ホンダ・CBR600RR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
CBR600RR(PC37)2006年型欧州仕様
Yoshimura R&D of America製排気管を装着したCBR600RR(PC40)

CBR600RR(シービーアール600アールアール)は、本田技研工業が2003年から製造販売している自動二輪車である[1]

概要[編集]

4ストローク600ccの量産車によるスーパースポーツ・ワールド・シリーズ(: Supersport World Series)が 、1999年にスーパースポーツ世界選手権: Supersport World Series)として国際モーターサイクリズム連盟: Fédération Internationale de Motocyclisme・FIM)に公認されると、ホモロゲーションを目的とした量産車が現れるようになった[2]。本田技研工業も、ツアラーとして開発したCBR600F4i(PC35)では競争力が維持できず、よりサーキット走行に主眼を置いたCBR600RRを販売するに至った[3][4]

CBR600RR
PC37
2006HondaCBR600RR-profile.png
CBR600RR(PC37)欧州仕様
基本情報
エンジン PC37E[5]型 599 cm3 4ストローク
水冷DOHC4バルブ直列4気筒
内径×行程 / 圧縮比 67.0 mm × 42.5 mm / 12.1:1
最高出力 86 kW / 13,000 rpm
最大トルク 66 Nm / 11,000rpm
乾燥重量 170 kg
車両重量 198 kg
各諸元の出典
註記なき場合は、欧州仕様2003年型についてのHonda Motor Europe (North)のウェブ・ページの記事より引用[10]
テンプレートを表示

PC37[編集]

本田技研工業の欧州現地法人であるホンダ・ヨーロッパ・モーターサイクル(: Honda Europe Motorcycle)は2002年9月12日に、新型車CBR600RR(2003年型)を翌2003年に欧州市場で発売すると発表し[1]、同月18日からミュンヘンで開かれたインターモト2002(: INTERMOT 2002)で展示した[11]。機種記号はPC37。中空ファイン・ダイキャスト構造の高剛性ハイブリッド・アルミニウム・シャーシやユニット・プロリンク・リア・サスペンション・システムなど、競技専用車(レーサー)RC211Vのために開発された機構を採用し、旋回性能を向上させたとしている[1]

2004年9月13日にホンダ・ヨーロッパ・モーターサイクルは、一部改良を施した2005年型を、9月14日から開催されるインターモト2004に展示すると発表した[12]。フレームの軽量化や、倒立フロント・フォーク、ラジアルマウント・フロント・ブレーキ・キャリパーを採用するなどサスペンションの改良により、運動性能の向上とハンドリング操作の安定性をさらに高めたとしている[13]

スーパースポーツ世界選手権では、PC37が参戦した2003年から2006年までの全ての年で、ライダーとマニュファクチャラーの選手権2部門を獲得している[14]

米国[編集]

本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダ・モーター(: American Honda Motor・AHM)は、AMAスーパースポーツ選手権英語版: AMA Supersport[注 2]に、2003年からPC37で参戦している[17][18]

リコール[編集]

  • 全米幹線道路交通安全局英語版: National Highway Traffic Safety Administration・NHTSA[注 3]は、本田技研工業の代理人アメリカン・ホンダ・モーターが、2004年8月4日にリコールの届け出を行なったと発表した[20]。対象となるのはCBR600RR(型式:JH2PC37)で、不具合が発生した部位は制動装置[20]。後輪ブレーキのマスター・シリンダーとブレーキ・ペダルを継ぐリンケージが腐食し、最悪の場合、破損しブレーキ操作ができなくなるおそれがある[20]。対策として全車両、ロッド・エンドと関連部品を対策品と交換する[20]。対象となる車台番号はJH2PC37*3M000001からJH2PC37*3M011505及びJH2PC37*4M100001からJH2PC37*4M108890、該当する車両が製作された期間は2002年9月26日から2004年4月16日で、対象台数は22,000台となる[20]
  • 全米幹線道路交通安全局は、本田技研工業の代理人アメリカン・ホンダ・モーターが、2006年7月25日にリコールの届け出を行なったと発表した[21]。対象となるのは2006年型CBR600RR(型式:JH2PC37)で、不具合は付属の取扱説明書[21]。全米幹線道路交通安全局車輌安全ホットラインに関する誤った連絡先情報が記載されている[21]。そのため、そのまま使用を続けると、全米幹線道路交通安全局車輌安全ホットラインに連絡できないおそれがある[21]。対策として全車両、取扱説明書の正誤表を、販売店と所有者に郵便葉書で送付する[21]

