もあるが、それ以上にバンドの作曲面での中心人物であったクロスビーと「モトリー・クルー」の中心人物であるニッキー・シックス(ベース)がそもそものルームメイト同士であった由縁が強いとされる。また元ラットを代表する3大ギタリスト(ジェイク、ロビン、ウォーレン)の全員は音楽活動が盛んになる以前の若き日からラホヤおよびサンディエゴ界隈でそれぞれがショートボード・サーフィンの名手として著名であり、お互いを認め合っていた関係性も奇遇。

メジャー・デビュー〜解散[編集]

大手レーベル「アトランティック・レコード」と契約して音楽プロデューサーボー・ヒルの元、1984年3月にメジャー・デビュー・アルバム『情欲の炎』(全米チャート7位)をリリース。シングル「ラウンド・アンド・ラウンド」がMTVを通じて全米でヒットを起こし、日本ではSONY MUSIC TVを通じてラットブレイクのきっかけとなった。

1985年7月にセカンド・アルバム『インヴェイジョン・オブ・ユア・プライヴァシー』をリリース(全米チャート7位)。特にシングル・ヒット「レイ・イット・ダウン」のプロモーション・ビデオに当時の『PLAYBOY』誌のモデルであったマリアンヌ・グラヴァットが出演、PMRCによる検閲を受けることでグラム・メタルのグラマラスなイメージを高めていった。オジー・オズボーンやボン・ジョヴィらとともにイギリスアメリカ日本などで公演を行い9月にイギリス・ドニントンでのモンスターズ・オブ・ロックに出演する。

1986年8月にサード・アルバム『ダンシング・アンダーカヴァー』をリリース。この頃からメイン・ソングライターの座がクロスビーからデ・マルティーニへ徐々に移っていく。収録曲「ボディ・トーク」がエディ・マーフィ主演の映画『ゴールデン・チャイルド』に起用された。若手の「ポイズン」をサポートに起用し1987年にかけてアメリカ国内、ヨーロッパでツアーをおこなう。同年2度目の来日公演。

1988年11月に4枚目のアルバム『リーチ・フォー・ザ・スカイ』をリリース。1989年3度目の来日公演。

1990年8月に5枚目のアルバム『ディトネイター』をリリース。メジャー・デビュー以降、すべてのアルバムをプロデュースしてきたヒルが制作を離れ、ヒットメイカーであるデズモンド・チャイルドを起用、ジョン・ボン・ジョヴィもゲスト参加、と話題となるも結果的にバンド初のプラチナムに届かない作品となった。

時代は既にグランジの様なオルタナティヴ・ロックの時代に移っており多くのグラム・メタルのグループは大手レーベルの契約を失う様になっていった。別の問題としてクロスビーは重度のヘロイン中毒に陥っていた。

1991年2月の来日公演後、クロスビーのリハビリに伴い、マイケル・シェンカー(ギター)がグループをサポートすることになる。同年9月発売のベスト・アルバム『ラットン・ロール 8191』を最後に、アトランティック・レコードから契約を解除される。すでにクロスビーは新しいグループで活動を開始した事情もあり、1992年にバンドは解散した。

再結成〜クロスビー死去[編集]

ジジー・パール(ボーカル)、ジョン・コラビ(ギター)在籍時 - シカゴ公演 (2005年9月)

ロビン・クロスビーは1991年夏、「Secret Service」を結成。翌年2月に日本武道館で行われたマザーエンタープライズ主催イベント「1万人の一本締め」参加のために来日。過去の「ラットン・ロール」キャンペーンを執り仕切ったツアーマネージャーと共に来日するも、彼はポーラ・アブドゥルの公式スタッフであったため、ポーラ本人を含めたアブドゥル初来日公演クルーご一行と相席便乗となる珍現象が発生。

1992年スティーヴン・パーシーは「アーケイド」(Arcade)を結成、早急にアルバムをリリース。ウォーレン・デ・マルティーニは1994年に「ホワイトスネイク」に参加、ソロ作品をリリースする。

1994年にクロスビーはHIVの保持者として診断される。(ヘロイン注射の回し打ちで注射針から感染した)

1997年にスティーヴン・パーシー、ウォーレン・デ・マルティーニ、ボビー・ブロッツァー、元「ヴィンス・ニール・バンド」のロビー・クレインのラインナップで再結成。未発表曲集『コラージュ』をメジャー・レーベル、ソニーからリリース。

スウェーデン・セルベスボリ公演 (2008年6月)

1999年には再びバンド名を冠したアルバム『ラット』をリリースするもパーシーが脱退。

その後はウォーレンを中心としジジー・パール(ボーカル)やジョン・コラビ(ギター、元モトリー・クルー)をメンバーに加え活動を続けていたが、その後バンドは再び解散することとなる。

2002年6月6日、ロビン・クロスビー(ギター)がエイズにより42歳で死亡(闘病苦からの自殺説あり)[2]

2007年、2枚目のベスト・アルバム『ヴェリー・ベスト・オブ・ラット』をリリースし、パーシー、デ・マルティーニ、ブロッツァーを中心に再結成ギグを行う[3]

