ボブ・ロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ボブ・ロック
JunoAwards2009-BobRock.jpg
ボブ・ロック(2009年、ジュノー賞授賞式にて)
基本情報
出生名 Robert Jens Rock
生誕 (1954-04-19) 1954年4月19日(64歳)
出身地 カナダの旗 カナダ マニトバ州 ウィニペグ
ジャンル ロックハードロックヘヴィメタルパンク・ロック
職業 音楽プロデューサーレコーディング・エンジニアギタリストベーシスト
担当楽器 ギターベース
共同作業者 Payola$
ロックヘッド
メタリカ

ボブ・ロックBob Rock1954年4月19日 - )は、カナダ音楽プロデューサーレコーディング・エンジニアミュージシャン2007年にカナダ音楽の殿堂 (Canadian Music Hall of Fame) 入りを果たした[1]

来歴[編集]

マニトバ州ウィニペグで生まれ、ブリティッシュコロンビア州ラングフォードで育つ[2]。高校卒業後、友人のポール・ハイドと共にイギリスへ渡り、帰国後の1976年よりバンクーバーのリトル・マウンテン・スタジオでアシスタントとして働くようになる[3]。そして、ブルース・フェアバーンの依頼により、プリズムの作品でレコーディング・エンジニアを務めた[3]。また、ポール・ハイドらと結成したPayola$ではギタリストとして活動し、1979年にA&Mレコードとの契約を得る[4]

1980年代に入るとラヴァーボーイ等の作品でエンジニアを務め、1982年にはラヴァーボーイのヒット曲「When It’s Over」でジュノー賞最優秀レコーディング・エンジニア賞を受賞した[2]。1983年には、Payola$のメンバーとしての活動でジュノー賞の最優秀新人賞(グループ部門)、最優秀作曲賞、最優秀レコーディング・エンジニア賞を受賞した[2]。1987年には、ポール・ハイドと共にロック・アンド・ハイド名義のアルバム『Under the Volcano』を発表[2]

やがて、音楽プロデューサーとして多数のヒット・アルバムを手がけるようになる。特に、メタリカのアルバム『メタリカ』は、アメリカだけで1,500万枚を超える売り上げになった。

1993年に、一時的にミュージシャンに戻って、Payola$のドラマークリス・テイラーロックヘッドというバンドを結成、1作のアルバムと2作のシングルを発表するが、短期間で解散している。また、ジェイソン・ニューステッド脱退後のメタリカで一時的にベーシストを務め、アルバム『セイント・アンガー』のレコーディングに加えて、一部のシークレット・ギグにも参加した[5]

2007年、マネージャーが同じという縁でマイケル・ブーブレの曲「エヴリシング」をプロデュースし[3]、以後もブーブレとの共同作業を続ける。

ディスコグラフィ[編集]

エンジニア[編集]

  • Prism - Armageddon (1979)
  • サバイバー - サバイバー Survivor (1979)
  • Prism - Young and Restless (1980)
  • ラヴァーボーイ - Loverboy (1980)
  • ラヴァーボーイ - Get Lucky (1981)
  • Strange Advance - Worlds Away (1982)
  • Payolas - No Stranger to Danger (1982)
  • ラヴァーボーイ - Keep it Up (1983)
  • Payolas - Hammer on a Drum (1983)
  • クロークス - ブリッツ The Blitz (1984)
  • チリワック - Look in, Look Out (1984)
  • Honeymoon Suite - The Big Prize (1985)
  • Paul Hyde and the Payolas - Here's the World for Ya (1985)
  • Northern Lights - Tears are Not Enough (1985)
  • Black 'N Blue - Without Love (1985)
  • Paul Janz - Electricity (1986)
  • ボン・ジョヴィ - ワイルド・イン・ザ・ストリーツ Slippery When Wet (1986)
  • Rock and Hyde - Under the Volcano (1987)
  • ラヴァーボーイ - ワイルドサイド Wildside (1987)
  • エアロスミス - パーマネント・ヴァケイション Permanent Vacation (1987)
  • ボン・ジョヴィ - ニュージャージー New Jersey (1988)
  • Paul Dean - Hard Core (1989)

プロデューサー[編集]