英国[編集]

リコール[編集]

  • 運転者・車両基準庁英語版: Driver and Vehicle Standards AgencyDVSA[注 4]は、HONDA MOTORCYCLESが2004年8月16日にリコールの届け出を行なったと発表した[23][24]。対象となるのは2003年型及び2004年型で、不具合が発生した部位は制動装置[23][24]。後輪ブレーキのマスター・シリンダーとブレーキ・ペダルを継ぐコネクティング・ロッドの材質が不適切なため、腐食し固着するおそれがある[23][24]。固着した状態でブレーキ・ペダルに強い力が働くと、コネクティング・ロッドが破損し、ブレーキ操作ができなくなるおそれがある[23][24]。対策として全車両、コネクティング・ロッドを対策品と交換する[23][24]。対象台数は4,197台となる[23][24]

カナダ[編集]

リコール[編集]

  • カナダ運輸省: Transport Canada[注 5]は、本田技研工業が2004年8月10日にリコールの届け出を行なったと発表した[26]。対象となるのは2003年型及び2004年型で、不具合が発生した部位は制動装置[26]。後輪ブレーキのマスター・シリンダーとブレーキ・ペダルを継ぐリンケージの一部であるロッド・エンドが腐食し、最悪の場合、破損しブレーキ操作ができなくなるおそれがある[26]。対策として全車両、ロッド・エンドと関連部品を対策品と交換する[26]。対象台数は2,395台となる[26]

日本[編集]

日本市場では2003年(平成15年)7月4日に発売された[27]。欧州仕様では117psだった最高出力を「自主規制」により69psとしている[28]。税別890,000円[27]。同年11月に塗色の追加が行われている[29]。2005年(平成17年)1月には、2005年型欧州仕様車と同様の一部改良を行った[30]。税別920,000円[30]。同年11月にも塗色が変更され、“Team Movistar Honda MotoGP”カラーを採用した限定車「CBR600RR・Special Edition」が追加された[31]

全日本ロードレース選手権では、PC37が参戦した2003年から2006年までの全ての年でライダー部門の選手権を獲得している[32]

レース・ベース車[編集]

本田技研工業はCBR600RRレース・ベース車(サーキット走行専用車)を、日本市場で量産車に先駆けて2003年(平成15年)3月25日に発売した[33]。欧州仕様車から灯火器類を取り外し、前・後サスペンションスプリング、ECU(電子制御ユニット)、前・後タイヤなどを変更している[34]。鈴鹿4時間耐久ロードレースでは表彰台を独占、もてぎオープン7時間耐久ロードレースで優勝、全日本ロードレース選手権ST600クラスにおいても全戦優勝を果たす[34]。同年12月19日には、クイッククラッチアジャスター、ECUの点火時期、イリジュームレーシングプラグの仕様変更など一部改良がなされた[34]。欧州仕様車の2005年型への一部改良に合わせ、2005年(平成7年)にレース・ベース車も同様の改良が施された[35]。2006年1月にも、2006年型欧州仕様車をベースに、点火タイミングを変更するなどし発売された[36]

リコール[編集]

