ホンダ・CB400FOUR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホンダ・CB > ホンダ・CB400FOUR
ホンダ・CB400FOUR
[[File:
CB400FOUR NC36の画像
|300px]]
基本情報
排気量クラス 普通自動二輪車
メーカー 日本の旗本田技研工業
車体型式 NC36
エンジン NC23E型 399cm3 4ストローク
内径x行程 / 圧縮比 55.5mm x 42.0mm / 11.3:1
最高出力 53PS / 10,000rpm
最大トルク 4.1kgf・m / 7,500rpm
車両重量 210kg / 乾燥重量 192kg
テンプレートを表示

CB400FOUR(シービーよんひゃくフォア)は、本田技研工業1997年から2001年にかけて製造・販売していた400ccネイキッドタイプのオートバイである。

概要[編集]

CB400FOUR(通称:ヨンフォア)は懐古的スタイルを前面に打ち出し、クロームメッキ仕上げの前後フェンダー、4本出しマフラー、スポークホイール等が採用された(ただし、これは同名であるかつてのドリームCB400FOURではなく、ドリームCB750FOURのイメージを踏襲したものである)。しかし同時に、前後ディスクブレーキやメーター内の液晶ディスプレイなど、新しいネイキッドスポーツの方向性をも持ち合わせていた。

CB400SFの4ストローク水冷DOHC直列4気筒エンジンをベースに冷却フィンを追加、専用設計のダブルクレードルフレームに搭載。力強いトルク感を堪能できるよう低・中回転域重視のセッティングが施されており、ワイドレシオの5速ミッションが採用された。排気系はあえて集合方式とせず、各シリンダーに対してそれぞれ1本ずつ独立したエキゾーストパイプ・サイレンサーが装備され、独特の排気音を有する構造となっている。

車体色については、1997年のデビュー時には3色が用意され、このうち「キャンディオーシャングリーン」は同車種が初採用となる新色である[2]。1998年のマイナーチェンジではラインナップを一部入れ替え、「イタリアンレッド」を継続カラーとして他の2色は変更を受けた[3]

モデル一覧[編集]

  • CB400V
    • 1997年4月1日発売[1]
    • フレーム号機:NC36-1000001〜(NC36-100)
    • 車体カラー[1]
      • キャンディオーシャングリーン
      • イタリアンレッド
      • ピュアブラック
  • CB400W
    • 1998年3月6日発売[3]
    • フレーム号機:NC36-1100001〜(NC36-110)
    • 車体カラー[3]
      • キャンディフェニックスブルー
      • チタニウムメタリック
      • イタリアンレッド

脚注[編集]

  1. ^ a b c Honda二輪製品ニュース - 1997年3月27日 - 4本マフラーを装備した懐古的なフォルムのネイキッド・ロードスポーツバイク「ホンダ CB400 Four」を発売
  2. ^ CB400FOUR ファクトブック - カラーリング
  3. ^ a b c Honda二輪製品ニュース - 1998年2月26日 - 4本マフラーを装備したネイキッド・ロードスポーツバイク「ホンダ CB400 Four」のカラーリングを変更し発売

関連項目[編集]

外部リンク[編集]