ホンダ・CBR400R

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホンダ・CBR > ホンダ・CBR400R

CBR400R(シービーアールよんひゃくアール)は、本田技研工業が製造販売するCBRシリーズ排気量400ccクラスのオートバイである。

概要[編集]

1986年から1988年にかけて製造販売されたNC23型、2013年より製造販売されているNC47型の2種類が存在する。本項では両車のほか、NC47型のシリーズ車種として製造されているCB400F(シービー400エフ)・400X(エックス)、NC47型のベース車となった日本国外向けのPC44型(CBR500RCB500FCB500X)についても解説を行う。

モデル一覧[編集]

NC23型[編集]

1986年7月7日発表、同月15日発売[1]。CBRシリーズ排気量別バリエーションとして、ほぼ同時期に製造販売されていたCBR250RCBR600F[注 1]CBR750CBR1000F同様のフルカウル[注 2]を装着するスーパースポーツモデルである。フロントフェンダーやフェアリングなどの形状に工夫を凝らすことで、空気抵抗を大幅に低減させることに成功した[2]

1988年に型式名は引き続きNC23型のままCBR400RRへ車名を変更。

NC47型[編集]

CBR400R
(NC47型シリーズ)
Cbr400r2014.jpg
CBR400R 2013年モデル
基本情報
排気量クラス 普通自動二輪車
メーカー 日本の旗本田技研工業
車体型式 EBL-NC47
エンジン NC47E型 399cm3 4サイクル
水冷4バルブDOHC直列2気筒
内径x行程 / 圧縮比 67.0mm x 56.6mm / 11:1
最高出力 34kW 46ps/9500rpm
最大トルク 37Nm 3.8kgfm/7500rpm
車両重量 192kg
(F-190kg)
ABS仕様は+2kg
CB400F
400X
Cb400f.jpg
CB400F 2013年モデル
400x.jpg
400X 2013年モデル
テンプレートを表示

2013年の大阪東京モーターサイクルショーに市販予定車として出品。普通自動二輪車400ccクラスを再び活性化させることをテーマにした[3]NEW FUNdamental Concept』(ニューファンダメンタルコンセプト)と呼ばれるシリーズ車種で、同年4月12日に後述するスケジュールで発売されることがアナウンスされた[4]

NC700シリーズと同様に全車種でエンジンとフレームを共用し、外装は車種ごとで差異を持たせる方式が採用された。国外向けの500シリーズと共通構造だが、エンジンは排気量の異なるNC47E型水冷4ストローク4バルブDOHC直列2気筒を搭載する。燃料供給は電子制御式燃料噴射装置(PGM-FI)を採用。バランサー付180°クランクながら低中回転域を中心に全回転域においてスムーズな出力を発揮する特性を持つ。同社の400ccクラス2気筒エンジンとしてはホークシリーズ以来となった。加速騒音規制については平成26年基準数値適合を公表。

型式名EBL-NC47。フレームはダイヤモンド型。ホイールとブレーキディスクはNCシリーズのものとは異なるが同様の構造を採用し、全車種ともABS仕様を設定。

車両部品は後述するPC44型と共通のためタイホンダマニュファクチュアリング製を中心に使用されるが、車体組立は日本の熊本製作所で行われている[5]

CBR400R[編集]

2013年4月23日発売[4]。フルカウルのスポーツタイプで前面横2灯式ヘッドライトを採用する。CBRシリーズとしては初の2気筒エンジン搭載車になる。

CB400F[編集]

2013年5月23日発売[4]。ネイキッドタイプでNC700Sと同様のコンセプトを持つ車両となっているが、ヘッドライトなどのデザインは若干異なる。他の部分はカウル装備を省略する以外は、CBR400Rと共通の車体デザインを採用する。

400X[編集]

2013年6月7日発売[4]。オンロード向けツアラータイプであるが、近年ホンダがNCシリーズやVFRシリーズでも展開する「クロスオーバーコンセプト」に基いたデザインをしており、R/Fよりも車体が大きく重心が高い。

マイナーチェンジ[編集]

2016年2月18日に400Xは同月19日より[6]、CBR400Rは同月26日より[7]エンジンを平成28年自動車排出ガス規制に対応させた2016年モデルを発売することが発売された。

両モデルとも型式名を2BL-NC47へ変更したほか、ヘッドライトをLED[6][7]。400Xはフロントカウルスクリーンを大型化[6]。CBR400Rはマフラーならびにカウルのデザインを全面的に変更した[7]

CB400Fについてはモデルチェンジは行わず[8]、生産終了が公表された[9]

2017年4月6日にCBR400が同月7日より[10]、400Xが同月17日より[11]カラーリング変更した2017年モデルを発売することを発表。さらに400XはCBR400R同様の小型異形マフラーへの変更・メインステップホルダー小型化・アンダーカバー廃止の装備見直しも実施し、車重を2kg軽量化した[11]

PC44型[編集]

2012年ミラノモーターサイクルショーで発表されたCBR500RCB500FCB500Xは、世界的な新規顧客の開拓と既存ユーザーの利便さを図った『NEW FUNdamental Concept』であることは上述のNC47型同様であるが、搭載エンジンのストロークを66.8mmに延長し排気量を471ccとした海外向け仕様車である[12]

エンジン出力は35kW/8500rpm・43Nm/7000rpmと欧州A2カテゴリー免許に適合する数値とされた。

NC47型との相違点は、製造がタイホンダマニュファクチュアリングで部品から車体組立まで行われることとクロスオーバータイプの車名がCB500Xとされたことである。

なお本シリーズも2016年に日本国内仕様同様となるヘッドライトLED化などのマイナーチェンジを実施。CBR500R[13]・CB500X[14]だけでなく、CB500Fもマイナーチェンジを行い生産が継続された[15]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 欧州・北米向け輸出専用モデル。NC23型と共通車体とされたもののフレーム素材をアルミニウムから鉄へ変更。当時の馬力自主規制上限値59psをマークするNC23E型水冷4ストローク4バルブDOHC直列4気筒エンジンをベースに排気量こそアップされたもののコストダウンのためカム駆動がギア方式からチェーンドライブにするなどの設計変更が行われた。
  2. ^ 当時の量販市販車のデザインとしては、エンジンの造形美を強調して見せることが主流であったのに対して、フェアリングに隠されエンジン本体がほぼ外から見えない状態とされた。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

本田技研工業公式HP
HONDA UK