  • 国土交通省は、本田技研工業が2004年(平成16年)8月5日にリコールの届け出を行なったと発表した[37]。対象となるのはCBR600RR(型式:BC-PC37)で、不具合が発生した部位は制動装置(後輪ブレーキマスターシリンダー)[37]。後輪ブレーキのマスターシリンダーとブレーキペダルを継ぐピロボールジョイントホルダーの材質が不適切なため、凍結防止剤等を含んだ水で被水すると当該ジョイントホルダーのアルミ材が腐食し、内部のピロボールの動きが渋くなるものがある[37]。そのため、そのまま使用を続けると、ジョイントホルダーとピロボールが固着してブレーキペダルを操作できなくなるおそれがある[37]。または、ジョイントホルダーとピロボールが固着した状態でブレーキペダルに強い力が働くと、ジョイントホルダーが破損し、ブレーキ操作ができなくなるおそれがある[37]。対策として全車両、ピロボールジョイント一式を対策品と交換する[37]。不具合は海外からの情報により発見され、不具合の報告件数はなく、不具合を起因とする事故は発生していないとしている[37]。対象となる車台番号はPC37-1000001からPC37-1000987及びPC37-1100001からPC37-1100982[38]、該当する車両が製作された期間は2003年(平成15年)6月23日から2004年(平成16年)7月20日で、対象台数は1,926台となる[37]

オーストラリア[編集]

リコール[編集]

  • インフラ・運輸・地方開発・通信省英語版: The Department of Infrastructure, Transport, Regional Development and Communications・DITRDC[注 6]は、ホンダ・オーストラリア(: Honda Australia Motorcycle & Power Equipment)が2004年8月10日にリコールの届け出を行なったと発表した[40]。不具合が発生した部位は制動装置[40]。後輪ブレーキのマスター・シリンダー・コネクティング・ロッド・エンド・ベアリングの材質が不適切なため腐食する[40]。対策として全車両、対策品と交換する[40]。対象台数は1,158台となる[40]
CBR600RR
PC40
2008 Honda CBR600RR Konica Minolta Special Edition.jpg
CBR600RR(PC40)2008年型日本仕様スペシャルエディション
基本情報
エンジン PC40E型 4ストローク
水冷DOHC4バルブ直列4気筒
内径×行程 / 圧縮比 67.0 mm × 42.5 mm / 12.2:1
最高出力 89 kW 121 PS / 14,000 rpm
最大トルク 64 Nm 6.5 kgf・m / 11,500rpm
車両重量 194 kg
各諸元の出典
註記なき場合は、日本仕様2021年(令和3年)型についてのプレスインフォメーション(FACT BOOK)の記事[32]より引用
テンプレートを表示

PC40[編集]

2006年10月に開催されたインターモト2006で、全面改良が発表された[44]。機種記号はPC40。この2007年型は、エンジンをコンパクト化するとともに、新形状の軽量アルミ・ダイキャスト・フレームを採用。また、カウル・デザインを変更するなど細部にわたり軽量化を図ることにより、車体全体で約8kgの軽量化(従来モデル比)を実現[44]。さらに、ホイールベースを短縮するなど、車体をよりコンパクトにすることで高い走行性能を実現したとされる[44]。生産は日本の浜松製作所で行い、2006年12月より欧州各国で順次販売が開始された[44]。2008年には一部改良した2009年型が発表され、電子制御式「コンバインドABS」を搭載した[45]。コンバインド・ブレーキ・システム(前・後輪連動ブレーキシステム)とABS(アンチ・ロック・ブレーキシステム)の双方を電子制御することで、より緻密なコントロールを可能だとしている[45]。2012年にも、2013年型となるカウルの形状他を変更する一部改良が行われた[46]。2016年末までにEU圏内統一排出ガス規制英語版のEURO4に対応せず、欧州をはじめ多くの地域で販売ができなくなったが、米国では販売が継続されている[47]

