ジョン・サイクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョン・サイクス
John Sykes
John Sykes Vauhtiajot 2008.jpg
フィンランド・セイナヨキ公演 (2008年7月)
基本情報
出生名 John James Sykes
生誕 (1959-07-29) 1959年7月29日(57歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド
バークシャー州レディング
ジャンル ハードロック
ヘヴィ・メタル
職業 ギタリスト
シンガーソングライター
担当楽器 ギター
ボーカル
活動期間 1980年-現在
共同作業者 ストリート・ファイター
ジョン・スローマンズ・バッドランズ
タイガース・オブ・パンタン
シン・リジィ
ホワイトスネイク
ブルー・マーダー
公式サイト Official Website
著名使用楽器
Gibson Les Paul

ジョン・サイクス(John James Sykes、1959年7月29日 - )は、イングランド出身のギタリストHR/HMミュージシャンシンガーソングライター米国在住。

ロックバンド「シン・リジィ」「ホワイトスネイク」といったビッグネームに抜擢されて実績を積み、主宰した「ブルー・マーダー」などで有名を馳せた。

来歴[編集]

アマチュア時代 ( - 1979年)[編集]

父の仕事の関係でスペインイビサ島に滞在していたとき、退屈しのぎにギターを始めたという。彼の叔父のプレイを間近で見る事が出来たが、それまでにも遊び半分でギターに触った事があり、ギターが弾けると思い込んでいた彼は叔父のプレイを見てギターに真剣に取り組む事となる。その後友人から「凄いギタリストがテレビに出るから見たほうがいい」と勧められ、テレビでゲイリー・ムーアの演奏を見て相当な衝撃を受ける。

タイガース・オブ・パンタン〜シン・リジィ (1980年 - 1983年)[編集]

トリオ編成のバンド「ストリート・ファイター」を率いて「サクソン」のサポート・アクトとしてツアー中、同行した「タイガース・オブ・パンタン」のメンバーにスカウトされ、1980年に同グループに加入しプロデビュー[1]。当時のNWOBHMブームの中で人気バンドとなる。パンタンでアルバム『スペルバウンド』(Spellbound)、『クレイジー・ナイト』(Crazy Nights) 、および『ザ・ケイジ』(The Cage)の一部に参加した後、オジー・オズボーン・バンドのオーディションを受けるために脱退。オジーのバンドへの加入は叶わなかったがその後「シン・リジィ」に参加し、アルバム『サンダー・アンド・ライトニング』(1983年)と、ライブ盤 『ラスト・ライヴ』(1983年)でリードギタリストを務めた。

ホワイトスネイク (1983年 - 1987年)[編集]

ホワイトスネイク時代 (1984年)

「シン・リジィ」の解散後、デイヴィッド・カヴァデールにスカウトされて「ホワイトスネイク」に参加。当時のメンバーはサイクスとカヴァデールの他、コージー・パウエル(ドラムス)とニール・マーレイ(ベース)であった。しかしアルバム制作が始まるとカヴァデールとの衝突からメンバーが次々と脱退。ジョンはアルバムを完成させるものの、発表前に解雇された[2]。このアルバムが後に全米2位、800万枚の大ヒットとなる『サーペンス・アルバス〈白蛇の紋章〉』である。

ブルー・マーダー〜サイクス (1988年 - 1995年)[編集]

サイクスは「ホワイトスネイク」離脱後、カーマイン・アピストニー・フランクリンを誘い自らのバンド「ブルー・マーダー」を結成。後にメンバーを改めながら活動を断続的に継続。その後バンド名をシンプルに「サイクス」と変更してしばらく活動していた。ギター、ボーカル、ソングライティングを一人でこなしていたこの時期のインタビューで、最も尊敬するギタリストについて(同様のスタイルであった)「ビ・バップ・デラックス時代のビル・ネルソン」と答えている[3]

シン・リジィ再結成 (1996年 - 2009年)[編集]

1996年、「シン・リジィ」を再結成。2005年のツアーメンバーは、ジョン、スコット、マルコ・メンドーサ(ベース)、マイケル・リー(ドラム)。2009年にシン・リジィからの脱退を表明した。

機材[編集]

メイン・ギターは黒のギブソン・レスポール・カスタムギブソンのニュース クロム仕上げのピックガードエスカッションが特徴で、これはフィル・ライノットのベースのルックスと共通である。ピックアップはダーティーフィンガーズ。アンプはマーシャルJCM800を主に使用。ブルー・マーダー時代はメサ・ブギーも使用した。弦はアーニー・ボールのレギュラー・スリンキーでゲージが.010 ~ .046のセットである。

脚注[編集]

  1. ^ タイガース・オブ・パンタン、自信みなぎるセルフタイトル作品登場 - BARKS
  2. ^ ジョン・サイクス、デイヴィッド・カヴァデールへの怒りおさまらず - BARKS
  3. ^ プレイヤー誌、1989年

外部リンク[編集]