ホンダ・CB1100R

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホンダ・CB > ホンダ・CB1100R
ホンダ・CB1100R
1981年仕様[1]
MotoLegende2009 03 honda cb1100r.jpg
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
エンジン 1,062cm3 4ストローク
空冷DOHC4バルブ並列4気筒
内径x行程 / 圧縮比 70.0mm x 69.0mm / 10:1
最高出力 120PS/9,000rpm
最大トルク 10.0kgf・m/7,500rpm
車両重量 235kg
テンプレートを表示

CB1100R(シービーせんひゃくアール)は本田技研工業がかつて製造・販売したオートバイである

概要[編集]

CB900Fを元に開発され、1981年から1983年まで限定生産されたスポーツバイクである[2]

レース出場を強く意識したモデルで1980年代に市販車をベースに改造したマシンで戦われる耐久レースを舞台に活躍した。

全世界で5000台程度といった希少性や新車価格にして250万円[注釈 1]という価格設定から、2012年現在においても中古市場で200万円程度を維持している。

車両解説[編集]

車名は、CB1100RB(1981年)・CB1100RC(1982年)・CB1100RD(1983年)。型式名はRBがSC05、RCとRDがSC08。RBは1,050台、RCとRDはそれぞれ1,500台がヨーロッパおよびオーストラリアでのホモロゲーションをクリアするために生産され主に欧州で販売された。

排気量1,100ccの空冷4ストローク直列4気筒DOHCエンジンを搭載し、1981年モデルのRBは最高出力115 hp (86 kW)@9000 rpm[2]をマークする。

車名の「R」はレーシング・バージョンを意味しており、実際に装備されるパーツもART製鍛造ピストン・強化プライマリーチェーン・簡単に脱着でき極限まで小型化されたジェネレータ・当時では珍しいクリップオンハンドルのほか、車体もCB900Fではエンジンの脱着を容易にするためにダウンチューブが一部ボルトオン構造となっていたフレームを強度を優先するために一体化し、軽量化の観点からFRP製カウリングや容量26の燃料タンクはアルミ製。生産作業も手組みとされた。

1981年の「RB」はノンカウル(RB-Ⅰ)とハーフカウル(RB-Ⅱ)がありシングルシート仕様であったがRCからはフルカウル・アルミ製燃料タンク・後部シートが装着された。82年型(RC)と83年型(RD)では、主に塗装が白の部分をパールホワイトに赤と青の部分をメタリックへ・アッパーカウルをレースレギュレーションに合わせ前後長を短縮・スイングアームならびにフロントフォークを変更した。1983年にはCB900FとCB1100Rが統合されたCB1100Fが発売された。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ CB750Fの5倍近い価格設定であった。

出典[編集]

  1. ^ http://www.honda.co.jp/sou50/Hworld/Hall/2r/129.html
  2. ^ a b Brown, Roland (2005), The ultimate history of fast motorcycles, Bath, England: Parragon, p. 170–171, ISBN 1-4054-5466-0 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]