2020年8月には、EURO4相当に対応した2021年型を発表した[42][48]。近年のアジア・ロード・レース選手権英語版: FIM Asia Road Racing Championship・ARRC)での劣勢を踏まえ、レースで勝つことを目標に開発された[41]。パワーユニットは、カムシャフトやクランクシャフトなどの材質変更による最高出力発生回転数の高回転化を図ったほか、インレットポートの形状変更やスロットルボア径の拡大、エキゾーストパイプ各部サイズの最適化と併せて、バルブタイミングの変更を図るなど吸排気効率を向上させ、89kWの最高出力を達成[42]。また、ファンライディングをサポートする最新の電子制御技術を採用[42]。スロットルグリップ操作に対してより緻密なスロットルバルブの制御を行う「スロットルバイワイヤシステム(TBW)」により、走行状況やライダーの好みに合わせて走行フィーリングを任意に選択できる「ライディングモード」を搭載した[42]。スタイリングは、サーキットでの運動性能を追求した空力性能と機能美を併せ持つ外観とし、前面ならびに側面投影面積の最適化とクラス最小のCD値により、防風性能の向上と俊敏なハンドリングの実現に寄与[42]。また、効果的にダウンフォースを発生させるウイングレットを左右のフロントカウル前方側面に配し、コーナーへの進入時や加速旋回における安定感をより高めたとしている[42]。EURO5に対応していないため欧州では販売されず[49] 、日本、オーストラリア及び東南アジアなどで販売される[注 8]。なお、この一部改良は米国仕様車には適用されない[49]

スーパースポーツ世界選手権では、PC40が参戦した2007年から、ライダー部門の選手権を4回、マニュファクチャラー部門の選手権を6回獲得しているが、2014年にライダーとマニュファクチャラーの選手権2部門を獲得したのを最後に、選手権を獲得できていない[14]。アジアロードレース選手権では、2012年からライダー部門の選手権を5連覇するも、2016年を最後に選手権を獲得できていない[32]

カナダ[編集]

リコール[編集]

  • カナダ運輸省は、本田技研工業が2015年7月2日にリコールの届け出を行なったと発表した[56]。対象となるのは2014年型及び2015年型で、不具合が発生した部位は始動装置(スターター・リレー・スイッチ)[56]。エンジンの始動装置において、スターター・リレー・スイッチの防水用シール剤の充填が不適切なため、使用過程で接触抵抗が増加し導通不良となり、ストールして再始動できない、または、火災に至るおそれがある[56]。対策として全車両、スターター・リレー・スイッチを点検し、必要に応じて良品に交換する[56]

日本[編集]

2007年(平成19年)5月24日に全面改良された2007年型を発売した[57]。欧州仕様で118psとなった最高出力を「自主規制」により69psとしている。税別1,025,000円[57]。同年11月10日には塗色が変更され、“KONICA MINOLTA Honda”カラーを採用した限定車「CBR600RR・スペシャルエディション」が追加された[58]。2009年(平成21年)2月19日に一部改良された2009年型が発売され、最高出力は78psとなった[59]。税別1,046,000円[59]。2009年(平成21年)4月10日から「個性的なグラフィック」を採用した限定車「CBR600RR・スペシャルエディション」も発売された[60]。2009年(平成21年)12月、2010年(平成22年)12月そして2011年(平成22年)12月にも塗色の変更が行われた[61][62][63]。2013年(平成15年)3月22日に一部改良した2013年型が発売された[64]。また“Repsol Honda Team”カラーを採用した限定車「CBR600RR Special Edition」が同時発売された[64]。税別1,098,300円から[64]。2009年型は、自動車技術会の日本の自動車技術330選に選ばれている[65]。二輪車の平成28年排出ガス規制に対応せず、2016年(平成28年)に販売が終了したが[66]、2021年型で対応し、2020年(令和2年)9月25日から発売した[42]。最高出力はEURO3対応の欧州仕様車から2ps増の121psとなった[67]。税別1,460,000円[42]。平成28年排出ガス規制適合車は、2022年(令和4年)11月まで生産可能である[67]

全日本ロードレース選手権では、2007年から2021年までの15シーズンで、ライダー部門の選手権を10回獲得している[32][68]

レース・ベース車[編集]

