ジルジャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アヴェディス・ジルジャン・カンパニー
企業形態 非公開
業種 シンバル製造
設立 1623年 (創業)
1929年 (米国)
本社 アメリカ合衆国マサチューセッツ州 ノーウェル
主要人物 アヴェディス・ジルジャン(創業者)
Armand Zildjian
Craigie Zildjian(現CEO)
Debbie Zildjian
ウェブサイト 公式ウェブサイト
テンプレートを表示
ジルジャンのクラッシュシンバル
ジルジャンのライドシンバル

ジルジャン:Zildjian)は、400年の歴史をもつシンバルのブランドである。トルコイスタンブールにいたアルメニア人シンバル職人が元であるが、今日は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州に本拠を有するアヴェディス・ジルジャン社 (Avedis Zildjian Company) によって製造されている。同社は現在も世界最大規模のシンバルとドラムスティックのメーカーである。日本国内ではヤマハのグループ会社であるヤマハ・ミュージック・トレーディングが輸入販売を行っている。

歴史[編集]

ジルジャンの草分け[編集]

ジルジャンのシンバルは、17世紀の初頭にオスマン帝国の首都コンスタンチノープルにいたアルメニア人のアベディス1世のシンバル開発に始まる。アベディス1世は1596年に生まれ、父親はオスマン帝国お抱えの錬金術師として仕えていた。アベディス1世も皇帝に金属工として仕えていた。

1618年合金の技術を使ってなどを材料に、それまでのシンバルとは異なる独自の製造法を発明し、それを生かすことにより、透明感のある、そして力強い音を産み出す芸術的シンバルの製作に成功。

1623年、アべティス1世は皇帝からシンバル製造を公式に認可され、シンバル製造の工房を興する。オスマン皇帝に従う、Janissary Banがジルジャン・シンバルを採用し、日常的な祈りから、宗教上の祝祭、皇室の結婚式、そしてオスマンの軍隊の召集にまで利用した。彼の作るシンバルは当時では考えられない薄さで強度のあるシンバルだったので、皇帝ムスタファはアベディス1世に対し、感謝の意を表し、彼にシンバル職人の称号として「ジルジャン」(Zildjian、アルメニア語で"Zil"はシンバルやベルの意味、"dj"はメーカーとか職人の意味、"ian"は息子もしくは継承者・家元の意味で、シンバル職継承者という意味の名前)と製造許可を授かった。アベディス1世とその子孫は、ジルジャンという姓で呼ばれるようになった。製造法は秘伝となり、ジルジャン家では「直系の長男にシンバル製造技術の秘伝を継承する」という掟が代々引き継がれていった。その後ジルジャンのシンバルはヨーロッパでも高い評価を受けた。

中興[編集]

16001800年代のジルジャン家族継承に関する正確な日付と事実は、残念ながら大半が保管場所の火災等で全焼し、残っていないという。

1800年代、ハルーティアン(先代)・ジルジャンに2人の息子(長男アベディス2世、次男ケロップ)がおり、長男アベディス2世が秘伝継承者となり次男ケロップが手伝っていた。1851年アベディス2世は帆船を建造し、国際貿易見本市が行われたマルセイユロンドンに出向きジルジャンを展示し、数々のメダルと推賞製品としての認証を得た。1800年代後期、作曲家ベルリオーズワーグナーは自らの作品にシンバルを多用し始め、わざわざ「ジルジャンのシンバルを使用のこと」という但し書きを楽譜に書き込み、ジルジャンのみを使用するように要求したという。

KジルジャンとAジルジャン[編集]

1865年、アベディス2世が亡くなり、2人の息子(長男ハルーティアン(先代と同名)と次男アラム)がいたが、長男はまだ幼かったため継承できず、アベティス2世の弟ケロップがシンバル製造技術の秘伝を一時的に継承する形で『K.ZILDJIAN&Cie(Kジルジャン社)』の名で、トルコのコンスタンチノープルでシンバルの製造を開始し、ここで『Kジルジャン』の歴史が始まる。またケロップはヨーロッパ、アメリ力合衆国の見本市においてシンバルを展示し、数々の栄誉を受賞した。

ケロップは、本来の正統な継承者であるアベティス2世の長男・ハルーティアンも継承できる年頃になったことから、秘伝を譲る事になるが、当の本人は断固としてシンバル製造業を嫌い役人になったため、繰り上げで次男アラムにシンバル製造技術の秘伝を継承した。アラムは『A.ZILDJIAN&Cie(Aジルジャン社)』の名で、やはりコンスタンチノープルでシンバルの製造を始めた。

本来の継承ではなく一時的にできたKジルジャンブランドだったが、1909年、ケロップが亡くなると、その娘婿ミカエル・ジルジャン(ミカエル・ダルカリアン)が後を引き継いだため、コンスタンチノープルでのKジルジャンシンバルの製造は続けられる事となった。Aジルジャンとは別にKジルジャンブランドの名を強める事となった。これにより、ジルジャンシンバルのブランド名は『Aジルジャン』(トルコA)と『Kジルジャン』(トルコK)の2つに分かれる事となる。

