ホンダ・フェイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フェイズ (FAZE) は、本田技研工業が製造販売していた248cc4ストローク単気筒エンジンを搭載したスクータータイプのオートバイである。

車名は英語の「心を騒がす」「驚かす」のFAZEから。

概要[編集]

ホンダ・フェイズ
Honda FAZE.jpg
基本情報
排気量クラス 軽二輪
メーカー 日本の旗本田技研工業
車体型式 JBK-MF11
エンジン MF11E型 249cm3 
水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
内径x行程 / 圧縮比 68.0mm x 68.5mm / 10.2:1
最高出力 17kW 23ps/7,500rpm
最大トルク 23Nm 2.3kgfm/6,000rpm
車両重量 180/183/185kg
テンプレートを表示

フェイズは2009年(平成21年)7月10日に発売された。本田技研工業が現在販売している同じ排気量のスクーターとしてはフォルツァがあるが、フェイズは装備の簡素化、車両重量の軽量化、低廉な価格設定によりフォルツァとの差別化が図られている。そのためABS装備車でも63万円となった。

フォルツァに装備されている、マニュアルモード付きHonda SマチックEvo[1]、スマートカードキーシステム、ハザードランプスイッチ[1]パーキングブレーキは搭載されておらず、オーディオパッケージの設定もない。また、シート下のラゲージボックスは小型化され、ヘッドランプテールランプもそれぞれ1灯式となっている。

装備以外でのフォルツァとの基本的な相違点としては、キャスター角を立て、軸間距離を 5mm 短縮することにより旋回性能を向上し、エンジンも同型式ながら、フォルツァの 22ps/2.2kgf・m というスペックに対し、23ps/2.3kgf・m と上回っており[2]排出ガス規制への対応も、フォルツァの二次空気供給装置と酸化触媒の組み合わせから、より高度な空燃比フィードバック制御機構とモノリス型三元触媒の組み合わせとなっている。

豪華なクルーザー的な性格を持つフォルツァに対し、フェイズは装備が簡略化された廉価版のようなイメージのみで語られることもあるが、上記のような変更により、基本性能を確保し、ハンドリングやレスポンスを重視した、実用的かつスポーティーなモデルと見ることもできる。

TYPE-S[編集]

2009年11月26日にHonda SマチックEvo(ただしマニュアルシフト機構は持たない)とハザードランプスイッチを搭載したTYPE-Sを追加し発売した[3]

全てのモデルとも2015年に生産終了が公表された。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]