ホンダ・CBR250RR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホンダ・CBR > ホンダ・CBR250RR

CBR250RR(シービーアールにひゃくごじゅうダブルアール)は本田技研工業が製造販売するCBRシリーズのオートバイである。

1990年に発売されたMC22型と2016年に発売されたMC51型が存在。本項ではそれぞれについて解説を行う。

MC22型[編集]

MC22型

1989年に発売されたMC19型CBR250Rからのフルモデルチェンジ車。

ライダーの操縦技術を問わず高レベルの走りを楽しめる性能を目指し、高次元・ヒューマンフィッティングと呼称されるコンセプトに基づいて開発された[1]

MC14E型水冷4ストローク4バルブDOHC4気筒エンジンをはじめ基本コンポーネンツの多くはキャリーオーバーとされたが、以下の改良を実施した。

  • キャブレターから燃焼室までのポート形状を新設計し一直線化
  • クランク廻りを高剛性化し中低速での扱いやすさを向上
  • レッドゾーンを19,000rpmに設定しエンジン保護のため19,500rpmで作動するレブリミッタを搭載

さらに車体関連ではMC19型から以下の改良を実施。

  • マス集中化を狙ったLCG[注 1]フレームを採用
  • 排気管の効率的配置を可能とするガルアームと呼称される新型スイングアームを採用
  • フロントフォークを高剛性化
  • 前輪ブレーキをダブルディスクブレーキ[注 2]

遍歴[編集]

1990年3月12日発表 同月19日発売[1]

消費税抜希望小売価格\599.000 販売目標22,000台/年

同年6月・1991年1月カラーリング追加
1992年5月25日発表 同月28日発売でマイナーチェンジ[2]

カラーリング変更

1994年6月21日発表 同月24日発売でマイナーチェンジ[3]

バルブタイミングや排気管の構造を変更させ中低速域での出力向上を狙ったエンジン特性の変更を実施

  • 最高出力45ps/15,000rpm→40ps/14,500rpm
  • 最大トルク2.5kg-m/12,000rpm→2.4kg-m/11,500rpm
  • カラーリングはCBR900RRのイメージを継承したトリコロール(ホワイト/レッド/ブルー)とメタリックレッドの2色を設定
  • 消費税抜希望小売価格\620.000 販売目標2,500台/年
2000年生産終了

MC51型[編集]

MC51型

2015年の第44回東京モーターショーに参考出品されたコンセプトモデルLight Weight Super Sports Concept(ライトウェィトスーパースポーツコンセプト)[4]を原型とし、CBR・RRシリーズの思想トータルコントロール~操る楽しみの最大化を共通の背景としながら直感・体感・新世代RRを開発コンセプト[5]に2016年7月にインドネシアジャカルタの合弁法人ピー・ティ・アストラ・ホンダモーターP.T. Astra Honda Motor)がCBR250RRとして製造することを発表[6]。同年12月に同国をはじめタイなど東南アジア諸国で販売開始された[7]

日本国内仕様は型式名2BK-MC51とし熊本県菊池郡大津町平川に所在する熊本製作所が製造を担当。ABS装備車とレス車が選択可能で搭載される排気量249㏄のMC51E型水冷4ストローク4バルブDOHC2気筒エンジンは250㏄クラスでは初となるドライブ・バイ・ワイヤ[注 3]を採用する。

フレームは鋼管トラス構造によるダイヤモンド型[5]サスペンション前輪が倒立式テレスコピック、後輪が5段階プリロード調整が可能なプロリンク式スイングアームで、キャスター角:24°30´・トレール:92mmに設定[5]。タイヤは前輪が110/70、後輪が140/70の17インチラジアルタイヤを装着するほか、ヘッドライトウインカーテールランプの灯火類をLED化した[5]

なお本型式には、通常の一般公道走行モデルとは別にHRCがサービスショップに供給し、独自パーツを組み込んだ上で完成車として販売するレースベース車が存在する[8]

遍歴[編集]

※本項では日本国内仕様について解説を行う。
2017年4月18日発表 同年5月12日に年間販売目標3,500台で発売[5]