  • Young Canadians - Hawaii (EP) (1979)
  • The Subhumans - Death Was Too Kind (EP) (1979)
  • Payolas - In a Place Like This (1981)
  • Rock and Hyde - Under the Volcano (1987)
  • キングダム・カム - キングダム・カム Kingdom Come (1988)
  • コリン・ジェイムス Colin James Colin James (1988)
  • ザ・カルト - ソニック・テンプル Sonic Temple (1989)
  • ブルー・マーダー - ブルー・マーダー Blue Murder (1989)
  • モトリー・クルー - ドクター・フィールグッド Dr. Feelgood (1989)
  • Little Caesar - Little Caesar (1990)
  • エレクトリック・ボーイズ - ファンク-O-メタル・カーペット・ライド Funk 'o Metal Carpet Ride (1990)
  • デイヴィッド・リー・ロス - ア・リトル・エイント・イナフ A Little Ain't Enough (1991)
  • シェール - ラヴ・ハーツ Love Hurts (1991)
  • メタリカ - メタリカ Metallica (1991)
  • モトリー・クルー - デケイド・オブ・デカダンス Decade of Decadence (新曲) (1991)
  • ボン・ジョヴィ - キープ・ザ・フェイス Keep the Faith (1992)
  • Rockhead - Rockhead (1992)
  • クワイアボーイズ - ビター・スイート・アンド・ツイステッド Bitter Sweet and Twisted (1993)
  • モトリー・クルー - モトリー・クルー Motley Crue (1994)
  • ザ・カルト - ザ・カルト The Cult (1994)
  • スキッド・ロウ - サブヒューマン・レース Subhuman Race (1995)
  • メタリカ - ロード Load (1996)
  • メタリカ - リロード ReLoad (1997)
  • ヴェルーカ・ソルト - エイト・アームズ・トゥ・ホールド・ユー Eight Arms to Hold You (1997)
  • メタリカ - ガレージ・インク Garage Inc. (Disc 1) (1998)
  • ブライアン・アダムス - デイ・ライク・トゥデイ On a Day Like Today (1998)
  • モトリー・クルー - グレイテスト・ヒッツ Greatest Hits (新曲) (1998)
  • タル・バックマン - タル・バックマン Tal Bachman (1999)
  • メタリカ - S&M S&M (1999)
  • モファッツ - Submodalities (2000)
  • ニーナ・ゴードン - トゥナイト・アンド・ザ・レスト・オブ・マイ・ライフ Tonight and the Rest of My Life (2000)
  • Paul Hyde - Living Off the Radar (2000)
  • アメリカン・ハイファイ - アメリカン・ハイファイ American Hi-Fi (2001)
  • ザ・カルト - Beyond Good and Evil (2001)
  • アワ・レディ・ピース - グラヴィティ Gravity (2002)
  • アンダース・ゴート - ヘンプ・カルテット・イン・ブラック Hemp Quartet in Black (2002)
  • トニック - Head on Straight (2003)
  • メタリカ - セイント・アンガー St. Anger (2003)
  • Tea Party - Seven Circles (2004)
  • シンプル・プラン - スティル・ノット・ゲッティング・エニイ Still Not Getting Any... (2004)
  • アワ・レディ・ピース - グラヴィティ - Healthy in Paranoid Times (2005)
  • ニーナ・ゴードン - ブリーディング・ハート・グラフィティ Bleeding Heart Graffiti (2006)
  • ロストプロフェッツ - リベレイション・トランスミッション Liberation Transmission (2006)
  • ジョーン・ジェット & ザ・ブラックハーツ - シナー Sinner (2006)
  • The Tragically Hip - World Container (2006)
  • Payola$ - Langford Part 1 (2007)
  • マイケル・ブーブレ - Call Me Irresponsible (2007)
  • Gavin Rossdale - Wanderlust (2008)
  • オフスプリング - Rise and Fall, Rage and Grace (2008)
  • The Sessions (band) - The Sessions Is Listed As In A Relationship (2008)
  • D.O.A - Northern Avenger (2008)
  • Lostprophets - Lostprophets' untitled fourth studio album John Feldmann/Bob Rock (2008)
  • 311 - Uplifter (2009)
  • マイケル・ブーブレ - Crazy Love (2009)
  • マイケル・ブーブレ - クリスマス Christmas (2011)
  • オフスプリング - Days Go By (2012)
  • ネリー・ファータド - The Spirit Indestructible (2012)
  • マイケル・ブーブレ - To Be Loved (2013)

脚注[編集]

  1. ^ French, Cameron (2007年4月1日). “Nelly Furtado cleans up at Juno Awards”. Thomson Reuters. 2015年11月22日閲覧。
  2. ^ a b c d Rowat, David R.. “Bob Rock”. The Canadian Encyclopedia. Historica Canada. 2015年11月22日閲覧。
  3. ^ a b c Rosen, Steven (2014年9月29日). “Bob Rock: 'I Still Try to Make Great Records'”. Ultimate-Guitar.com. 2015年11月22日閲覧。
  4. ^ Bush, John. “The Payola$ - Biography & History”. AllMusic. 2015年11月22日閲覧。
  5. ^ Metallica Play Surprise Show In California Parking Lot!”. Blabbermouth.net (2003年1月19日). 2015年11月22日閲覧。