ホンダ・250T

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
250T マスター / 250T LAカスタム
基本情報
排気量クラス 軽二輪
メーカー 日本の旗本田技研工業
車体型式 MC06
エンジン MC06E型 233cm3 4サイクル
空冷SOHC2気筒
内径x行程 / 圧縮比 53mm x 53mm / 9.4:1
最高出力 21PS / 8,500rpm
最大トルク 2.0kg-m/4,000rpm
乾燥重量 130kg
車両重量 141kg
テンプレートを表示

250T(にひゃくごじゅうティー)は、本田技研工業がかつて製造販売していたオートバイである。

概要[編集]

型式名MC06。マスターLAカスタムの2車種が1981年11月13日に発表発売された[1]。ホイールベースの短い小型スタイルの車体に、CD125Tのシリンダーとボアをアップした排気量233㏄のMC06E型空冷4ストロークSOHC2気筒エンジン[2]を搭載し、燃料供給はVB16型キャブレター1基。一般的な扱いやすさを優先させたアメリカンタイプのモデルである。

海外向け輸出仕様はCM250Cとされたほか、1982年にはベルトドライブ仕様のマスターS・D も追加発売されたが[3]1985年発売に後継モデルのレブルへ引き継がれる形で生産終了となった。

モデル一覧[編集]

シリーズ車両として以下のモデルが発売された。

マスター[編集]

前後輪をスポークホイールならびにドラムブレーキとしたモデル。主に輸出仕様とされた。

LA カスタム[編集]

前後輪をブーメランコムスターホイールとし、前輪はディスクブレーキを装着。1984年4月5日発表、同月6日発売で[4]リヤキャリア標準装備化・ヘッドランプハロゲンバルブ化するマイナーチェンジを実施[5]

マスター S・D[編集]

1982年8月6日発表、同年9月1日発売の追加モデル[6]。マスターをベースに駆動系をコグドベルト式ドライブ[7]へ変更しメンテナンスフリーを図ったモデル。車名のS・Dは、ベルトカバー部分に表記されていたSILENT-DRIVEの略である。リヤキャリアを標準装備。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1981年11月13日プレスリリース
  2. ^ 『20世紀のアイアンホース達』p.79
  3. ^ 『20世紀のアイアンホース達』p.85
  4. ^ 1984年4月5日プレスリリース
  5. ^ 『20世紀のアイアンホース達』p.94
  6. ^ 1982年8月6日プレスリリース
  7. ^ 海外向け仕様では既に川崎重工業モーターサイクル&エンジンカンパニーマニュアルトランスミッション式ベルトドライブを採用していたが、日本メーカーの日本国内向け仕様では初。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]