ヴィンス・ニール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴィンス・ニール
Vince Neil
Vince Neil.JPG
基本情報
出生名 Vincent Neil Wharton
生誕 (1961-02-08) 1961年2月8日(57歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ロサンゼルス
ジャンル ハード・ロック
グラム・メタル
職業 ミュージシャンソングライター
担当楽器 ヴォーカルギターハーモニカ
活動期間 1981-現在
共同作業者 モトリー・クルー
ヴィンス・ニール

ヴィンス・ニール(本名、Vincent Neil Wharton , 1961年2月8日 - )は、アメリカロックバンドモトリー・クルーのヴォーカリスト、航空会社社長。アメリカカリフォルニア州ロサンゼルス出身。身長174cm。

人物[編集]

1981年、モトリー・クルーの初代ヴォーカリストとしてデビュー。

新曲を含むベスト・アルバム『デケイド・オブ・デカダンス』(1991年)を最後に、モトリー・クルーを一度脱退。1992年、映画『原始のマン』に、ダム・ヤンキースのジャック・ブレイズとトミー・ショウと共作した楽曲「You're Invited (But Your Friend Can't Come)」を提供してソロ・デビュー。2作のソロ・アルバムを発表した後、1997年にモトリー・クルーに復帰。

モトリー・クルー復帰後もソロ・ツアーは続けている。

かつてはかなり破天荒な問題児として、ロック・シーンにその悪名を轟かせた。 過去に何度もバンドを実質的にはクビになっている。しかし、彼のパワフルかつ秀逸なボーカル、特にその独特で唯一無二の声質が、モトリー・クルーのイメージを決定付けているため、舞い戻っている。ライブでも数多くの伝説的なパフォーマンスを残している。

音楽活動だけでなく他のビジネスにも手を広げ、クラブ経営からタトゥー・ショップ経営、2010年3月には近距離航空会社Vince Neil Aviation社を設立した。

エピソード[編集]

  • 1984年12月、トミー・リーミック・マーズハノイ・ロックスのメンバーを招いてのパーティを開いたニールは、パーティ3日目にしてなくなったアルコールを買いに飲酒運転で出かける。車の助手席にはハノイ・ロックスのドラマー、ラズル (Razzle (musician)が乗っていた。アルコールを買い込んでの帰路、スピードを出しすぎたニールの車はスリップ、中央分離帯を越え対向車線の車と正面衝突した。この事故でラズルは死亡。対向車の一般人二人も重傷を負う。逮捕されたニールは保釈後裁判所の命令でアルコール依存のリハビリ施設に入所、ラズルに捧げたアルバム『シアター・オブ・ペイン』発表とそれにともなうツアー後に実刑判決を受け刑務所に入っている。
  • 1989年、MTVミュージック・アワード授賞式の楽屋でイジー・ストラドリンを殴り倒す。それを見て激高したアクセル・ローズは以降メディアを通してニールを罵倒しはじめた。ストラドリンとの一件は水に流したニールだったが今度はローズとの喧嘩にシフト。MTVを通じて双方合意の決闘の日時・場所を決めたが、現れたのはニールだけだった。
  • かつてはレーシングドライバーを目指していたというが、資金の問題で断念せざるを得なくなった為、音楽の道を選んだという。現在も時折サーキットに姿を見せているが、サーキット好きが高じて音楽活動が疎かになり、バンドをクビになる原因にもなった。
  • ラズルの死亡後ハノイ・ロックスは解散、ハノイ・ロックスのヴォーカリストだったマイケル・モンローはギタリストのスティーヴ・スティーヴンスと新バンドを結成しようとしていた。一方モトリー・クルーをクビになりソロとなったニールは、パートナーとしてビリー・アイドルからスティーヴンスを推薦される。この結果スティーヴンスはモンローとのバンドをレコーディング直後に脱退、ニールと合流する。これらのことからモンロー及びハノイ・ロックスのファンからニールは非常に嫌われている。
  • 愛娘のスカイラーを病気で亡くしていることから、近年「スカイラー・ニール基金」を設立し、闘病中の子供を支援する活動などの慈善事業を行っている。スカイラーが、入院中の病院の環境が劣悪である事、子供たちが見たいディズニーのアニメなどが観られないなどの状況を目の当たりにしたためだ、とインタビューで語っていた。
  • ポルノ女優との性行為を収めたプライベート・ビデオが流出したことがある。この事は日本のヘヴィメタル雑誌『BURRN!』誌1999年8月号に掲載されていた喜国雅彦の漫画「ROCKOMANGA!」でもネタにされたが、このビデオを見た喜国の感想は「C級ポルノのようで哀し過ぎる」との事だった[1]

ディスコグラフィー[編集]

ソロ・アルバム

脚注[編集]

  1. ^ ROCKOMANGA!(リットーミュージック) 117P(BURRN!1999年8月号掲載分)

外部リンク[編集]