コンテンツにスキップ

ヴァンデンバーグ (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヴァンデンバーグ
Vandenberg
出身地 オランダの旗 オランダ
ジャンル ハードロックヘヴィメタル
活動期間 1981年 - 1987年
2020年 -
レーベル アトコ・レコード
マスコット・レコード英語版
共同作業者 ホワイトスネイク
マニック・エデン
メンバー エイドリアン・ヴァンデンバーグギター
マッツ・レヴィン(ボーカル
ランディ・ファン・デル・エルセン(ベース
コーエン・ヘルフスト(ドラム
旧メンバー バート・ヒーリンク
ディック・ケンパー
ジョス・ズーマー
ロニー・ロメロ

ヴァンデンバーグVandenberg)は、1981年エイドリアン・ヴァンデンバーグオランダで結成したハードロックバンド。3枚のアルバムをリリースし1986年に解散したが、2020年に35年ぶりのアルバムを発表し活動再開。

来歴

[編集]

オランダのティーザーというバンドでギターを弾いていたエイドリアン・ヴァンデンバーグ1981年シン・リジィギタリストのオーディションを受けるも落選、またホワイトスネイクのオーディションも落選するも、ソングライターとして評価された。

1982年にエイドリアン・ヴァンデンバーグによって結成されたヴァンデンバーグはアメリカアトコ・レコードと契約しファースト・アルバム『ネザーランドの神話』をセルフ・プロデュースによりリリース。1983年にシングルカットされた「Burning Heart」がビルボードシングル・チャート39位を記録するヒットとなり[1]、アルバムもBillboard 200で65位を記録[1]、上々の滑り出しとなった。

セカンド・アルバム『誘惑の炎』はアメリカでは成功せず、Billboard 200では最高169位に終わるが[1]、日本ではプロモーション公演を行うなど美形ギタリストとして人気があった。

1985年にリリースしたサード・アルバム『アリバイ』はプロデューサーにゴールデン・イヤリングのドラマーとしても知られるオランダ人のJaap Eggermontを起用したが、世界的なセールスは乏しくボーカリストのバート・ヒーリンクが脱退。新しいボーカリストを加えて活動するもレコーディングの契約を結ぶに至らず、1987年にエイドリアン・ヴァンデンバーグはデイヴィッド・カヴァデールホワイトスネイクへの参加を打診され、バンドを解散する。

ホワイトスネイクに在籍中にはギタリストとしてライブ活動を行う他、カヴァデールとの共作曲を残しているが、1989年のアルバム『スリップ・オブ・ザ・タング』のレコーディング・リハーサル中に不運にも腕を麻痺(腱鞘炎が原因と言われる)してしまい、録音には参加していない。代理に参加したのがスティーヴ・ヴァイであるが、回復後のワールドツアーにはエイドリアンとスティーヴのツインギターが実現している。再活動の1997年のアルバム『レストレス・ハート』ではソング・ライティングとギタリストとして作品を残している。

ホワイトスネイク活動休止中の1993年には、同じくホワイトスネイクに在籍していたベーシストのルディ・サーゾ、ドラマーのトミー・アルドリッジ、そして当時解散していたリトル・シーザーのシンガーだった、ロン・ヤングの3人とマニック・エデンというバンドを結成し、アルバムを制作しているが、セールス的成功は収めていない。その後、エイドリアン自身が体調を崩したこともあり、音楽ビジネスからは遠ざかってしまうことになる。

1990年代の末頃からは、エアブラシのアーティストとして活動を開始しており、音楽の活動は時折行っている。ヴァンデンバーグの作品もすべて本人がアートワークを手掛けている。

2013年、エイドリアンはオランダの若手ミュージシャンと共にヴァンデンバーグズ・ムーンキングスを結成したことを発表し[2]、2014年に発売されたアルバム『ヴァンデンバーグズ・ムーンキングス』には、デイヴィッド・カヴァデールをゲストに迎えた「セイリング・シップス」(ホワイトスネイク時代の曲のセルフ・カヴァー)が収録された[3]

