ホンダ・VFR1200F

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホンダ・VFR > ホンダ・VFR1200F
VFR1200F
2010年仕様[1]
IMG 6560 Honda VFR 1200 F.JPG
Candy Prominence Red
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
車体型式 EBL-SC63
エンジン SC63E型 1,236cm3 4ストローク
水冷SOHC4バルブV型4気筒
内径x行程 / 圧縮比 81.0mm x 60.0mm / 12.0:1
最高出力

82kW 111PS/8,500rpm

(127kw 173PS/10,000rpm)
最大トルク

111Nm 11.3kgf・m/6,000rpm

(129Nm 13.1kgf・m/8,750rpm)
車両重量 268[278]kg
テンプレートを表示

VFR1200F(ブイエフアールせんにひゃくエフ)は本田技研工業が製造販売するオートバイである。本項では姉妹車アドベンチャータイプへ特化させたVFR1200X(ブイエフアールせんにひゃくエックス)についても解説を行う。なお両モデルとも日本国内仕様は2016年に生産終了が公表された[2]

車両解説[編集]

VFR(800)の後継車種として開発された。車体はシリーズ伝統のアルミダイキャストフレームならびに片持ちスイングアームを採用。また搭載されるエンジンは同社ならびに市販2輪車としては世界初のスロットルバイワイヤを採用した排気量1,236cc・シリンダーバンク角76°となるSC63E型水冷4ストローク4バルブSOHCV型4気筒で、その出力はシャフトドライブ駆動される。

VFR1200F[編集]

ツアラーとしての性格を強めたモデルでフルカウルを装備。型式名EBL-SC63。

2010年3月5日に6速マニュアルトランスミッションを搭載するモデルが同月18日より発売されることを発表した[1]

さらに同年6月29日に2輪車として世界初のデュアルクラッチトランスミッションを搭載するVFR1200F Dual Clutch Transmissionが同年7月29日より発売されることを発表した[3]

  • 本モデル用DCTは任意で3モードの変速タイプを選択することが可能。

上述2モデルは2012年2月28日、同年3月2日発売[4]で以下のマイナーチェンジを実施。

VFR1200X[編集]

VFR1200X

1200Fをベースに同社のクロスオーバーコンセプト[注 1]に基づいて開発・製造されたモデルである[注 3]

2011年に型式名SC70・車名Crosstourer(クロスツアラー)で輸出専売モデルとして発売された。日本国内ではM-TEC2012年5月25日に同年6月25日よりVFR800X MUGENと同様に同社が輸入し同社製スリップオンマフラーやオリジナルデカールを装着し、VFR1200X MUGENおよびDCTを搭載するVFR1200XD MUGENとしてDREAM店ならびに無限テクニカルショップ限定で発売することを発表した[6]

正規の日本仕様車は2014年2月21日にDCT仕様車のみが前後連動のコンバインドABSETC車載器・グリップヒーター・メインスタンドなどを標準装備する型式名EBL-SC70、車名VFR1200X デュアル・クラッチ・トランスミッション として同年3月7日より発売することが発表された[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2輪車開発における新たなチャレンジの方向性で異なる価値を高次元で融合させる思想[5]
  2. ^ 日本国内専売モデルで海外向け仕様は排気量をアップさせたCB500X。
  3. ^ 同コンセプトで販売された400X[注 2]NC700X/750XVFR800Xとの大きな相違は、上述3種では前後輪17インチキャストホイールを装着するのに対し、本モデルでは前輪19インチ・後輪17インチのチューブレスタイヤ装着可能なスポークホイールとされた点である。

出典[編集]

外部リンク[編集]