ホンダ・タクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホンダ タクト・フルマーク(クレージュ仕様)AB07

タクトTACT)とは、本田技研工業が製造販売している原付スクータータイプのオートバイである。かつては1980年代から2000年代にかけて販売されたロングセラーモデルでもあり、モデルチェンジによるバリエーションも多い。

概要[編集]

タクトは、1970年代にヒットしたロードパルに次ぐファミリーバイクとして1980年9月に発売された。

モデル一覧[編集]

タクト(初代)
型式AB07。1980年9月4日に発売された。最高出力3.2psを発生する空冷2ストロークエンジンが搭載された。1981年にはサイドトランクを装備し、3.6psに出力アップした「フルマーク」が追加された。テレビコマーシャルには、ピーター・フォンダが起用された。
ニュータクト(2代目)
型式AB07。1982年9月、最高出力4psを発生する空冷2ストロークエンジンを採用され、シリーズが一新された。1983年3月には、アンドレ・クレージュのデザインによるクレージュ仕様が追加された。
スーパータクト(3代目)
型式AF09。1984年に発売された。エンジンは空冷2ストローク縦型AF05が搭載され、ノイズインシュレーターなどの採用により1985年騒音規制に適合した。のちの1985年のマイナーチェンジにより5.0ps/6000rpmから5.4ps/6500rpmに出力が向上した。1985年にはカラーバリエーションモデルとしてパールホワイトを基調としてピンクを配色した「クレージュ」、1986年にはトラディショナルな雰囲気を織り込んだ「トラッド・エディション」も追加発売された。また同年には空冷4サイクルエンジンを搭載した「タクト・アイビー」も登場した。
メットインタクト(4代目)
型式AF16。1987年に発売された。1986年道路交通法原動機付自転車ヘルメット着用義務が課せられたことを受け、シート下にヘルメットを収納可能なメットインスペースを設けられ、「メットインタクト」と呼ばれた。最大5.8psを発生する空冷2ストロークエンジンAF05Eが搭載された。
タクト(5代目)
型式AF24。1989年に発売された。世界初となるオートスタンド機構を搭載し、「スタンドアップ・タクト」の愛称が付けられた。半年遅れでオートスタンド機構のない標準車が発売された。イメージキャラクターは小泉今日子だった。
タクト(6代目)
型式AF30/AF31。1993年に発売された。先代モデルと比較するとガソリンタンクが増量し、エンジン出力が0.1ps増加した。タクトSには前輪ディスクブレーキが装備されている。
タクト(7代目)
型式AF51。1998年3月20日に発売された。エンジンは強制空冷2ストローク縦型AF24Eで、マフラーに触媒が装備されて、1998年10月からの排出ガス規制および騒音規制に対応した。エンジン出力は先代モデルより1ps低い、5.1psとされた。前輪ディスクブレーキは全モデルに装備され、さらに新たにコンビネーションブレーキが採用された。オートスタンド付とオートスタンド無しの2種がラインナップされ、1999年にカラーバリエーションモデルの「ホンダ タクトスプリングコレクション」が追加された。2002年に生産が終了した。
タクト(8代目)
型式AF75。2015年1月23日より、AF51の発売から16年ぶりに名称が復活する形でが発売された。車体構造とエンジンは先に発売されているダンクからの流用となり生産も同じくホンダベトナムで行われるが、車体デザインはフロント側をAF51のイメージに近づけ、リア側は通常のテールランプに変更している。またフロントディスクブレーキはドラムに変更され、過去のタクトに採用されていたオートスタンドは廃止された。なおバリエーションとして、ダンク同様にアイドリングストップシステムを持つ通常モデルのタクトと、それを省略しシート高を下げたタクト・ベーシックの2仕様が発売されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]