2020年1月、ギタリストのエイドリアン・ヴァンデンバーグは、元レインボーのボーカリストであるロニー・ロメロのボーカル、ルディ・サーゾのベース、ブライアン・ティッシーのドラムをフィーチャーした、まったく新しいラインナップと新しいアルバムに、ヴァンデンバーグの名前が再び使用されると発表した[4]。同年3月26日、35年ぶりとなる『2020』というタイトルのスタジオ・アルバムをリリースすることが発表された[5]。ボブ・マーレットがプロデュースを手掛け、ルディ・サーゾ、ブライアン・ティッシーをゲストミュージシャンとして迎えている。

2021年10月、ロニー・ロメロに代わる新ボーカリストとして、マッツ・レヴィン(イングヴェイ・マルムスティーンキャンドルマス等)を迎えたことを発表[6]。11月には新ラインナップでの初ライブとなる『PLANET ROCKSTOCKフェスティヴァル』へ出演[7]

2023年8月25日には、前作から3年ぶり、マッツ・レヴィン加入後では初となるアルバム『SIN』を世界同時発売[8]

メンバー

[編集]
  • エイドリアン・ヴァンデンバーグ (Adrian Vandenberg) - ギター
  • マッツ・レヴィン (Mats Levén) - ボーカル
  • ランディ・ファン・デル・エルセン (Randy van der Elsen) - ベース
  • コーエン・ヘルフスト (Koen Herfst) - ドラム

旧メンバー

[編集]
  • バート・ヒーリンク (Bert Heerink:オランダ語の発音ではベルト・ヘーリンクに近い) - ボーカル
  • ディック・ケンパー (Dick Kemper) - ベース
  • ジョス・ズーマー (Jos Zoomer:オランダ語の発音ではヨス・ゾーマーに近い) - ドラム
  • ロニー・ロメロ (Ronnie Romero) - ボーカル

ディスコグラフィ

[編集]

スタジオ・アルバム

[編集]

コンピレーション・アルバム

[編集]
  • 『ベスト・オブ・ヴァンデンバーグ』 - The Best Of Vandenberg (1988年)
  • The Definitive Vandenberg (2004年)

ボックスセット

[編集]
  • THE COMPLETE ATCO RECORDINGS 1982-2004(2021年)- 1st~3rdアルバムとレア&ライヴ音源集『Rarities & Live Tracks (1982-2004)』を収めたボックスセット[10]

映像作品

[編集]
  • Live In Japan (2005年) ※DVD

脚注・出典

[編集]
  1. ^ a b c Vandenberg - Awards”. AllMusic. 2012年11月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月12日閲覧。
  2. ^ エイドリアン・ヴァンデンバーグ、17年振りに復活しヴァンデンバーグズ・ムーンキングス結成”. BARKS (2013年12月19日). 2016年1月16日閲覧。
  3. ^ Vandenberg's Moonkings: New Teaser For Debut Album Available”. Blabbermouth.net (2014年2月10日). 2016年1月16日閲覧。
  4. ^ ADRIAN VANDENBERG Recruits RAINBOW Singer RONNIE ROMERO For New Lineup Of VANDENBERG”. Blabbermouth.net. 2020年3月2日閲覧。
  5. ^ VANDENBERG Announces '2020' Album, Unveils New Lineup”. Blabbermouth.net (2020年3月26日). 2020年3月26日閲覧。
  6. ^ ヴァンデンバーグの新リード・シンガーはマッツ・レヴィン、11月にライヴデビュー&新アルバム制作中”. amass.jp. 2021年11月24日閲覧。
  7. ^ エイドリアン・ヴァンデンバーグがマッツ・レヴィンをフィーチュアした新生VANDENBERGの初ライヴの映像をSNSにアップ!”. BURRN! Online. 2021年11月24日閲覧。
  8. ^ マッツ・レヴィンをシンガーに迎えたVANDENBERGがニュー・アルバム「SIN」を8月25日にリリース! タイトル・トラックのリリック・ビデオが公開中!”. BURRN! ONLINE. 2023年8月25日閲覧。
  9. ^ ネザーランドの神話! VANDENBERG 35年ぶりの新作!”. HMV BOOKS Online. 2020年5月28日閲覧。
  10. ^ ヴァンデンバーグ 4CDボックスセット『The Complete ATCO Recordings 1982-2004』発売”. amass.jp. 2021年11月23日閲覧。

外部リンク

[編集]