ホンダ・フリーウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フリーウェイ
Freeway
FreewayR.jpg
基本情報
排気量クラス 普通自動二輪車
車体型式 MF03
エンジン MF03E型 244cm3 4ストローク
水冷水冷4ストローク。2バルブSOHC単気筒
内径x行程 / 圧縮比 72.0mm x 60.0mm / 10.0:1
最高出力 20PS/7,000rpm
最大トルク 2.2kg-m/5,500rpm
車両重量 145kg
テンプレートを表示

フリーウェイ(FREEWAY)は、本田技研工業が製造販売したスクータータイプのオートバイ(普通自動二輪車)である。

概要[編集]

1989年6月8日に発売。型式名MF03。ヘルメットを2個収納可能なメットインスペースを史上初めてシート下へ配置した普通自動二輪車(250ccクラス)のスクーター[1]である。

全長184cmという小さな車体のシート下に容積32Lのメットインスペースを確保するために車体が新たに設計され、燃料タンクは足元下に設置し、エンジンは前傾とした新開発MF03E型を搭載、またダンパとゴムブッシュを使用したダブルリンク式ハンガーリンクとアシストダンパ(テンションロッド)を組み合わせて、エンジンマウントの防振リンクを小型化すると共に、前後とも10インチの扁平チューブレスタイヤを採用した。燃料タンクはキャブレタよりの位置より低いために、負圧式フューエルポンプを採用している。

パーキングブレーキ、オートキャンセル式ウィンカを装備している。 オプションとして、大型フロントスクリーン、グリップヒーター、大型リアキャリア等が設定されている。

数回のマイナーチェンジを実施し、約10年後の1999年10月に生産終了となった。

遍歴[編集]

  • 1989年6月8日 - 発売。車体番号MF03-1000001- (CH250K CH250K-2)
  • 1993年1月12日 - マイナーチェンジを実施。車体番号MF03-1100001- (CH250P)。
  • 1994年2月23日 - マイナーチェンジを実施。車体番号MF03-1200001- (CH250R CH250R-2)。
  • 1997年2月 - マイナーチェンジを実施。車体番号MF03-1300001- (CH250V CH250V-2)。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]