ニール・ショーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニール・ショーン
Neal Schon.jpg
基本情報
出生名 Neal Joseph Schon
出生 1954年2月27日(60歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オクラホマ州
ジャンル ハードロック
インストゥルメンタル
職業 ギタリスト
担当楽器 ギター
活動期間 1971年-
レーベル コロムビア・レコード
ハイアー・オクターヴ
Blues Bureau Int'l
Favored Nations
共同作業者 サンタナ
ジャーニー
ヤン・ハマー
HSAS
バッド・イングリッシュ
ハードライン
ソウル・サーカス
公式サイト www.schonmusic.com

{{{Influences}}}

ニール・ショーン(Neal Schon、1954年2月27日-)は、アメリカ合衆国ギタリストジャーニーの中心人物として知られる。

来歴[編集]

オクラホマ州オクラホマシティ近郊のティンカー空軍基地で生まれ、幼い頃に家族でカリフォルニア州サンフランシスコに移る[1]

10歳でギターを始め、ジミ・ヘンドリックスエリック・クラプトン等に影響を受ける。その後サンタナのセカンド・ギタリストに抜擢されて、17歳の時にプロ・デビュー作となる『サンタナIII』(1971年)が発表される。1972年にサンタナを脱退し、1973年ゴールデン・ゲイト・リズム・セクションを結成。その後、ニールと同時期にサンタナを脱退したグレッグ・ローリーが合流し、ジャーニーと改名して1975年にデビュー。

1980年代に入ると、ジャーニー以外での活動も増えていく。1980年代初頭にはヤン・ハマーとの連名で2枚のアルバムを発表。1984年にはサミー・ヘイガーケニー・アーロンソン、サンタナ時代の盟友マイケル・シュリーヴとのユニットHSASとして、アルバム『炎の饗宴』発表。1985年にはヘヴィメタル・ミュージシャンによるチャリティ・プロジェクト「ヒア・アンド・エイド」に参加。

Raised On Radio〜時を駆けて』(1986年)を最後にジャーニーが解散すると、元ベイビーズのジョン・ウェイト等と共にバッド・イングリッシュを結成し、1989年にデビュー・アルバム発表。同年には、初のソロ・アルバム『レイト・ナイト』も発表する。1991年にバッド・イングリッシュが解散すると、ジョニー・ジョエリが結成したハードラインに加入するが、ニールはデビュー・アルバム『ダブル・エクリプス』(1992年)に伴うツアーを最後に脱退。

1993年ポール・ロジャースのツアーに帯同し、7月4日のマイアミ公演ではジミ・ヘンドリックスのカヴァーを多数披露。その時の音源は、ポール・ロジャースのライヴ・ミニ・アルバム『シングス・ジミ・ヘンドリックス・ライヴ』(1993年)として発表された。そして、1995年にジャーニーを再結成させる。

ジャーニー再結成以後も、様々なサイド・プロジェクトに取り組む。1997年には、サンタナの元メンバーを中心としたプロジェクト、アブラクサス・プール名義でのアルバムを発表[2]2002年にはサミー・ヘイガーマイケル・アンソニーディーン・カストロノヴォとプラネット・USを結成するが、これは短命に終わり、作品もリリースされなかった。2005年には、ジェフ・スコット・ソートマルコ・メンドーサ、ディーン・カストロノヴォ(後にプラネットXのヴァージル・ドナーティに交替)と結成したソウル・サーカス名義のアルバムを発表。ソロ活動も継続し、2001年インスト・アルバム『情熱の音色〜ヴォイス〜』(全曲カヴァーで、ロバータ・フラックやさしく歌って」やセリーヌ・ディオンマイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」等を含む)はグラミー賞ベスト・ポップ・インストゥルメンタル・アルバム部門にノミネートされた[3]

卓越したギター・テクニックが高く評価され、他アーティストの作品へのゲスト参加も多い。

使用機材[編集]

活動初期のギターはギブソン・レスポールフェンダー・ストラトキャスターがメインとなっていて、フロイド・ローズトレモロユニットを取り付ける改造が施されたギターをいくつか使用していた。以下に代表的な仕様ギターを挙げる。

  • Schon Guitars

1980年代中頃に自身の理想のギターを求めて開発に関与し、自身の名前を冠したブランドとして立ち上げたギター。ジャクソンが開発し、後にカナダのLarrivee(ラリヴィー)社が生産を引き継いだが、法的なトラブル等諸々の問題を抱えたため長く続けることが出来なかった。[4][5]

  • ESP "Departure"

アルバム「Departure」のリリース時にESPによって製作されたギター。アルバムジャケットのスカラベをモチーフにし、更にネックが左右に伸びているというギターであったが、あくまでもアルバムのプロモーションを兼ねた形でニール・ショーンに送られたものであることと、左右にネックがあることから使い勝手が悪く、ステージで使用されることは殆ど無かった。

