ホンダ・ロードフォックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロードフォックス

ロードフォックス(RoadFox)とは、本田技研工業が製造販売していた三輪のスクーター。排気量は49ccで原動機付自転車に該当する。

概要[編集]

1984年7月に発売された。三輪バギー (ATC)アメリカンスタイルにしたようなスポーティで個性的なスタイルが特徴である。13万9000円の価格は比較的安価な設定ではあったものの、販売面では顕著な成績は残せず数年で製造販売を終了した。しかしながら販売台数の少なさや特殊な形状から、現在では希少車としての扱いを受けることが多い。

日本国外では「GYRO S」の名称で販売されていた。この海外仕様は、ロードフォックスと多くの部品を共通するが、メインフレームは長さ、高さ方向にそれぞれ約10cm程度長く、シートも一回り大きい。後部のストップランプとターンランプが独立しているのも特徴である。また前方から見ると足掛けに見えるフットガードがない。ハンドルは長く、二輪車用のキルスイッチが付いている。独立したインジケーターがマイルメータの下部にあり、国外の交通法規を満たす為か少し豪華である。「GYRO S」は、販売台数も少ないうえ海外でもマニアに人気の為、逆輸入されることも稀で日本国内に存在する台数は非常に少ない。メンテナンス部品は概ね共通するが、フレームの長い分アクセルワイヤーや後輪ブレーキワイヤーは特注品で対応する必要がある。

基本的には「ジャイロ」シリーズと同様の特徴を持つ。しかし、それらが一般的なスクーターと共通したエンジン・駆動系レイアウトを基本としているのに対し、ロードフォックスはユニット最後部(車体最後部)に配置されたエンジンから、遠心クラッチ式の2段変速機構を介して右側の後輪のみを駆動させ、デファレンシャル機構を廃している。このため、やや右旋回がし難くなるものの、ユニットが軽量コンパクトになり、変速の瞬間、まるでターボが効いたような印象を受けたり、シートポジションが低いことなどもあって、非常にスポーティな感覚の走りが楽しめる。

後輪のトレッドが500mmを超えるように改造してミニカーとして登録したり、エンジンの排気量が50ccを超えるように改造して側車軽二輪(トライク)として登録するユーザーもいる。この場合、ヘルメットの着用義務はなくなるが、普通自動車免許が必要となる(大型自動二輪車普通自動二輪車原動機付自転車の各免許では無免許運転となる)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]