ホンダ・NSF250R

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホンダ・NSF250R
2011年仕様[1]
Honda NSF250R Tokyo Motor Show 2011.jpg
Tokyo Motor Show 2011
基本情報
車体型式 MR03
エンジン 249.3cm3 4ストローク
水冷DOHC4バルブ単気筒
内径x行程 / 圧縮比 78.0mm x 52.2mm / __
最高出力 35.5kW(48PS)/13,000rpm
最大トルク 28Nm(2.8kgf・m)/10,500rpm
車両重量 84kg
テンプレートを表示

NSF250R(エヌエスエフにひゃくごじゅうアール)は、ホンダ・レーシング(HRC)が開発し、2011年12月から販売している競技専用オートバイ4ストローク250cc単気筒エンジンを搭載したロードレーサーである。

概要[編集]

2012年ロードレース世界選手権(MotoGP)のレギュレーション変更が行われ、これまで2ストローク125ccエンジンを搭載したマシンで行われていた「GP125」クラスが廃止され、代わりに4ストローク250ccエンジンのマシンで行われる「Moto3」クラスが新設されるのに伴い、新たなレギュレーション下での出場条件を満たす車両として開発された。また全日本ロードレース選手権でも、2012年よりJ-GP3クラス(旧GP125クラス)のエンジンが4ストロークに統一されることにも対応している。

マシンは旧GP125クラスで使用されてきたRS125Rの技術をベースとしながらも各所に改良が加えられており、特に搭載エンジンは車体奥側に15°傾けて空いた前部スペースに吸気系統を搭載する方式をとっている。またスペアパーツに関しては、タイヤホイール・カウルなど多くをRS125Rと共用可能とすることで新たな費用負担を抑えている[2]

車両の希望小売価格は日本での174万9,510円(税込)[1]に対して欧州では2万3,600ユーロ(約276万円)[3]と、日本国内での販売価格が割安に設定されている。

なおホンダでは、完成車以外にエンジン単体での販売も行っており、実際Moto3クラスでは独自開発のフレームに本車のエンジンを搭載して参戦するチームも多い。

なお2013年以降Moto3クラスの一部チームが使用しているNSF250RWは、事実上のワークスマシンを投入しているKTMに対抗するため、いちから開発したワークスマシンで、名称こそNSF250Rであるがエンジン自体も1から新規で開発されており、共通パーツはほぼ皆無であるといわれている。

レース戦績[編集]

2011年[編集]

2012年からの本格投入に先立ち、2011年の全日本ロードレース選手権・第3戦[4]よりJ-GP3クラスにテスト参戦を開始し[2]、同レースで仲城英幸が3位に入りデビュー戦で表彰台に登ったほか、同マシンに乗る藤井謙汰が同年のJ-GP3クラスチャンピオンを獲得した。

2012年[編集]

MotoGPの2012年シーズンにおいて、HRC以外にMoto3用マシンの開発を表明しているのは、他にオーストリアKTM[5]スペインのBeOn[6]程度で、ヤマハスズキアプリリアといった有力メーカーに動きが見られないこともあって、前評判ではHRCが開発面で他社をリードしていると見る関係者が多かった[2]。サマーブレイクまでにFTRモト製シャーシにNSFのエンジンを搭載したマシンに乗るマーベリック・ビニャーレスの5勝を含めた7勝を挙げるものの(勝利したのは全てFTRホンダ)サマーブレイク後はKTMに押され未勝利で終わり、コンストラクターズタイトルをKTMに奪われる結果となった。


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 2011年6月8日市販ロードレースマシン「NSF250R」を発売
  2. ^ a b c 東京中日スポーツ・2011年6月9日付 19面
  3. ^ Launch of the NSF250R Commercial Road Racing Machine - ホンダ・レーシング 2011年6月8日
  4. ^ 第1戦はJSB1000クラスのみ、第2戦はST600クラスのみの開催のため、J-GP3クラスについては実質的な開幕戦となる。
  5. ^ KTM、Moto3クラスからグランプリ復帰を発表 - motogp.com・2011年6月3日
  6. ^ スペインのエンジニアたちがMoto3マシンを発表 - motogp.com・2011年6月2日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]