全面改良された2007年型欧州仕様車をベースとしたCBR600RRレース・ベース車を2007年(平成19年)2月21日に発売した[69]。2009年(平成21年)1月にフロント・ブレーキ・ディスクをレース・ベース車専用設計とすることで50gの軽量化、2010年(平成22年)1月に前輪のブレーキ・キャリパーをレース専用品に変更、2013年(平成25年)2月には2013年型欧州仕様車をベースとした変更が施され発売された[70][71][72][73]。この2013年型欧州仕様車をベースとしたモデルは、2014年(平成26年)2月、2016年(平成28年)12月、2017年(平成29年)12月及び2018年(平成30年)10月にも再販売された[74][75][76][77]。2021年1月には、2021年型をベースとしたモデルを発売した[78]

リコール[編集]

  • 国土交通省は、本田技研工業が2015年(平成27年)6月25日にリコールの届け出を行なったと発表した[79]。対象となるのはCBR600RR(型式:EBL-PC40)で、不具合が発生した部位は始動装置(スターターマグネチックスイッチ)[79]。エンジンの始動装置において、スターターマグネチックスイッチの防水用シール剤の充填が不適切なため、シール剤がスターターマグネチックスイッチのヒューズを組付ける端子内部に浸入するものがある[79]。そのため、使用過程で端子内部に浸入したシール剤が軟化してヒューズ端子の接圧が低下し、接触抵抗が増加して発熱し、そのままの状態で使用を続けると、ヒューズ組付部が溶損して導通不良となり、エンストして再始動できない、または、スターターマグネチックスイッチの回路が短絡して火災に至るおそれがある[79]。対策として全車両、スターターマグネチックスイッチを点検し、良品に交換する[79]。また、ヒューズカプラーを点検し、溶損している場合は、ワイヤーハーネスを新品に交換する[79]。対象となる車台番号はPC40-1600469からPC40-1600678、該当する車両が製作された期間は2013年(平成25年)11月6日から2015年(平成27年)5月27日で、対象台数は210台となる[79]
  • 国土交通省は、本田技研工業が2021年(令和3年)4月1日にリコールの届け出を行なったと発表した[80]。対象となるのはCBR600RR(型式:2BL-PC40)で、不具合が発生した部位は前照灯(ヘッドライトリレーカバー)[80]。走行用前照灯において、ヘッドライトリレーに取付けているカバーの防水構造が不適切なため、雨天時の走行などにより、リレー端子部に水が浸入することがある[80]。そのため、ヘッドライトドライバが走行用前照灯に切り替えられたと誤検知し、走行用前照灯が点灯した際に、表示灯が点灯しないおそれがある[80]。対策として全車両、ヘッドライトリレーカバーを対策品と交換する[80]。不具合は市場からの情報により発見され、不具合の報告件数は1件。不具合を起因とする事故は発生していないとしている[81]。対象となる車台番号はPC40-1700028からPC40-1700764、該当する車両が製作された期間は2020年(令和2年)8月27日から2021年(令和3年)1月7日で、対象台数は734台となる[80]

外部リンク[編集]

脚註[編集]

[脚注の使い方]

註釈[編集]

  1. ^ ITO, Hiroyukiは、CBR600RR(PC37)のラージプロジェクトリーダー(開発責任者・LPL)[8]
  2. ^ ヤマハ発動機と川崎重工業は、AMA SupersportをAMAスーパースポーツ選手権と邦訳している[15][16]
  3. ^ 日本国厚生労働省は、National Highway Traffic Safety Administrationを全米幹線道路交通安全局と邦訳している[19]
  4. ^ 日本国内閣府警察庁は、Driver and Vehicle Standards Agencyを運転者・車両基準庁と邦訳している[22]
  5. ^ 日本国外務省は、Transport Canadaをカナダ運輸省と邦訳している[25]
  6. ^ 日本国総務省は、The Department of Infrastructure, Transport, Regional Development and Communicationsをインフラ・運輸・地方開発・通信省と邦訳している[39]
  7. ^ 石川譲は、二輪事業部本部ものづくりセンター完成車開発部完成車統括課長で、CBR600RR(PC40)のラージプロジェクトリーダー(開発責任者・LPL)[41]
  8. ^ 2021年型は、日本[42]のほか、湾岸協力理事会: Cooperation Council for the Arab States of the Gulf・GCC)諸国[50] 、インドネシア[51]、マレーシア[52]、タイ[53]及びオーストラリア[54]で販売される[55]

