ブライアン・ティッシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブライアン・ティッシー
Brian Tichy
Brian-Tichy.jpg
Tichy in concert in 2006 Photo: Charles Jischke
基本情報
生誕 (1968-08-18) 1968年8月18日(50歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニュージャージー州デンビル
職業
担当楽器
活動期間 1986年 -
共同作業者

ブライアン・ティッシー(Brian Tichy、1968年8月18日 - )はアメリカ合衆国出身のドラマー。またドラマーとしての活動以外にギターやベースも演奏し、ソングライティングやプロデュース等も行っている。

人物[編集]

8歳からドラムを叩き、12歳にはギターも始めた。 音楽的影響はキッスピーター・クリスが主であり、他にはレッド・ツェッペリンアイアン・メイデンニコ・マクブレインエアロスミスAC/DCヴァン・ヘイレンなどである。名字はチェコ・スロバキア語で「サイレント」を意味する。

経歴[編集]

ドラマーとしてはホワイトスネイクビリー・アイドルフォリナーサス・ジョーダンオジー・オズボーンスラッシュズ・スネイクピットでの活動でよく知られ、日本ではB'z松本孝弘によるプロジェクトTMGに参加しており、2019年にはB'zのライブサポートメンバーとして参加予定である。

バークリー音楽大学に1986年から1990年まで在籍したあと、ビリー・アイドルの作品とツアーに参加し、オジー・オズボーンシーザーヴェルヴェット・リヴォルヴァーフォリナープライド&グローリーグレン・ヒューズサス・ジョーダンスラッシュズ・スネイクピット、China Rain、ホワイトスネイク、最近では ザ・ デッド・デイジーズなどの様々なアーティストと仕事をしている。 2015年にはオペレーション:マインドクライムザ・ デッド・デイジーズの正式メンバーとなった。

Ball[編集]

様々なアーティストとレコーディングやツアーをするのを主としながら、彼自身のバンド「Ball」ではボーカル・ギターを担当している。レーベル「Time Bomb Recordings」解散のため, 「American Aggression」は公式リリースされることはなかった。その後もCDリリースを試み「The Grand Human Disaster Scenario」(日本限定)1999年5月にリリースした。このCDには以前のレーベルでレコード発売契約をしていたデモ曲が含まれていた。2003年末頃からビリー・アイドルの共同作曲者としての役割の増大に合わせてBallに注ぐ時間は限られたものとなった。

ビリー・アイドル[編集]

ビリー・アイドルとブライアンの共同作曲は1993年以降のビリー・アイドルの作曲に刺激を与えた。 デヴィルズ・プレイグラウンド (サンクチュアリ・レコード)は2004年に制作され8曲がビリー・アイドルとの共作であった。2005年3月にリリースされ、その年の残りをツアーに費やした。続いて2006年はビリーのクリスマスアルバムの制作にかかった。これは彼ら自身によって制作され、この際ブライアンは彼らのリハーサルスタジオでドラム、ギター、ベースやエンジニア、共同プロデューサーとして仕事をした。Happy Holidaysは2006年11月にベスト・バイを通じ欧州で販売された。

フォリナー[編集]

フォリナーには1998年から2000年まで在籍した。また2007年からはジェイソン・ボーナムに代わり2010年のアルバムキャント・スロー・ダウンまで参加した。また2011年には当時メンバーだったマーク・シュルマンの父が他界した際には代わりにライブに一回参加している。2012年8月には再びバンドを離れたシュルマンに代わりライブに参加した。

最近のプロジェクト[編集]

シーザーのジョン・ハンフレイの穴埋めとして2007年4月に参加した。2009年春まではジェイソン・ボーナムの代わりとしてフォリナーのツアーに参加し、ビリー・アイドルとの長年に渡る関与を終了させた。そしてテレビや映画のための音楽を作曲し、欧州の女性メタル歌手マーリヤ・ロックスのレコーディングに参加した。2010年の9月25日にはレッド・ツェッペリンジョン・ボーナムの死後25年追悼記念として「"Bonzo, The Groove Remains the Same"」を企画制作した。2011年にはS.U.N. (Something Unto Nothing)を自身はギタリストとしボーカリストにはサス・ジョーダン、ベースにはマイケル・デヴィン、ドラマーにはトミー・スチュワートで結成。2014年にはマイケル・スウィートジョージ・リンチジェイムズ・ロメンゾ在籍の「Sweet & Lynch」に加入した[1]

ホワイトスネイク[編集]

2010年6月18日にホワイトスネイクの新ドラマーとして発表された[2] 。2013年1月には脱退しS.U.N.に注力した[3]

スピードバッグ[編集]

