ホンダ・エルシノア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エルシノア MT250

エルシノアElsinore)は、本田技研工業がかつて製造販売したオートバイのシリーズ商標である。

概要[編集]

CLSLシリーズに続くデュアルパーパスモデルで、本シリーズは本田技研工業初の本格的2ストロークエンジン[注 1]を搭載するモデルに附与されたペットネームで、アメリカ合衆国カリフォルニア州で毎年初夏に行なわれるクロスカントリーレース「エルシノア・グランプリ」に由来する。

シリーズ内でモトクロス競技専用モデルとそれをベースに保安部品を装着した公道走行可能モデルが存在した。

競技専用モデル[編集]

エルシノア CR250M

1972年9月26日に発表発売された250ccクラス用モトクロッサー[1]。同年のモトクロス全日本選手権シリーズに投入されていたワークスマシンRC250Mを母体にした量産型競技専用モデルである。

数度のマイナーチェンジを実施して1977年11月26日にエルシノア CR250M IIにモデルチェンジを実施。しかし1978年11月1日のモデルチェンジでエルシノアのペットネームが消滅。

エルシノア CR125M

1973年1月29日に同年3月から発売されることが発表された125ccクラス用モトクロッサー[2]1976年1月17日のマイナーチェンジでエルシノア CR125M IIに変更。上述の250ccモデル同様に1978年11月1日のモデルチェンジでエルシノアのペットネームが消滅。

ホンダ・CRも参照のこと。

公道走行可能モデル[編集]

エルシノア MT250・エルシノア MT125

1973年5月9日発表、同月10日に250cc(普通自動二輪車)クラス・125cc(小型自動二輪車)クラス同時発売された[3]エルシノア250・エルシノア125とも呼ばれる。

空冷2ストローク6ポートピストンバルブ単気筒エンジンは、日常の使い勝手を考えたチューニングや潤滑方式の混合から分離への変更がされているが、基本設計は共通でその他多くの部品でもキャリーオーバである。

デュアルパーパスモデルとして公道走行用保安部品を装着するが、モトクロスレースへの参加も考慮し取り外し・再装着が簡単にできる構造としたほか、上述のCRシリーズ車と共通オプションも設定された。

なお、イメージキャラクターにはスティーブ・マックイーンが起用された[注 2]

遍歴[編集]

海外輸出も実施されたが、発売直後に第1次オイルショックが発生。またホンダ初の本格的2ストロークエンジンであったことから、トラブルも多く販売不振に陥り1975年に後継モデルとして4ストロークエンジンを搭載するXL250・XL125へモデルチェンジされ生産中止となった。

なおMTの車名は1979年MT50で復活し、後にMTXシリーズへ発展した。

諸元[編集]

車名 CR125M MT125 CR250M MT250
タイプ 競技 公道 競技 公道
モデルイヤー 1973 1972 1973
全長x全幅x全高(m) 2.040x0.890x1.090 2.050x0.830x1.100 2.125x0.855x1.130 2.160x0.890x1.130
ホイールベース(m) 1.360 1.435 1.440
乾燥重量(kg) 81 96 118
定地走行燃費   55km/L(50㎞/h)   40km/L(50㎞/h)
エンジン型式 空冷2ストローク6ポートピストンバルブ単気筒
総排気量 123cc 248cc
内径x行程(mm) 56.0x50.0 70.0x64.4
圧縮比 7.6 7.0 7.2 6.6
最高出力 22ps/9,500rpm 13ps/7,000rpm 33ps/7,500rpm 23ps/6,500rpm
最大トルク 1.7kg-m/9,250rpm 1.4kg-m/6,500rpm 3.2kg-m/6,500rpm 2.6kg-m/5,500rpm
キャブレター PW28 PW24 PW34 PW28
点火方式 CDI マグネト
始動方式 プライマリーキック
潤滑方式 混合 分離 混合 分離
潤滑油容量(L)   1.5   1.3
燃料タンク容量(L) 6 6.5 7 8.5
クラッチ 湿式多板コイルスプリング
変速方式 左足動式リターン
変速機 常時噛合6段 常時噛合5段
1速 4.000 2.357 2.056 2.235
2速 2.133 1.611 1.571 1.571
3速 1.611 1.238 1.250 1.160
4速 1.300 1.000 1.037 0.896
5速 0.958 0.808 0.862 0.718
6速 0.880  
フレーム形式 セミダブルグレードル
サスペンション テレスコッピック()/スイングアーム(
キャスター 59.5° 59.0° 59.5°
トレール 140.0mm 145.0mm 143.0mm
タイヤ(前) 2.75-21 3.00-21
タイヤ(後) 3.50-18 4.00-18
ブレーキ(前) ワイヤ式リーディングトレーリング
ブレーキ(後) 機械式リーディングトレーリング
標準現金価格 \200.000 \155,000 \300,000 \208,000

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1947年発売のA型から1949年発売のC型までの会社黎明期に小排気量で2ストロークエンジン製造の実績がある。
  2. ^ スティーブはモータースポーツが趣味であり、モトクロスにも参加するほど。テレビCMでは彼自身がCR250Mを運転した[4]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]