出典[編集]

  1. ^ a b c “欧州向け2003年型 二輪車新型モデルを発表” (プレスリリース), 本田技研工業, (2002年9月13日), https://www.honda.co.jp/news/2002/2020913.html 2022年5月7日閲覧。 
  2. ^ 1997 GSX-R600”. SUZUKI DIGITAL LIBRARY. 二輪車. スズキ. 2022年5月3日閲覧。
  3. ^ はじめに”. CBR600RR. プレスインフォメーション. 本田技研工業 (2003年7月). 2022年5月3日閲覧。
  4. ^ R/C TOPIX HONDA CBR600RR」『Riders club』第26巻第3号、枻出版社、東京、2003年2月1日、 93頁、 ISSN 0386-7137全国書誌番号:000315922020年5月3日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g 主要諸元”. CBR600RR. プレスインフォメーション. 本田技研工業 (2003年7月). 2022年5月3日閲覧。
  6. ^ a b “2003 CBR600RR Timeline” (英語) (プレスリリース), American Honda Motor, (2003年9月3日), https://hondanews.com/en-US/powersports/releases/release-fbbf016325ee5f514902d7004c34c536-2003-cbr600rr-timeline 2022年5月3日閲覧。 
  7. ^ a b c d “2007 CBR600RR Timeline” (英語) (プレスリリース), American Honda Motor, (2006年10月17日), https://hondanews.com/en-US/powersports/releases/release-c39a802ff5f39d85246c44004c34bf2f-2007-cbr600rr-timeline 2022年5月3日閲覧。 
  8. ^ “The Man behind the Machine: Hiroyuki Ito, Large Project Leader on the 2003 CBR600RR” (英語) (プレスリリース), American Honda Motor, (2003年9月3日), https://hondanews.com/en-US/releases/release-68481a75e0b62d08e06399004c34c537-the-man-behind-the-machine-hiroyuki-ito-large-project-leader-on-the-2003-cbr600rr 2022年6月5日閲覧。 
  9. ^ a b c d e FIM Releases 2005 Superbike, Supersport Homologation List” (英語). Roadracing World Magazine. Roadracing World Publishing. 2022年5月3日閲覧。
  10. ^ HONDA CBR600RR Daten” (ドイツ語). Supersport/Sporttourer. HONDA Motorräder. Honda Motor Europe (North) (2002年). 2002年11月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月3日閲覧。
  11. ^ 2002 INTERMOTレポート」『Riders club』第25巻第20号、枻出版社、東京、2002年12月1日、 82-86頁、 ISSN 0386-7137全国書誌番号:000315922020年4月28日閲覧。
  12. ^ “欧州向け二輪車 2005年型モデルを発表” (プレスリリース), 本田技研工業, (2004年9月14日), https://www.honda.co.jp/news/2004/c040914.html 2022年5月7日閲覧。 
  13. ^ (英語) (PDF) CBR600RR. PRESS INFORMATION. Honda Europe Motorcycle. (2004). オリジナルの2004-10-12時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20041012010625/http://www.mc.honda-eu.com/uk/en/Images/31998.pdf 2022年5月27日閲覧。 
  14. ^ a b Champions” (英語). RESULTS. WorldSBK. Dorna Sports. 2022年5月27日閲覧。
  15. ^ 2009年スーパーバイク世界選手権、ベン・スピース選手が参戦”. レースリリース. レース情報. ヤマハ発動機 (2008年10月3日). 2022年6月5日閲覧。
  16. ^ Racing History”. Kawasaki Global Racing Information. 川崎重工業. 2020年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月5日閲覧。
  17. ^ “Racing Timeline” (英語) (プレスリリース), American Honda Motor, (2003年9月3日), https://hondanews.com/en-US/releases/release-e18c4da632edcba8b20e95004c34c534-racing-timeline 2022年6月5日閲覧。 
