ホンダ・CB400FOUR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホンダ・CB > ホンダ・CB400FOUR

CB400FOUR(シービーよんひゃくフォア)は、本田技研工業がかつて製造販売したオートバイである。

概要[編集]

ホンダ・CB400FOUR
CB400FOUR NC36.JPG
基本情報
排気量クラス 普通自動二輪車
メーカー 日本の旗本田技研工業
車体型式 NC36
エンジン NC23E型 399cm3 4ストローク
内径x行程 / 圧縮比 55.5mm x 42.0mm / 11.3:1
最高出力 53ps/10,000rpm
最大トルク 4.1kg・m/7,500rpm
車両重量 210kg / 乾燥重量 192kg
テンプレートを表示

型式名NC36[1]。本田技研工業が1997年 - 2001年に製造販売したCBシリーズ排気量400㏄クラス(普通自動二輪車)のロードスポーツモデルである。

同時期に製造販売されていたNC31型CB400スーパーフォアと一部コンポーネンツを共有する姉妹車であるが、本モデルは『ノスタルジックでありながらも新鮮さを感じる新しい時代のロードスポーツモデルはどうあるべきか』を追求し[1]1969年に発売された同社のフラグシップモデルドリームCB750FOURのスピリットを現代に受け継いだスタイリングを目指した新・ネイキッドスポーツコンセプトとして開発された[2]

車両解説[編集]

車体はダブルクレードル型フレームに全長x全幅x全高:2,130x780x1,090(mm)としたネイキッドタイプで車重は乾燥192㎏/装備210㎏であるが[1]、上述したようにドリームCB750FOURのスタイルを目指したことから、クロームメッキ仕上げの前後フェンダー・4本出しマフラー・スポークホイールなどを装着するが[2]、2眼式のスピードタコ両メーターは電気式とするほか、液晶式オド/トリップ・セグメント表示燃料計・H4ハロゲンヘッドランプ・アジャスト機構付ブレーキレバーなど1990年代後半当時の標準的装備を持つ[3]

搭載される内径x行程:55.5x42.0(mm)・排気量399㏄のNC23E型水冷4ストローク4バルブDOHC並列4気筒エンジンは、NC23型CBR400RRからのキャリーオーバーで、NC31型CB400スーパーフォアにも搭載されるが、本モデルに合わせたチューニングを行い以下に示す相違点がある[4][1][5]

  • キャブレターをVP22型4基からVE55型4基へ変更
  • 低中速トルク向上を図り吸入管長を244→271(mm)へ延長
  • エキゾーストマニホールドはインナーパイプ径を細径化するとともに横穴を設けてアウターパイプとの空間をレゾネーターとして利用しトルク向上

このため最高出力は当時の自主規制最高値となる53psであるが、発生回転数はNC31型用の11.000rpmから10,000rpmに下げられるとともに最大トルクはNC31型用の3.7kg-m/10,000rpmから4.1kg-m/7,500rpmと約10%アップしたほか、常時噛合式マニュアルトランスミッションもNC31型の6段[注 1]から5段[注 2]へ変更された。なお1次/2次減速比:2.171/2.800のほか、圧縮比11.3・セルフ式始動・フルトランジスタバッテリー式点火装置潤滑油容量3.6L・湿式多板コイルスプリング式クラッチは共通であるほか[4][1]空冷エンジンを意識した冷却フィンを装備する[5]

サスペンションは、フロントが41mm径テレスコピック、リヤが角パイプと鍛造エンドピースを組み合わせたスイングアームとしたが、タイヤサイズを110/80-18(前)・140/70-17(後)バイアスとしたことから、キャスター角は前輪17インチを装着するNC31型の27°15′から26°00′へ、トレール量も109mmから100mmへ起こしぎみのセッティングに変更した[6]。さらにアップライトなライディングポジションを目指したことからハンドル位置がNC31型から26mm手前・25mm上方に変更[7]。またスポーク数前後とも48本のホイールはリム幅を3インチ(前)・4インチ(後)とした上でアルミニウム製とした[6]。このほか、ホイールベース1.460mm・最低地上高135mm・シート高790mmに設定された[1]

ブレーキは前後ともディスクであるが、前輪がローター径296mmのフローティングダブル、後輪が240mm径のシングルである[6]

なお本モデルは姉妹車のNC31型CB400スーパーフォアがNC39型へモデルチェンジされた1999年以降も製造販売が継続され、平成11年自動車排出ガス規制により2001年に生産終了となった。

遍歴[編集]

1997年3月27日発表 同年4月1日発売[1]

日本国内年間販売目標8,000台 消費税抜希望小売価格579,000円[注 3]地上高とし以下の車体色を設定

  •     キャンディオーシャングリーン
  •     イタリアンレッド
  •     ピュアブラック
1998年2月26日発表 同年3月6日発売[8]

日本国内年間販売目標を4,000台 車体色を以下へ変更

  •     キャンディフェニックスブルー
  •     チタニウムメタリック
  •     イタリアンレッド
2001年8月31日

平成11年自動車排出ガス規制により継続生産生産車の期限日となる同日で生産終了

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1速:3.307 - 2速:2.294 - 3速:1.750 - 4速:1.428 - 5速:1.240 - 6速:1.130[4]
  2. ^ 1速:3.307 - 2速:2.055 - 3速:1.500 - 4速:1.250 - 5速:1.130[1]
  3. ^ 北海道は17,000円高、沖縄は9,000円高、また一部離島を除く[1]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

本田技研工業公式HP
バイク関連HP