ケロップの死後、アベディス2世の次男アラムはコンスタンチノープルにおいてシンバルを作り続けることが困難と判断する。政変の最中、アラムは一時ルーマニアブカレストに避難することを余儀なくされる。なお、アラムはコンスタンチノープルの『Kジルジャン社』とブカレストの『Aジルジャン社』の2つの工場の面倒を見ていたという。『Kジルジャン社』は、トルコ共和国の成立で、これまでイスタンブールの別名として対外的に通用していたコンスタンチノープルの名が使えなくなったため、ブランド名の刻印が『K ZILDJIAN&Cie CONSTANTINOPLE』(Kジルジャン・コンスタンチノープル)から『K ZILDJIAN&Co ISTANBUL』(Kジルジャン・イスタンブール)にかわり、ジルジャンの姓もトルコ語風に Zilcijan と綴られるようになった(なお1950年代には後にイスタンブールを設立するアゴップ・トムルシュク(Agop Tomurcuk)とメメット・タンデガー(Mehmet Tamdeger)が『Kジルジャン社』に勤め始める)。

アメリカへ[編集]

1927年、アラムも歳をとり、次の継承者を探した。そして本来の継承者であった兄ハルーティアンに息子アベディス3世がいたことから、アベディス3世に手紙を書き、ファミリー・ビジネスを引き継ぐように要請する。アラムはアメリカに渡りアベディス3世を口説き、シンバル製造の秘伝を伝授して、アベディス3世に製造を託した。この時アベディス3世は、父親のハルーティアンがシンバル製造継承者にならず、ケロップが秘伝継承者となっていたので、自分には継承の権利が無いと思い、アメリカに渡ってお菓子(キャンディー)の製造メーカーとして事業を行い、成功させていたという。1929年、アラムの説得によりアベディス3世は新天地アメリカ、マサチューセッツ州クインシーで『AVEDIS ZILDJIAN(アベディス・ジルジャン社)』(アメリカAジルジャン社)を立ち上げた。おりしも世はジャズの時代が始まろうとしていた。

この時点でのジルジャンの名を冠するブランドはトルコ工場の『Kジルジャン』とアメリカ工場の『Aジルジャン』の2つである。『アメリカAジルジャン社』は、アメリカで様々な規格のシンバルを開発し、今日のドラムセットで使われるシンバルの基をつくった。同社のシンバルはジャズロックといったアメリカ発の音楽で使われるようになって世界に広がっていった。

1968年、アベディス3世の次男ロバートを責任者にして、カナダニューブランズウィック州に新工場『AZCO(カナダAジルジャン社)』を設立。

1972年からその翌年にかけて、マサチューセッツ州のノーウェルに、最先端のシンバル製作を追求するための新工場を開設(この際にシンバルのカップの大きさ(特に18インチ)やレイジングに若干の変更が加えられたらしい)。同時にジルジャン創設350周年を祝うことになる。

トルコKジルジャンの終焉と近況[編集]

1970年代ごろ、『Kジルジャン社』は『アメリカAジルジャン社』に買収される。1977年、アベディス3世は長男アーマンドを社長に任命する。アーマンド就任記念なのかこの時に新しいZildjianロゴの発足と共に白抜きのZildjianロゴをシンバル裏側にプリントするようになる(それまでのロゴは全部大文字でZILDJIANのJが下に出っ張っているロゴだった)。1977年にトルコの『Kジルジャン社』の工場は閉鎖されてカナダ工場に統合され、1865年から続いた伝統の本場トルコKジルジャンの長い歴史に幕を閉じる事となる。

1978年、Kジルジャン商標のトルコ製シンバルによる使用は商標権者の『アメリカAジルジャン社』によって禁止され、Kジルジャンブランドの製造はカナダ工場の『AZCO(カナダAジルジャン社)』で行われるようになった。なお、トルコKジルジャンの職人のうちトルコに残った者は1980年に『イスタンブール・シンバル社』を興し、その流れを汲むシンバル工場は現在は数社に分かれている。

1979年にアベディス3世が没した後、相続者の長男アーマンドと次男ロバートの間で会社が分割される。1981年にロバートのカナダ工場『AZCO(カナダAジルジャン社)』が独立して『SABIANセイビアン社)』となった。この時点でKジルジャンブランドの製造に関しては名称・商標が使えない『セイビアン社』はカナダK製造時代の流れを受け継ぎ、HH(ハンド・ハンマード)の名称で製造販売開始し、Kジルジャン商標が使える『アメリカAジルジャン社』はビッグKロゴ入りのKジルジャンシンバルを製造販売開始した。

2002年にはアーマンドが没し、現在同社はアーマンドの2人の娘、クレーギーとデビーが経営している。

系譜[編集]

トルコ工場 『Aジルジャン社』【1623〜1865】(トルコA製造)→『Kジルジャン&Cie社』【1865〜1977】(トルコK製造)→『イスタンブール社』【1980〜現在】
トルコ→ルーマニア工場『Aジルジャン&Cie社』【1909?〜1927?】(トルコA製造)
アメリカ工場『アメリカAジルジャン社』【1929〜現在】(アメリカA・1981〜アメリカK製造)
カナダ工場 『AZCO(カナダAジルジャン社)』【1968〜1981】(ZILCO・カナダA・カナダK製造)→『セイビアン社』【1981〜現在】(HH・AA製造)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]