  18. ^ American Honda Announces 2003 Road Racing Team Line-ups - Roadracing World Magazine” (英語). Roadracing World Magazine. Roadracing World Publishing (2002年10月30日). 2022年6月5日閲覧。
  19. ^ NSC発行「Safety + Health」2005年5月号/産業特集/NHTSA:ドライバーの携帯電話使用が増加”. 厚生労働省国際安全衛生センター. 2022年5月7日閲覧。
  20. ^ a b c d e Defect and Noncompliance Notice (PDF)” (英語). National Highway Traffic Safety Administration (2004年8月5日). 2022年5月7日閲覧。
  21. ^ a b c d e Defect and Noncompliance Notice (PDF)” (英語). National Highway Traffic Safety Administration (2006年7月25日). 2022年5月7日閲覧。
  22. ^ 認知症に係る諸外国における制度等の調査」(PDF) 『認知機能と安全運転の関係に関する調査研究報告書』内閣府警察庁、東京、2019年3月、84-99頁https://www.npa.go.jp/koutsuu/kikaku/koureiunten/menkyoseido-bunkakai/cognitivef/cognitivef_report.pdf2022年5月27日閲覧 
  23. ^ a b c d e f HONDA MOTORCYCLES CBR600RR-3 2003” (英語). Check vehicle recalls. Driver and Vehicle Standards Agency. 2022年5月27日閲覧。
  24. ^ a b c d e f HONDA MOTORCYCLES CBR600RR-4 2004” (英語). Check vehicle recalls. Driver and Vehicle Standards Agency. 2022年5月27日閲覧。
  25. ^ コロナウイルス関連情報・その他のカナダ国内の状況”. 在カナダ日本国大使館 (2022年4月1日). 2022年5月7日閲覧。
  26. ^ a b c d e Recall Details”. Vehicle Recalls and Defects. Motor Vehicle Safety. Transport Canada. 2022年5月7日閲覧。
  27. ^ a b “スーパースポーツバイク「CBR600RR」を新発売” (プレスリリース), 本田技研工業, (2003年6月27日), https://www.honda.co.jp/news/2003/2030627-cbr600rr.html 2022年5月7日閲覧。 
  28. ^ ホンダ CBR600RR(2003年モデル)の歴史”. BDSバイクセンサー. ビーディーエス. 2022年5月7日閲覧。
  29. ^ “スーパースポーツバイク「CBR600RR」に新色を追加し発売” (プレスリリース), 本田技研工業, (2003年11月14日), https://www.honda.co.jp/news/2003/2031114a-cbr600rr.html 2022年5月7日閲覧。 
  30. ^ a b “スーパースポーツバイク「CBR600RR」をフルモデルチェンジし発売” (プレスリリース), 本田技研工業, (2005年1月20日), https://www.honda.co.jp/news/2005/2050120a-cbr600rr.html 2022年5月7日閲覧。 
  31. ^ “スーパースポーツバイク「CBR600RR」のカラーリングを変更し新たに「CBR600RR・Special Edition(スペシャルエディション)」を限定発売” (プレスリリース), 本田技研工業, (2005年11月10日), https://www.honda.co.jp/news/2005/2051110-cbr600rr.html 2022年5月7日閲覧。 
  32. ^ a b c d (PDF) 『CBR600RR』本田技研工業、東京〈プレスインフォメーション〉、2020年8月https://www.honda.co.jp/factbook/motor/cbr600rr/202008/22008_cbr600rr.pdf2022年6月5日閲覧 
  33. ^ “「CBR600RR レースベース車」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業, (2003年2月3日), https://www.honda.co.jp/news/2003/2030203-cbr600rr.html 2022年5月7日閲覧。 
  34. ^ a b c “「CBR600RR レースベース車」をマイナーチェンジし発売” (プレスリリース), 本田技研工業, (2003年11月14日), https://www.honda.co.jp/news/2003/2031114b-cbr600rr.html 2022年5月7日閲覧。 
