フェルナンデス (楽器メーカー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社フェルナンデス
Fernandes Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 161-0033
東京都新宿区下落合2-14-26
設立 1969年2月25日
業種 製造業:その他の製品
事業内容 エレクトリックギターエレクトリックベース、及びそれに関連する商品の委託製造、卸販売、輸出入
代表者 飯島彰
資本金 2500万円(平成17年1月現在)
外部リンク http://www.fernandes.co.jp/
テンプレートを表示

フェルナンデス (Fernandes Co., Ltd.) は、エレクトリックギターエレクトリックベースを中心に企画・販売している日本楽器メーカーである。

解説[編集]

前身となる斉藤楽器は1969年2月設立。当初はクラシックギターの販売が主であった。1972年10月に社名を現在のフェルナンデスに変更。同年から本格的にエレキギターの販売を開始する。

当初は主にフェンダーギブソンコピーモデルを販売していた。フェンダー系はフェルナンデスブランド、ギブソン系はバーニーBurny)ブランドと区別している。

それまで形だけのコピー楽器が多かった業界へ本格的な設計(構造的にはオリジナルとは微妙に違いがあったが)の楽器を持ち込み、プロ・アマ問わず大きな支持を得た。ボディシェイプのみならずロゴまでそっくりにしたため、コピー元であるフェンダー社からクレームが来た事もある。

なお販売はフェルナンデスだが、製造はカワイ楽器東海楽器ヘッドウェイ鈴木バイオリンなどが担当していた。

1980年代以降はオリジナルモデルにも注力し、1990年3月に発売したスピーカー内蔵エレクトリックギターZO-3は35万頭[1]以上を売り上げた。

アーティストモデルも数多く手がけており、矢沢永吉モデル[2]布袋寅泰モデル、hideモデル、BUCK-TICKモデル、kenモデルなどが存在する。

またオリジナル商品のサスティナーは、弦の振動を持続させることで永続的なサステインを得られるという画期的な機能によって、エドワード・ヴァン・ヘイレンスティーヴ・ヴァイニール・ショーンジ・エッジスラッシュら、多くの世界的ギタリストに使われている。

過去にはアメリカのエフェクターメーカーDigiTechDODの国内総販売元を務めていたほか、イギリスのアンプメーカー「ハイワット」のブランドを所有していたこともある。

使用アーティスト一覧[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Z0-3が動物のゾウをモデルにしているため、フェルナンデスでは数量について「~本」ではなく「~頭」という表現を用いている。
  2. ^ 契約上の問題からか、カタログ・Webサイトでも一切アーティストの名前を使用しておらず、YB(YAZAWA BASSの略)とモデル名のみの表記になっている。

外部リンク[編集]