ジョン・ロード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョン・ロード
Jon Lord
Jon Lord (1976).JPG
ディープ・パープル時代 (1976年)
基本情報
出生名 Jonathan Douglas Lord
生誕 (1941-06-09) 1941年6月9日
出身地 イングランドの旗 イングランド レスターシャー州レスター
死没 (2012-07-16) 2012年7月16日(満71歳没)
イングランドの旗 イングランドロンドン
ジャンル ロック
ハードロック
ヘヴィメタル
職業 キーボーディスト
担当楽器 キーボードピアノオルガン
活動期間 1963年 - 2012年
共同作業者 アートウッズ
フラワー・ポットメン
ディープ・パープル
ホワイトスネイク
著名使用楽器
該当項目を参照
L・V・ベートーベン

ジョン・ロードJon Lord1941年6月9日 - 2012年7月16日)はイギリス出身のハモンドオルガニストピアニスト作曲家

略歴[編集]

2005年

本名、ジョナサン・ダグラス・ロード。レスターで生まれる。父親はサクソフォーン奏者で、音楽的な環境に恵まれていた彼は9歳の頃からピアノのレッスンを受け始める。最初はクラシックピアニストを目指していたが、演劇にも興味を持っていた彼は演劇学校にも通っていた。そんなある日、ジミー・スミスの奏でるハモンドオルガンを偶然耳にした彼はその魅力にとりつかれることになる。

その後アマチュア・バンドに加入しキーボードを担当するがあまり仕事に恵まれず1963年、ようやくアート・ウッド率いる本格的なR&Bバンド、アートウッズに参加する。1967年のアートウッズ解散後、サンタ・バーバラ・マシン・ヘッドを結成。オムニバスアルバムのために3曲のインストゥルメンタルを録音するが同年早くもグループは解散。

次に参加したのはフラワー・ポットメンというバンドで、この頃にリッチー・ブラックモアと出会う。その後、ラウンドアバウトを経て1968年ディープ・パープルを結成。1976年の解散までキーボーディストを務める。

左ジョン、右トニー・アシュトン (1990年)

その後、トニー・アシュトン、イアン・ペイスらと共にペイス・アシュトン&ロードを結成。1978年にはデイヴィッド・カヴァデール率いるホワイトスネイクに参加。

そして1984年、ディープ・パープルを再結成し、以降長年に渡ってバンドの実質的なリーダーとしてメンバーをまとめ上げた。ツアーの疲労が蓄積してきた2001年に彼は膝を痛め、こうした事情から翌2002年に ディープ・パープルから引退するような形で脱退。しかし、膝の状態はその後手術を経ずに回復した。その後ソロ活動に転じた。

2004年、アルバム『Beyond the Notes』の中の一曲の「The Sun Will Shine Again」を元ABBAアンニ=フリッド・リングスタッドと収録。2009年4月15日、東京国際フォーラムでのディープ・パープルのコンサートにてサプライズゲストとして参加。

2011年、自身が膵臓癌による闘病中であることを公表した。英国およびイスラエルで治療を受けていたが[1]、2012年7月16日、肺塞栓症のためにロンドンのクリニックで死去[2]。71歳没。

使用楽器・機材[編集]

ハモンドオルガン[編集]

ハモンドオルガンは、ジョン・ロードの代表的な使用楽器として知られている。オリジナルのC-3に筐体の上下分割、スプリングリバーブ内蔵、RMIエレクトラピアノを組み込みスイッチで切り替える事が出来るなど多岐に渡る改造を施しており、ジョン・ロードが特許をとった物がいくつか存在する。そのためジョン・ロードのオルガンは重量が300kgあると言われている。また彼はハモンド・オルガンの下部に木製の厚い板を打ち付けている時代があった。これはオルガンを前後に揺らしスプリングリバーブの衝撃音(効果音)を容易に出す為である。当時彼がメインで使用していたハモンドオルガンは、フリートウッド・マックジョン・マクヴィーから譲り受けたものと言われている。

アンプ[編集]

ディープ・パープル2期の頃はマーシャルスピーカー・キャビネットを使用し、歪んだ音色を演出していた。彼はこの理由について「レスリーを通すと誰でもそれなりの音が出る」「テクニックを磨くため」と語っている。このパワフルな音は、特にアルバム『ライヴ・イン・ジャパン』で聴くことが出来る。ハモンドオルガンは筐体内にマグネティックピックアップを内蔵しているので、これを真似したい際にはアンプの音量と、オルガンとの距離に注意されたい。大音量に設定されたアンプがトーンホイールオルガンの近くにあるとハウリングを起こす危険がある。

レスリー・スピーカー[編集]

ディープ・パープル第3期以降は、再びレスリー・スピーカーを使用し始めている。

RMIエレクトラピアノ[編集]

初期の300Bというモデルで、『マシン・ヘッド』の録音から導入され、いくつかの曲でソロを弾くのに使われている。同時期のステージではハモンドオルガンの左側に置かれた。ディープ・パープル第3期以降は、前述のようにハモンドオルガンに組み込まれた。

アープ・オデッセイ[編集]

ディープ・パープル第2期最後のアルバム『紫の肖像』から導入したシンセサイザーカリフォルニア・ジャムのライブ・ビデオで、「スペース・トラッキン」の即興演奏の部分から操作し始めている白いパネルの機種。外見から、初期型のモデル2800であると思われる(詳細はen:ARP Odysseyを参照)。

その他鍵盤楽器[編集]

ローズ・ピアノクラビネットメモリーモーグ、ヤマハCP-70DX7コルグM1、ハモンドスズキXB-2など。時代に合わせて使用機材は変化していくが、「あくまで基本はハモンドオルガンであり、他の物は調味料のようなものだ」という。

リングモジュレーター[編集]

ハモンドC-3に使用されたエフェクター。アルバム『ライヴ・イン・ジャパン』に収録された「レイジー」の冒頭部分で、ハモンドC-3の音を金属的かつ無調な音階の音質に変化させている。なお、外国盤の『Made In Japan』のジャケットで、ハモンドC-3に乗せられている小さな箱が、同機材の本体。ギブソン傘下のエフェクターブランド「マエストロ」製。

ディスコグラフィ[編集]

ソロ・アルバム
トニー・アシュトン & ジョン・ロード
ペイス、アシュトン、ロード
その他
セッション・プレイヤーとしては、ジョージ・ハリスンの『ゴーン・トロッポ』(1982年)や『ブレインウォッシュド』(2002年)、デヴィッド・ギルモアの『狂気のプロフィール』(1984年)などに参加。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Lord undergoing pancreatic cancer treatment in Israel | Showbiz | News | Daily Express”. Express.co.uk (2012年2月29日). 2014年6月4日閲覧。
  2. ^ Deep Purple's Jon Lord dies aged 71 NME.COM 2012年7月17日閲覧