ホンダ・G´

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホンダ・G´
Bsv gp.JPG
基本情報
排気量クラス 原動機付自転車
メーカー 日本の旗本田技研工業
車体型式 A-AF23
エンジン AF18E型 49cm3 2ストローク
強制空冷単気筒
内径x行程 / 圧縮比 39.0mm x 41.4mm / 7.2:1
最高出力 6.8ps/7,000rpm
最大トルク 0.73kg-m/6,500rpm
乾燥重量 59kg
車両重量 63kg
テンプレートを表示

(ジーダッシュ)は、本田技研工業がかつて製造販売発売したオートバイである。

車両解説[編集]

1989年1月18日発表、同月25日に年間販売目標50,000台・標準販売価格143,000円で[注 1]で発売[1]。型式名A-AF23。アンダーボーンフレーム排気量49㏄のAF18E型空冷2ストローク単気筒エンジン[注 2]を搭載するスクータータイプの原動機付自転車である。

1,140mmのショートホイールベース・1,585mmのコンパクトな全長・乾燥重量59kgをセールスポイントとし、当時流行し始めていたメットインスペースすら省略するスポーツスクーターというコンセプト[1]DJ・1の実質的なフルモデルチェンジ車である。

このためセルキック併用で始動するAF18E型エンジンは内径x行程=39.0×41.4(mm)[注 3]圧縮比7.2から最高出力6.8ps/7,000rpm・最大トルク0.73kg-m/6,500rpmのスペックを発揮[1]サスペンション前輪テレスコピック/後輪ユニットスイングとし、タイヤサイズは前後80/90-10とした上でブレーキも前輪油圧式シングルディスク/後輪機械式リーディング・トレーリングとされた[1]

1990年に生産終了。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 北海道沖縄は5,000円高ならびに一部離島は除く[1]
  2. ^ 元々はA-AF18型ディオ用に開発された。
  3. ^ 本数値はスーパーカブC50用前傾80°空冷4ストロークSOHC単気筒エンジンと同一である。

出典[編集]

外部リンク[編集]