ジョン・ロード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョン・ロード
Jon Lord
ディープ・パープル時代(1976年)
基本情報
出生名 Jonathan Douglas Lord
生誕 (1941-06-09) 1941年6月9日
出身地 イングランドの旗 レスターシャー州レスター
死没 (2012-07-16) 2012年7月16日(71歳没)
イングランドの旗ロンドン
ジャンル ハードロック
ヘヴィメタル
職業 キーボーディスト
担当楽器 ハモンドオルガンシンセサイザークラビネットピアノ
活動期間 1963年 - 2012年
共同作業者 ジ・アートウッズ英語版
サンタ・バーバラ・マシン・ヘッド英語版
ザ・フラワー・ポット・メン英語版
ディープ・パープル
ペイス・アシュトン・ロード英語版
ホワイトスネイク
公式サイト jonlord.org
著名使用楽器
該当項目を参照
L・V・ベートーベン

ジョン・ロード英語: Jon Lord1941年6月9日 - 2012年7月16日[1])は、イングランド出身のハモンドオルガニストピアニスト作曲家

略歴[編集]

生い立ち[編集]

レスターで生まれる。本名ジョナサン・ダグラス・ロード。

父親はサクソフォーン奏者であったので、音楽的な環境に恵まれており[2]、9歳の頃からピアノのレッスンを受け始める。最初はクラシックピアニストを目指していたが、演劇にも興味を持っていて演劇学校にも通っていた[3]。ある日、ジミー・スミスが奏でるハモンドオルガンのサウンドを偶然耳にして、その魅力にはまった。

アマチュア・バンドに加入してキーボードを担当するが、あまり仕事には恵まれなかった。

黎明期[編集]

1964年アート・ウッド率いる本格的なR&Bバンドのジ・アートウッズ英語版(The Artwoods)[注釈 1]に加入[4]。8作のシングルとアルバム『Art Gallery』[5]の制作に携わったのち、1967年に脱退[6]

同年、サンタ・バーバラ・マシン・ヘッド英語版(Santa Barbara Machine Head)[7][注釈 2]を結成。彼等はオムニバス・アルバム『ブルース・エニタイム英語版』に3曲のインストゥルメンタルを提供する[8]が、同年解散した。ボーカル・グループのザ・フラワー・ポット・メン英語版のバック・バンドに参加[9]

1967年末、元サーチャーズクリス・カーティス英語版の新しいバンドであるラウンドアバウト(Roundabout)の2人目のメンバーになった。カーティスは次にギタリストのリッチー・ブラックモアを迎えた[10]後に失踪したので、ロードはブラックモアと2人でメンバーを探し続けた。ラウンドアバウトは1968年2月頃までに5人組になり[11]、同年4月20日にデンマークの学校のホールで初のライヴを行なった[12]

ディープ・パープル[編集]

1968年5月、ラウンドアバウトはディープ・パープルと改名した[12]

ディープ・パープル[注釈 3]1976年3月に第4期を以って解散する[13]まで、ロードはオリジナル・メンバーかつ最年長者としてバンドをまとめた。

ディープ・パープル在籍中のソロ活動[編集]

1971年10月、初のソロ・アルバム『ジェミニ組曲英語版』をパープル・レコード英語版の第一弾アルバムとして発表した[14]。ロード、アルバート・リー(ギター)、ロジャー・グローヴァー(ベース・ギター)、イアン・ペイス(ドラムス)、トニー・アシュトン英語版(ヴォーカル)、イヴォンヌ・エリマン(ヴォーカル)が独奏者もしくは独唱者として、マルコム・アーノルドが指揮するロンドン交響楽団と共演した[注釈 4]

1974年7月26日、2作目のソロ・アルバム『バッハ未完成フーガ英語版』を発表[15]。このアルバムは同年6月1日にミュンヘンで開かれた[16]、作曲家エバーハード・シェーナー英語版が指揮するミュンヘン室内管弦楽団とロードとの共演コンサートのライブ録音。ピート・ヨーク(ドラムス)、アシュトン(ヴーカル、キーボード)、レイ・フェンウィック(ギター)、デイヴィッド・カヴァデール(ヴォーカル)、グレン・ヒューズ(ベース・ギター、ヴォーカル)が客演した。

1974年8月、アシュトンとの共作アルバム『ファースト・オブ・ザ・ビッグ・バンズ英語版』を発表[17]