カラーリングは以下の3パターンを設定

  •             ソードシルバーメタリック
  •             マットガンパウダーブラックメタリック   
  •                 ビクトリーレッド

消費税抜希望小売価格は以下に設定

  • ソードシルバーメタリック/マットガンパウダーブラックメタリックABSレス:\700,000
  • ソードシルバーメタリック/マットガンパウダーブラックメタリックABS:\747,000
  • ビクトリーレッドABSレス:\720,000
  • ビクトリーレッドABS:\767,000

2018年3月8日発表 同年4月20日発売でABS装着車に以下のカラーリングを追加[9]

  •             パールグレアホワイト

消費税抜希望小売価格は\747,000に設定

2018年11月8日発表で2019年モデルへのマイナーチェンジを実施[10]
  • 車体色            グランプリレッド(ストライプ)を新規設定し同年12月14日に発売
  • 従来からのモデルはABS装着車のみとし以下のカラーリング設定で同年11月22日発売
  •             グランプリレッド
  •             マットガンパウダーブラックメタリック
  •             パールグレアホワイト

消費税抜希望小売価格は以下に設定

  • グランプリレッド(ストライプ)ABSレス:\730,000
  • グランプリレッド(ストライプ)ABS:\777,000
  • グランプリレッド/マットガンパウダーブラックメタリック/パールグレアホワイトABS:\747,000

諸元[編集]

車名 CBR250RR
型式 MC22[1] 2BK-MC51[5]
モデルイヤー 1990 2017
全長(m) 1.975 2.065
全幅(m) 0.675 0.725
全高(m) 1.080 1.095
最低地上高(m) 0.130 0.145
ホイールベース(m) 1.345 1.390
最低回転半径(m) 2.9
シート高(m) 0.725 0.790
車両重量(kg) 157 165[注 4]
乗車定員(人) 2
定地走行燃費
(km/L)
40.0
(50㎞/h)
40.1
(60㎞/h)
WMTCモード値
(km/L)
  26.7
(クラス3-2)
原動機型式 MC19E水冷4ストローク4バルブDOHC4気筒 MC51E水冷4ストローク4バルブDOHC2気筒
動弁伝達 カムギアトレーン タイミングチェーン
総排気量(㏄) 249
内径x行程(mm) 48.5x33.8 62.0×41.3
圧縮比 11.5
最高出力 45ps/15,000rpm 28kW 38ps/12,500rpm
最大トルク 2.5kg-m/12,000rpm 23Nm 2.3kgf・m/11,000rpm
始動方式 セルフ
燃料供給 VP20型キャブレター4基 電子式燃料噴射装置(PGM-FI)
点火方式 フルトランジスタ式バッテリー
潤滑方式 圧送飛沫式併用ウエットサンプ
燃料タンク容量 13L 14L
クラッチ 湿式多板コイルスプリング
変速機 左足動式リターン常時噛合6速マニュアルトランスミッション
1速 2.733 3.272
2速 2.000 2.187
3速 1.590 1.727
4速 1.333 1.421
5速 1.153 1.222
6速 1.035 1.068
1次/2次減速比 2.966/3.058 2.781/2.928
フレーム形式 バックボーン ダイヤモンド
フロントサスペンション テレスコピック(正立フォーク) テレスコピック(倒立フォーク)
リヤサスペンション スイングアーム(ガルアーム) スイングアーム(プロリンク)
キャスター/トレール 24°00´/89mm 24°30´/92mm
タイヤ(前) 110/70R17
タイヤ(後) 140/60R17 140/70R17
フロントブレーキ 油圧式ダブルディスク 油圧式シングルディスク
リヤブレーキ 油圧式シングルディスク
標準税抜価格 \599,000 \700,000[注 5]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ Low Center of Gravity - 低重心という意味。
  2. ^ MC17型でダブルディスクを採用したもののMC19型ではローター大径化した上でのシングルディスクとされたが、本型式ではMC17型以上にローター大径化も行った上での制動力強化である。
  3. ^ 本田技研工業調べ[5]
  4. ^ ABS装着車は2kg増[5]
  5. ^ ビクトリーレッド塗装車は2万円高の\720,000に設定[5]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

本田技研工業公式HP
BBB The History