チャンガの復讐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チャンガの復讐
フランク・ザッパスタジオ・アルバム
リリース
録音 複数の時日にわたる
ジャンル ハードロック[1]プログレッシブ・ロック[1]フュージョン[1]コメディ・ロック[1]、その他いろいろ
時間
レーベル ビザール・レコードリプリーズ・レコードRyko
プロデュース フランク・ザッパ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 3位[2](オランダ)
  • 43位[3](イギリス)
  • 119位[4](ビルボード・ポップ・アルバム)
  • フランク・ザッパ アルバム 年表
    -いたち野郎
    (1970年)
    チャンガの復讐
    (1970年)
    フィルモア・ライヴ '71
    (1971年)
    テンプレートを表示

    チャンガの復讐 (Chunga's Revenge) は、1970年10月23日にリリースされたフランク・ザッパのアルバムである。ザッパによる1970年代最初のアルバムである[5]。元タートルズのメンバーであるヴォーカリストのフロ&エディーPhlorescent Leech & Eddie)がザッパ作品に初めて登場した。

    概要[編集]

    『チャンガの復讐』は、ザッパの歴史のなかでも賛否両論を呼んでおり、論争の的となっている時代のはじまりを告げる作品でもある。『チャンガの復讐』は、1960年代にマザーズ・オブ・インヴェンションとともに制作した時事的な政治風刺作品や『ホット・ラッツ』のようなジャズ・フュージョン的作品からの移行期にある作品ということができる。

    この作品には、非常に幅広く折衷的な音源が収録されている。ギター・ジャムが2曲(「トランシルヴァニア・ブギ」と強烈なタイトル・トラック)、ブルース風のゆったりした曲(「ロード・レディズ」)、ジャズ風の間奏曲(『ホット・ラッツ』セッションから採られた「20本の短い葉巻」)、アヴァンギャルドなライヴ・インプロヴィゼーション(複数のパートからなる「ナンシー&マリー・ミュージック」。実は「キング・コング」からの抜粋)、いくつかのポップ・ナンバー(「テル・ミー・ユー・ラヴ・ミー」「ウッジュ・ゴー・オール・ザ・ウェイ?」「ルディーが一杯奢ってやるんだってよ」「可愛いいシャリーナ」)などである。ヴォーカル入りの曲は、いずれもセックスやグルーピーとの関わりを主題としている。

    当初このアルバムの一部は、映画を飾ることを予定しており、LPとCDのいずれにおいても、ザッパはスリーヴで本作が出来間近の映画/アルバム『200モーテルズ』の予告編である旨を記している。しかし、最終的には使用されず、本作と『200モーテルズ』は直接の関係をもつものではなくなったが、アルバムのタイトルにもなっており、内ジャケットにイラストが書かれている、ホースを長い鼻に模した小さなジプシーの業務用電気掃除機のチャンガなどの要素が、映画に登場する。

    収録曲[編集]

    作詞・作曲はいずれもフランク・ザッパによる。

    1. トランシルヴァニア・ブギ ("Transylvania Boogie") - 5:01
    2. ロード・レディズ ("Road Ladies") - 4:10
    3. 20本の短い葉巻 ("Twenty Small Cigars") - 2:17
    4. ナンシー&マリー・ミュージック ("The Nancy and Mary Music") - 9:27
    5. テル・ミー・ユー・ラヴ・ミー ("Tell Me You Love Me") - 2:33
    6. ウッジュ・ゴー・オール・ザ・ウェイ? ("Would You Go All the Way?") - 2:29
    7. チャンガの復讐 ("Chunga's Revenge") - 6:15
    8. ザ・クラップ ("The Clap") - 1:23
    9. ルディーが一杯奢ってやるんだってよ ("Rudy Wants to Buy Yez a Drink") - 2:44
    10. 可愛いシャリーナ ("Sharleena") - 4:04

    クレジット[編集]

    製作[編集]

    • プロデューサー - フランク・ザッパ
    • エンジニア - スタン・アゴル、ロイ・ベイカー、ディック・クンツ、ブルース・マルゴリス
    • プロダクション・アシスタント - ディック・バーバー
    • アレンジャー - フランク・ザッパ
    • カヴァー・デザイン - カル・シェンケル
    • イラストレーション - カル・シェンケル
    • 写真 - フィル・フランクス(表ジャケット)、ジョン・ウィリアムズ

    チャート[編集]

    脚注[編集]

    1. ^ a b c d Huey, Steve. “Review of Chunga's Revenge”. Allmusic. 2013年11月20日閲覧。
    2. ^ dutchcharts.nl - Frank Zappa - Chunga's Revenge
    3. ^ FRANK ZAPPA | Artist | Official Charts - 「Albums」をクリックすれば表示される
    4. ^ Chart & Awards for Chunga's Revenge”. Allmusic. 2013年11月20日閲覧。
    5. ^ バーント・ウィーニー・サンドウィッチ』『いたち野郎』は同じく1970年の発売だが、録音は1969年である

    外部リンク[編集]