フォリナー在籍中に、スピードバッグの愛好家になり、すぐにトップクラスのハードパンチャーとなり、スキルを向上させている。2009年から2010年のフォリナーのツアー中、バンドの機材車にも幾つかのスピードバッグのウォールセットを作り「スピードバッグトラック」と悪名高く呼ばれた。ツアーで回った様々な街ではスピードバッグ愛好家を招き入れた。何人かのアメリカトップクラスのハードパンチャーはライブの前にトラックに入りスピードバッグを楽しんだ。まもなくYouTubeにて音楽にのせたリズミカルでテクニカルな彼のパンチングスキルを公開した[4]。それにはフィットネスと楽器としての面があった。彼はいつもスピードバッグをドラムキットの中に取り入れることを計画しており、それは2012年4月のVH-1クラシックの「That Metal Show」にて公開された(UBS1 freestanding floor frame を使用しているBalazboxing)。これはプロドラマーによりスピードバッグが楽器として大勢の観衆に示され、スピードバッグの歴史としても重要なものであった[5]

作品とツアー[編集]

Something Unto Nothing
  • 2013
ザ・ デッド・デイジーズ
ビリー・アイドル

instruments performed by Tichy except keys by Derek Sherinian

デレク・シェリニアン
  • 2003: ブラック・ユートピア
  • 2004: ミソロジー
  • 2006: ブラッド・オヴ・ザ・スネイク
  • 2009: メレキュラー・ヘイノシティ
ケニー・ウェイン・シェファード
Ball
  • 1999: Grand Human Disaster Scenario (Japan only)
  • 2000: American Aggression (Only available through BrianTichy.com)
  • 2001: A Study in Persistence (Only available through BrianTichy.com)
  • 2003: Bleed Defeat (Only available through BrianTichy.com)
ギルビー・クラーク
  • 1998: ラバー
  • 2002: スワッグ
  • 2007: ギルビー・クラーク
  • Various years of touring US
ヴィニー・ムーア
Ana Sidel
  • 2005: "A Solas..."
  • (8 tracks) recorded
ニッケルバッグ
  • 1996: 12 Hits & a Bump
  • 1997: Mas Feedback
  • Japan and US touring
スティーヴィー・サラス
  • 1993: エレクトリック・パウワウ
  • 1994: バック・フロム・ザ・リヴィング
  • 1996: アンソロジー 1987–1994
  • 1997: Le Bootleg (Live In Paris)
  • 1997: ソウル・パワー
  • 1998: ザ・サムタイムズ・オルモスト・ネバー・ワズ
  • 2001: シェイプシフター (The Fall And Rise Of Stevie No Wonder)
  • Various years of touring Japan and Europe
プライド&グローリー
  • 1994: プライド&グローリー
  • Toured US, Europe, Japan
B'z
TMG
サス・ジョーダン
  • 1994: Rats and Summer Tour
トミー・ショウ & ジャック・ブレイズ
  • 2007: Shaw/Blades: "Influences" (8 tracks) recorded in 2004
ジャック・ブレイズ
  • 2010/TBD: 1/2 of drums on forthcoming solo album
For MasterSource Music Catalog
  • Since 2000: Chief rock songwriter. MasterSource gets music placed in TV and movies. Tichy's include;

Law & Order, CSI: Crime Scene Investigation, The 40-Year-Old Virgin, Supergroup, The Osbournes, Punk'd, Pimp My Ride, and countless others.

その他のプロジェクト

Other artists Tichy has toured with:

脚注[編集]

  1. ^ “MICHAEL SWEET Reveals Possible Name For Project With GEORGE LYNCH, JAMES LOMENZO, BRIAN TICHY”, Modern Drummer, (June 25, 2014), http://www.blabbermouth.net/news/michael-sweet-reveals-possible-name-for-project-with-george-lynch-james-lomenzo-brian-tichy 
  2. ^ WHITESNAKE Parts Ways With DUFFY, FRAZIER; New Drummer Announced”. Roadrunnerrecords.com. 2011年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年10月29日閲覧。
  3. ^ Drummer BRIAN TICHY Quits WHITESNAKE”. Roadrunnerrecords.com. 2013年1月4日閲覧。
  4. ^ Tichy, Brian, BAGIFIED!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!, https://www.youtube.com/user/spinsmashpop 
  5. ^ “Speed baggin'”, Modern Drummer, (September 2009), オリジナルの20 August 2010時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20100820110249/http://www.moderndrummer.com/updatefull/200001779/Brian%20Tichy 

外部リンク[編集]

先代:
シェーン・ガラース
B'zLIVE-GYMドラマー
第6代
次代:
-