  • ギブソン・ニール・ショーン・レスポール

2005年ギブソンと共同開発したニールのシグネイチャー・レスポール。ギブソン・カスタムショップによって限定生産された。オリジナルのギブソン・レスポールを基に、フロイド・ローズトレモロ・ユニット及びフェルナンデスのサスティナーが搭載されている他、ハイポジションの演奏性を向上させるヒールレスカットの他、コントロールノブの位置が改められている。[6]。本人が使用しているモデルにはRolandギターシンセサイザーのドライバー(ピックアップ)が組み込まれている。

アルバム『フロンティアーズ』の頃に使用。ローランドのギターシンセユニットやケーラーを搭載、さらにブースターコントロールやコイルタップスイッチなどによって、多彩な音色が得られるようになっていた。数量限定で市販されている。

1970年代末からハンドメイドで製作していたギターを、創設者であるポール・リード・スミスがニール・ショーンから買い戻した際に交換条件として、カスタムメイドのギターを製作する部門である「Private Stock」が製作したCustom22及びCustom24がベースとなったギター。フロイド・ローズのトレモロユニット、フェルナンデス・サスティナー、Rolandのギターシンセサイザードライバーが組み込まれている。その後2011年に正式にポール・リード・スミスとエンドースメント契約を締結、2013年にニール・ショーンモデルとしてSinglecutをベースとしたホロウボディのNS-14、一回り大きなボディのNS-15を発表した。本人が使用しているギターにはフェルナンデス・サスティナーが組み込まれる改造が施されているが、市販されるモデルにはサスティナーは搭載されない。[7] [8]NS-15は数量限定で「Private Stock」からも発売された。

現在はライブに於いてニール・ショーンモデルのポール・リード・スミスをメインに、フェンダー・カスタムショップ製ストラトキャスターを時折使用している。

アンプハイワット[9]マーシャル、Diesel Amplifierを経て、現在はBlackstar Amplifierを使用している。

ディスコグラフィ[編集]

サンタナ[編集]

ジャーニー[編集]

ショーン&ハマー[編集]

バッド・イングリッシュ[編集]

  • バッド・イングリッシュ - Bad English(1989年
  • バックラッシュ - Backlash(1991年

ハードライン[編集]

  • ダブル・エクリプス - Double Eclipse(1992年

ソウル・サーカス[編集]

  • ワールド・プレイ - World Play(2005年)

ソロ・アルバム[編集]

  • レイト・ナイト - Late Nite(1989年
  • ビヨンド・ザ・サンダー - Beyond the Thunder(1995年
  • エレクトリック・ワールド - Electric World(1997年
  • Piranha Blues(1999年
  • 情熱の音色〜ヴォイス〜 - Voice(2001年
  • アイ・オン・ユー - I on U(2005年

その他[編集]

逸話[編集]

  • サンタナ在籍時代、当時デレク・アンド・ザ・ドミノスに在籍していたエリック・クラプトンとジャム・セッションを行ったことがある。その折、「どこでギターを習ったのか」と尋ねてきたクラプトンに対して「すべてあなたから習いました」と答えたという[10]。また、彼の卓越した演奏を気に入ったクラプトンからバンドへの参加を要請されるが、彼はこれを断っている。本人は後に「憧れのギタリストから突然オファーを受けたものだから、あまりにも畏れ多くて、怖気づいてしまった」由の発言をしている。
  • THE ALFEE高見沢俊彦は、ニール・ショーン・モデルのレスポールを3本所有し、2006年リリースの「Innocent Love」のPV、2007年秋のツアータイトル曲の「天河の舟」のライブなどで、ゴールドトップのモデルを使用していた。また、「天河の舟」では近年でも同様のモデルが使用されている模様(サスティーン及びアーミングを使用する為)。

脚注[編集]

  1. ^ カリフォルニア州生まれとする資料もあるが、公式サイト内のBiographyにオクラホマ州で生まれたことが明記されている
  2. ^ allmusic(((Abraxas Pool>Overview)))
  3. ^ 公式サイト内の『Voice』紹介ページ
  4. ^ Gear:schon(www.nsblues.com)
  5. ^ ソロアルバム「The Calling」リリース時の「Player」誌に於けるインタビューでは、「PRSと組んでショーン・ギターズを再び立ち上げられないかと話をしている」由の発言をしている。
  6. ^ Neal Schon Interview(www.modernguitars.com)
  7. ^ Paul Reed Smith Guitars NS-14/ (Neal Schon)
  8. ^ Paul Reed Smith Guitars NS-15/ (Neal Schon)
  9. ^ Hiwatt Artists(www.hiwatt.com)
  10. ^ 『ジャーニー/永遠の旅』(ISBN4-401-61161-6)46ページ

外部リンク[編集]