ホンダ・NS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

NS(エヌエス)とは、本田技研工業がかつて製造発売したオートバイのシリーズ商標である。

概要[編集]

1980年代半ばから製造された水冷2ストロークエンジンを搭載するロードスポーツのシリーズ商標で排気量別に50㏄・125㏄・250㏄・400㏄クラスモデルが製造販売されていたが、自動車排出ガス規制の影響により1999年にNS-1を最後に現在すべて終了した。

排気量別モデル解説[編集]

いずれのモデルも上述した水冷2ストロークエンジンのほか、共通事項として6速マニュアルトランスミッションを搭載。さらにサスペンション前輪がテレスコピック、後輪がプロリンク式スイングアームとしており、フレームは50㏄モデルがセミダブルクレードル型となるほかは、ダブルクレードル型を採用する。

50㏄クラスモデル[編集]

排気量49㏄の原動機付自転車に分類されるモデルで以下の3モデルが設定された。詳細についてはそれぞれのリンク先を参照のこと。

NS125R[編集]

型式名TC01[注 1]イタリア現地法人のホンダ・イタリア・インダストリアーレHONDA ITALIA INDUSTRIALE S.P.A.)が製造し、ヨーロッパ内のみで販売されていたモデルで、1987年7月1日から500台限定で日本国内向け仕様を正規輸入し販売することを同年5月11日に発表[1]

単気筒エンジンシリンダーは優れた耐摩耗性をもつジラルドーニ製としたほか、フレームはベルリッキ、キャブレターはデロルト、マフラーはソルファー、キャストホイールはグリメカ、タイヤピレリ、リヤショックアブソーバーはマルゾッキとすべてイタリアメーカーによるものとされた[1]

NS250R/F[編集]

1984年4月25日発表、同年5月25日発売[2]。フルカウルを装着するレーサーレプリカタイプとしたのがNS250RネイキッドとしたのがNS250Fで型式名は共にMC11。

HRC製レーシングマシンRS250Rと同時開発され、搭載される排気量248㏄のMC11E型90°バンクV型2気筒エンジンはクランクケースならびに内径x行程が同一であるほか、以下の基本設計を共用する[3]

  • NSシリンダー - ポートタイミングのみ変更
  • マニュアルトランスミッション - ギア比変更
  • キャブレター・リードバルブ - 口径のみダウン
  • フレーム - 角型断面構造ならびに骨格のみ共用

このほか、NS500用に低中速域でのトルクアップを目的に開発された排気管容量可変システムATAC[注 2]や急ブレーキ時のフロントフォーク減衰力調整機構 TRAC[注 3]などを装備する[2]

またFはRから単純にカウルを除去し価格を10万円ほど下げたモデルではなく、以下に示す装備品の相違がある[2]

  • フレーム - R:アルミニウム製 F:スチール
  • ホイール - R:NSコムスター F:ブーメランコムスター
  • キャブレター型式 - R:TA06 F:TA07
  • ダブルホーン・リヤフャークスタビライザー - Fのみ装着

1986年1月21日には、1985年度ロードレース世界選手権フレディ・スペンサーの500cc・250cc両クラス制覇を記念したレプリカのロスマンズカラーモデルを同月22日から4,000台限定で発売することが発表された[5]

NS400R[編集]

1985年4月19日発表、同年5月10日発売[6]。型式名NC19。

市販直前に諸事情から販売中止となったMVX400Fをベースにするが[7]、全面的に設計を見直した上で1983 - 1984年度に2年連続ロードレース世界選手権500㏄クラスメーカーチャンピオンを獲得したレーシングマシンNS500に用いられた最新技術の数々を投入して開発されたモデルである[6]

排気量387㏄のNC19E型90°バンクV型3気筒エンジンは前バンク2気筒・後バンク1気筒配置とし[注 4]、前バンクシリンダーのみにATACを装備する。

車体色はHRCワークスカラーともいえるトリコロールのほか、ロスマンズカラーは発売時に設定されたものと1985年度ロードレース世界選手権500cc・250cc両クラス制覇記念モデルの2種類が存在する。


諸元[編集]

※本項では125・250・400モデルについて記載する。
車名 NS125R[1] NS250F[2] NS250R[2] NS400R[6]
型式 TC01 MC11 NC19
全長(m) 2.000 2.005 2.025
全幅(m) 0.720
全高(m) 1.140 1.040 1.125
最低地上高(m) 0.160 0.145 0.135
ホイールベース(m) 1.350 1.375 1.385
シート高(m) 0.780
車両重量(kg) 130.5 161 183
最低回転半径(m) 2.6 2.8 2.9
50㎞/h定地走行燃費 43.0km/L 36.0㎞/L  
60㎞/h定地走行燃費   27.0㎞/L
原動機型式名 TC01E MC11E NC19E
冷却・行程 水冷2ストロークピストンリードバルブ
シリンダー配置 単気筒 90°バンクV型2気筒 90°バンクV型3気筒
総排気量 124㏄ 248cc 387㏄
内径x行程(mm) 56.0x50.6 57.0x50.6
圧縮比 6.5 7.0 6.7
キャブレター デロルト製 TA07 TA06 TA09
最高出力 22ps/10,500rpm 45ps/9,500rpm 59ps/8,500rpm[注 5]
最大トルク 1.7kg-m
/8,500rpm
3.6kg-m
/8,500rpm
5.1kg-m
/8,000rpm
始動方式 キックスターター
点火装置 CDI CDI式マグネット
潤滑方式 強制ウエットサンプ 分離潤滑
潤滑油容量 1.2L 1.7L 2.0L
燃料タンク容量 14.5 19.0L
クラッチ 湿式多板
変速方式 左足動式リターン
変速機 常時噛合6段
1速 2.833 2.800 2.500
2速 1.764 1.800 1.714
3速 1.300 1.375 1.333
4速 1.090 1.153 1.111
5速 0.958 1.000 0.965
6速 0.864 0.900 0.866
1次減速比 3.722 2.481
2次減速比 2.692 2.800 2.500
フレーム形式 ダブルグレードル
フロントサスペンション テレスコピック テレスコピック(円筒空気バネ併用)
リヤサスペンション プロリンク式スイングアーム
キャスター 26°30′ 27°15′ 27°05′
トレール(mm) 87.0 100.0
タイヤ(前) 3.25-16R 100/90-16 54S 100/90-16 54H
タイヤ(後) 3.50-18R 110/90-17 60S 110/90-17 60H
前輪ブレーキ 油圧式ダブルディスク
後輪ブレーキ 機械式ドラム 油圧式シングルディスク
標準現金価格 379,000円 429.000円 539,000円 629,000円

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 本田技研工業本来の型式分類では、125㏄クラスのロードスポーツモデルはJCとなるが、本モデルのプレスリリースにはTCと記載[1]
  2. ^ Auto controlled Torque Amplification Chamber(オートコントロールド・トルク・アンプリフィケーション・チャンバー)の略[4]
  3. ^ Torque Reactive Anti-dive Control(トルク・リアクティブ・アンチダイブ・コントロール) の略。
  4. ^ このレイアウトはMVX250F・MVX400Fと同様であるが[7]、搭載方式がラバーマウントへ変更された[8]
  5. ^ 日本国内では自動車馬力規制のため当時の上限であった59psに設定されたが、海外向け輸出仕様は72ps/9,500rpmである。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

本田技研工業公式HP
BBB The History