ホンダ・XL230

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホンダ・XL > ホンダ・XL230
XL230
基本情報
排気量クラス 軽二輪
メーカー 日本の旗本田技研工業
車体型式 BA-MC36
エンジン MD33E型 223cm3 4サイクル
内径x行程 / 圧縮比 65.5mm x 66.2mm / 9.0:1
最高出力 13kW〔18PS〕/ 7,000rpm
最大トルク 19N・m〔1.9kgf・m〕/ 6,000rpm
乾燥重量 113kg
車両重量 120kg
テンプレートを表示

XL230(エックスエル230)は、本田技研工業がかつて製造販売したオートバイである。

車両解説[ソースを編集]

2002年4月9日発表、同月10日発売[1]

1990年代後半からブームだったレトロ回帰を受け1970年代後半から1980年代にかけ製造販売されてたXLシリーズを復刻させたモデルである[注 1]。このためXLシリーズのほか、1973年発売のエルシノアシリーズやを彷彿させるビンテージオフロードの雰囲気をも持つが、開発コンセプトを『街乗りからトレッキングまで気軽に楽しめるスポーツバイク[1]』としたため型式名はBA-MC36と同社のロードスポーツ系モデルにカテゴライズされる[注 2]

本モデル開発に際しては既存モデルと多くの基本コンポーネンツを共用するいわゆる姉妹車からとしたため以下に示すような流用が多いのも特徴である。

エンジン

搭載される排気量233㏄のMD33E型空冷4ストローク2バルブSOHC単気筒エンジンも元々は1997年から製造販売されていたSL230用に開発されたものである。同エンジンは、2000年9月から発売されていたMC34型FTRにも搭載されており[注 3]、車両キャラクターに合せて異なるチューニングを実施。本モデル用は、キャブレターベンチュリーをSL・FTR用のCV(負圧)型からVM(ピストンバルブ)型のPDC7Aへ変更したほか、低中速域でのレスポンスに優れたセッティングとしたことから、スペックもSL・FTR用とは異なる[注 4]最高出力13kW〔18ps〕/7,000rpm・最大トルク19N・m〔1.9kgf・m〕/6,000rpmとなった[1]。また組み合わせるマニュアルトランスミッションもMC34型FTRと共用の5段[注 5]、減速比は1次が3.090と共通であるものの、2次が本モデルは3.076[1]、FTRが3.230[3]と異なる。さらに始動方式はセルフ式である[注 6]

車体

オセアニア向け輸出仕様車のファームバイクCT200をベースに[4]前後大型キャリアを取り外した構成。車体色は以下の2種類が設定された[1]

  • ブーンシルバーメタリック+タンク上面にオレンジのストライプ
  • ファイティングレッド+タンク上面にブラックのストライプ

またフレームもMC34型FTR用セミダブルクレードル型をリファインしたものでるほか、サスペンション前輪がテレスコピック、後輪がスイングアームであるが、リヤショックは2本となる。ブレーキは前後ともドラムブレーキであり、タイヤサイズは前後とも120/90-18である。

本モデルは、2005年にベースとなったSL230と共にXR230へフルモデルチェンジされ生産終了となった。

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

注釈[ソースを編集]

  1. ^ 同様の復刻モデルにベンリィCL50CL400などが存在する。
  2. ^ 本田技研工業の型式コードでは250㏄クラスオン・オフ両用モデルは本来MDとなる。
  3. ^ 後にXR230CB223Sにも搭載。
  4. ^ SL用は最高出力20ps/7,500rpm・最大トルク2.1kg-m/6,000rpm[2]。FTR用は最高出力14kW〔19ps〕/7,000rpm・最大トルク〔2.1kgf・m〕/6,000rpm[3]
  5. ^ 1速:2.769 - 2速:1.722 - 3速:1.263 - 4速:0.960 - 5速:0.814[1][3]
  6. ^ 日本国内向けXLシリーズで、セルフ式のみは本モデルならびにAX-1と姉妹車のXL Degree。他にはXL600Rファラオがキック・セルフ併用となるほかは、すべてプライマリーキックである。

出典[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]