ペイス・アシュトン・ロード[編集]

1976年8月にペイス(ドラムス)、アシュトン(ヴォーカル、キーボード)、バーニー・マースデン(ギター)、ポール・マルチネス英語版(ベース・ギター)とペイス・アシュトン・ロードを結成[18]

彼等は1977年3月にデビュー・アルバム『不思議な国のマリス英語版[注釈 5]を発表[19]して、月末に国内ツアーとしてバーミンガムニューカッスル・アポン・タインリヴァプールグラスゴーロンドンで計5回のコンサート活動を行なった[20][注釈 6]が、1978年5月に解散した[21]

ホワイトスネイク[編集]

1978年デイヴィッド・カヴァデール率いるホワイトスネイクに参加[22]

ディープ・パープル[編集]

左ロード、右トニー・アシュトン(1990年)

1984年、第2期ディープ・パープルのメンバーによる再結成に参加。

ツアーの疲労が蓄積してきた2001年に膝を痛めたので、2002年に引退の形で脱退。

ソロ活動[編集]

ロード(2005年)。

膝が手術を経ずに回復したので、引退を撤回してソロ活動に専念。

2004年、元ABBAアンニ=フリッド・リングスタッドと「The Sun Will Shine Again」を制作して、アルバム『Beyond the Notes』に収録。

2009年4月15日、東京国際フォーラムでのディープ・パープルのコンサートにサプライズ・ゲストとして参加。同年、アルバム『ディープ・パープル・アンド・ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ』(1969年)の40周年記念として、アイルランドのRTÉ Concert Orchestraとダブリンで共演して、「グループとオーケストラのための協奏曲」を再演した。その後も、2011年までの間、数回にわたって様々なオーケストラと共演して再演した。

2011年、膵臓癌と闘病中であることを公表。英国とイスラエルで治療を受けた[23]。同年、ポール・マンとロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団が行なった「グループとオーケストラのための協奏曲」のスタジオ録音版の制作に病魔を押して参加した。

[編集]

2012年7月16日、肺塞栓症のためにロンドンのクリニックで死去[24][1]。71歳没。

使用楽器・機材[編集]

  • ハモンドオルガン
ハモンドオルガンは、ロードの代表的な使用楽器として知られている。C-3に筐体の上下分割ほかの改造を施した上でマーシャルのアンプに接続し、彼が特許をとった物がいくつか存在する[25]。当時彼がメインで使用していたハモンドオルガンは、フリートウッド・マッククリスティン・マクヴィーから譲り受けたものである[26][27]。演奏に関してはグレアム・ボンドから大きな影響を受けており「ハモンドオルガンに関して実践的なことは、ほとんどすべて彼から学んだ」と語っている。
  • その他の鍵盤楽器
ローズ・ピアノクラビネットメモリーモーグなど。
  • アンプ
ディープ・パープルの第1期ではレスリー・スピーカーを使用したが、第2期ではマーシャルのPAスピーカー・キャビネットを使用して、歪んだ音色を演出した。


ディスコグラフィ[編集]

リーダー・アルバム[編集]

  • 『最後の反逆者』 - The Last Rebel (1971年) ※with アシュトン、ガードナー & ダイク、映画サウンドトラック
  • 『ジェミニ組曲』 - Gemini Suite (1972年) ※with ロンドン・シンフォニー・オーケストラ
  • 『ファースト・オブ・ザ・ビッグ・バンズ』 - First of the Big Bands (1974年) ※with トニー・アシュトン
  • 『バッハ未完成フーガ』 - Windows (1974年) ※ライブ with エバハルト・シェーナー
  • 『スペインの哀愁』 - Sarabande (1976年)
  • 『時の過ぎゆくままに』 - Before I Forget (1982年) ※旧邦題『ビフォー・アイ・フォーゲット』
  • Country Diary of an Edwardian Lady (1984年) ※with アルフレッド・ラルストン、TVシリーズ・サウンドトラック
  • 『ライヴ・イン・コンサート』 - First of the Big Bands - BBC Live in Concert 1974 (1993年) ※ライブ with トニー・アシュトン
  • Pictured Within (1998年)
  • 『ビヨンド・ザ・ノーツ』 - Beyond The Notes (2004年)
  • Durham Concerto (2007年)
  • Boom of the Tingling Strings (2008年)
  • To Notice Such Things (2010年)
  • Jon Lord Blues Project Live (2011年) ※2010年ライブ録音
  • Jon Lord Live (2011年) ※2009年ライブ録音
  • 『コンチェルト・フォー・グループ・アンド・オーケストラ』 - Concerto for Group and Orchestra (2012年) [28]※スタジオ録音版

