ホンダ・ポートカブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ポートカブPort Cub)は、本田技研工業がかつて製造販売していたオートバイである。

概要[編集]

1962年7月発売。女性や年配ユーザーを主なターゲットとしたスーパーカブC100の廉価版である。型式はC240。車名は「世界のどこの(Port)にもあるくらい普及してほしい」という願いを込めたものである[1]

1964年に販売不振のため製造中止。

車両解説[編集]

スーパーカブをベースに新設計されたものであるが、ビジネスユース(酷使)を想定しておらず、以下の変更を実施した[1]

遍歴[編集]

  • 1962年7月
価格43,000円で発売[注 2]
マイナーチェンジ
  • 1964年
製造中止

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 当時の法規では尾灯・方向指示器の装備は義務化されていない[1]
  2. ^ スーパーカブの当時価格は55,000円[1]

出典[編集]

関連項目[編集]