2008年8月、ジョン・コラビに代わり、元「クワイエット・ライオット」のカルロス・カヴァーゾ(ギター)が加入。

2010年4月、ロードランナー・レコードから11年ぶりのニュー・アルバム『インフェステイション』がリリースされた。「LOUD PARK 10」出演のため来日。

2012年、ロビー・クレインが離脱、「M3 Rock Festival」から、フアン・クルーシエがバンドに復帰した。

2014年、スティーヴン・パーシー2度目の離脱を契機に活動が停止[4]

分裂〜現在[編集]

Bobby Blotzer's Ratt Experience - ヒューストン公演 (2016年10月)

2015年、バンドの権利を有するボビー・ブロッツァーは、リアルタイムでの活動を望み独自にメンバーを再編。同じく権利を有するウォーレン・デ・マルティーニは、あくまでクラシック・メンバーで集合離散するスタイルにこだわり、両者は対立。訴訟闘争にまで発展する。

2016年、ブロッツァーは「Bobby Blotzer's Ratt Experience」名義に変更して活動を継続[5]。同年末、裁定によりバンド名の権利は2人以外に、「パーシーとクルーシェにも所有権がある」と判決が下される。この結果を踏まえ、団結したウォーレン、パーシー、クルーシェ側はブロッツァーを除名とし、翌年以降から再始動すると示唆した[6]

2017年、ウォーレン側にカルロス・カヴァーゾが引き続き残留し、かねてよりボビーの代役でゲスト参加したことのあるジミー・デグラッソ(元スイサイダル・テンデンシーズ、元メガデス)をサポート・ドラマーとして迎え入れ、ラット名義でツアーを開始した[7]

2018年、ウォーレンが降板し、それにカヴァーゾも追従。残るパーシー、クルーシェとサポート・メンバーでツアーを再開する[8]

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

Bobby Blotzer's Ratt Experienceの現メンバー[編集]

旧メンバー[編集]

  • トミー・アサカワ (Tommy Asakawa) - ギター (1976年) ※ミッキー・ラット時代
  • クリス・ハガー (Chris Hager) - ギター (1976年-1981年) ※ミッキー・ラット時代
  • マット・ソーアー (Matt Thorr) - ベース (1976年-1981年) ※ミッキー・ラット時代
  • ジョン・ターナー (John Turner) - ドラム (1978年-1981年) ※ミッキー・ラット時代
  • ティム・ガルシア (Tim Garcia) - ベース (1978年-1981年) ※ミッキー・ラット時代
  • ボブ・アイゼンバーグ (Bob Eisenberg) - ドラム (1978年-1980年) ※ミッキー・ラット時代
  • ポール・デニスコ (Paul DeNisco) - ギター (1980年) ※ミッキー・ラット時代
  • ジェイク・E・リー (Jake E. Lee) - ギター (1980年-1981年)
  • デイヴ・ジェリソン (Dave Jellison) - ベース (1980年-1981年)
  • ロビン・クロスビー (Robin Crosby) - ギター (1981年-1991年)
  • ボブ・デ・レリス (Bob De Lellis) - ギター (1981年)
  • ウォーレン・デ・マルティーニ (Warren DeMartini) - ギター (1981年-2018年)
  • マイク・ニュー (Mike New) - ベース (1982年)
  • マルク・トリアン (Marq Torien) - ギター (1982年)
  • ジョーイ・クリストファニリ (Joey Cristofanilli) - ベース (1982年)
  • ロビー・クレーン (Robbie Crane) - ベース (1996年-2012年)
  • ケリ・ケリー (Keri Kelli) - ギター (1999年-2000年)
  • ジョン・コラビ (John Corabi) - ギター (2000年-2008年)
  • ジジー・パール (Jizzy Pearl) - ボーカル (2000年-2006年)
  • カルロス・カヴァーゾ (Carlos Cavazo) - ギター (2008年-2018年)
  • ジミー・デグラッソ (Jimmy De Grasso) - ドラム (2017年-2018年)
  • クリス・サンダース (Chris Sanders) - ギター (2018年-2020年)
Bobby Blotzer's Ratt Experienceの旧メンバー
  • マイケル・エリス (Michael "Doc" Ellis) - ギター (2015年-2016年)
  • スコット・グリフィン (Scott Griffin) - ベース (2015年-2016年)
  • ブレイズ (Blaze) - ギター (2015年-2016年)
  • ロビー・クレーン (Robbie Crane) - ベース (2016年)
  • ジョシュア・アラン (Joshua Alan) - ボーカル (2015年-2017年)

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

EP[編集]

コンピレーション・アルバム[編集]

  • 『ラットン・ロール 8191』 - Ratt N Roll 8191 (1991年) ※全米57位、ゴールド
  • 『コラージュ』 - Collage (1997年) ※全米49位
  • The Essentials (2002年)
  • Ratt: Metal Hits (2003年)
  • 『ヴェリー・ベスト・オブ・ラット』 - Tell the World: The Very Best of Ratt (2007年)
  • Flashback with Ratt (2011年)

ボックスセット[編集]

  • The Atlantic Years 1984-1990 (2020年)
『情欲の炎』(1984年)から『ディトネイター』(1990年)までの5枚のスタジオ・アルバムをセットにしたボックスセット。各ディスク毎に1曲ずつボーナストラックを収録[9]

日本公演[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]