ディープ・パープル[編集]

ペイス、アシュトン、ロード[編集]

  • 『不思議な国のマリス』 - Malice in Wonderland (1977年)
  • 『BBCラジオ・ワン・ライヴ』 - BBC Radio 1 Live in Concert / Live 1977 (1992年)

ホワイトスネイク[編集]

ザ・フーチー・クーチー・メン[編集]

  • 『ライブ・アット・ザ・ベースメント』 - Live at the Basement (2003年) ※ライブ
  • 『デンジャー・ホワイト・メン・ダンシング』 - Danger. White Men Dancing (2007年)

参加アルバム[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b “元ディープ・パープルのジョン・ロード、死去”. BARKS. (2012年7月17日). https://www.barks.jp/news/?id=1000081466 2020年5月10日閲覧。 
  2. ^ Popoff (2016), p. 13.
  3. ^ Popoff (2016), p. 16.
  4. ^ Popoff (2016), p. 22.
  5. ^ Discogs”. 2023年12月31日閲覧。
  6. ^ Popoff (2016), p. 27.
  7. ^ discogs.com”. 2023年5月6日閲覧。
  8. ^ discogs.com”. 2023年5月8日閲覧。
  9. ^ Popoff (2016), p. 30.
  10. ^ Popoff (2016), pp. 31–32.
  11. ^ Popoff (2016), p. 33.
  12. ^ a b Popoff (2016), p. 36.
  13. ^ Popoff (2016), p. 194.
  14. ^ Popoff (2016), p. 93.
  15. ^ Popoff (2016), p. 162.
  16. ^ Popoff (2016), p. 161.
  17. ^ Popoff (2016), pp. 162–163.
  18. ^ Popoff (2016), p. 207.
  19. ^ Popoff (2016), pp. 214–217.
  20. ^ Popoff (2016), pp. 219–220.
  21. ^ Popoff (2016), p. 236.
  22. ^ Popoff (2016), p. 239.
  23. ^ Lord undergoing pancreatic cancer treatment in Israel | Showbiz | News | Daily Express”. Express.co.uk (2012年2月29日). 2014年6月4日閲覧。
  24. ^ Deep Purple's Jon Lord dies aged 71 NME.COM 2012年7月17日閲覧
  25. ^ https://www.soundhouse.co.jp/contents/column/index?post=2155
  26. ^ [1]
  27. ^ thehighwaystar.com”. 2024年1月1日閲覧。
  28. ^ Discogs”. 2023年5月16日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ アート・ウッズ(ヴォーカル)、キーフ・ハートリー(ドラムス)、ジョン・ロード(オルガン)ほか。
  2. ^ ロン・ウッド(ギター)、トゥインク英語版(ドラムス)、キム・ガードナー英語版(ベース)、ジョン・ロード(オルガン)。
  3. ^ 代表曲には「ハイウェイ・スター」(1972年)、「スモーク・オン・ザ・ウォーター」(1973年)、「ウーマン・フロム・トーキョー」(1973年)、「紫の炎」(1974年)などがある。
  4. ^ 第2期ディープ・パープルは1970年9月17日にロイヤル・フェスティバル・ホールで、アーノルドが指揮するオーケストラ・オブ・ザ・ライト・ソサエティ・ミュージック(The Orchestra of The Light Music Society)と共演して「ジェミニ組曲」を披露した。この録音は1993年に"Deep Purple And The Orchestra Of The Light Music Society Conducted By Malcolm Arnold – Gemini Suite Live"として発表された。
  5. ^ ディープ・パープルのプロデューサーだったマーティン・バーチとの共同プロデュース作品。
  6. ^ ロンドン公演では、酩酊していたアシュトンが開始時にステージに上がる途中、誤ってオーケストラ・ピットに転落してしまった。彼は負傷をおしてステージを務めた。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Popoff, Martin (2016), The Deep Purple Family Year By Year Volume One (to 1979), Wymer Publishing, ISBN 978-1-908724-42-7 

外部リンク[編集]