  35. ^ “ロードレース競技専用車「CBR600RRレースベース車」の2005年型モデルを発売” (プレスリリース), 本田技研工業, (2005年1月20日), https://www.honda.co.jp/news//2005/2050120b-cbr600rr.html 2022年5月7日閲覧。 
  36. ^ “ロードレース専用車「CBR600RR レースベース車」の2006年型モデルを発売” (プレスリリース), 本田技研工業, (2006年1月20日), https://www.honda.co.jp/news/2006/2060120-cbr600rr.html 2022年5月7日閲覧。 
  37. ^ a b c d e f g h リコールの届出”. 自動車交通局技術安全部審査課リコール対策室. 国土交通省 (2021年4月1日). 2022年5月7日閲覧。
  38. ^ CBR600RRのリコール”. 二輪車の情報. リコール・改善対策一覧. 本田技研工業. 2022年5月7日閲覧。
  39. ^ オーストラリア連邦(Commonwealth of Australia) (PDF)”. 世界情報通信事情. 総務省 (2020年). 2022年5月22日閲覧。
  40. ^ a b c d e REC-002651 - Honda Australia Mpe Pty Ltd - Honda CBR600RR” (英語). Vehicle Recalls. Department of Infrastructure, Transport, Regional Development and Communications. 2022年5月7日閲覧。
  41. ^ a b CBR600RR エンジニアトーク”. 二輪テクノロジー. 本田技研工業. 2022年5月7日閲覧。
  42. ^ a b c d e f g h i j “スーパースポーツモデル「CBR600RR」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業, (2020年8月21日), https://www.honda.co.jp/news/2020/2200821-cbr600rr.html 2022年5月7日閲覧。 
  43. ^ a b c d Listing of FIM Homologated Motorcycles for 2022 (PDF)” (英語). Fédération Internationale de Motocyclisme (2022年4月6日). 2022年5月3日閲覧。
  44. ^ a b c d “欧州向け二輪車 2007年型モデルを発表” (プレスリリース), 本田技研工業, (2006年10月10日), https://www.honda.co.jp/news/2006/c061010.html 2022年5月7日閲覧。 
  45. ^ a b “欧州向け二輪車 2009年型モデルを発表” (プレスリリース), 本田技研工業, (2008年10月7日), https://www.honda.co.jp/news/2008/2081007.html 2022年5月7日閲覧。 
  46. ^ “EICMA2012(ミラノショー)出展概要” (プレスリリース), 本田技研工業, (2012年11月13日), https://www.honda.co.jp/news/2012/2121113.html 2022年5月7日閲覧。 
  47. ^ In memorium: CBR125R, Bandit and CBR600RR among Euro4 victims” (英語). BikeSocial. Bennetts Motorcycling Services. 2022年5月7日閲覧。
  48. ^ Not for Europe: 2021 Honda CBR600RR” (英語). BikeSocial. Bennetts Motorcycling Services (2020年8月). 2020年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月7日閲覧。
  49. ^ a b 中村友彦 (2020年12月21日). “【ホンダ CBR600RR 試乗記】自由自在にして、安心感抜群の4代目 試乗インプレ・レビュー”. バイクブロス. プロトコーポレーション. 2022年5月7日閲覧。
  50. ^ “شركة هوندا للسيارات (مكتب أفريقيا والشرق الأوسط) تعلن عن إطلاق ثلاثة منتجات جديدة في حفل الإطلاق الإفتراضي الأول لها على الإطلاق” (アラビア語) (プレスリリース), شركة هوندا للسيارات (مكتب أفريقيا والشرق الأوسط), (2021年3月2日), https://www.honda-mideast.com/ar/news/2021-Honda-Virtual-Launch 2022年5月3日閲覧。 
  51. ^ “AHM Luncurkan CBR600RR Dan Lengkapi Jajaran CBR Tricolor Series” (インドネシア語) (プレスリリース), PT Astra Honda Motor, (2021年2月16日), https://www.astra-honda.com/hondabigbike/news/read/ahm-luncurkan-cbr600rr-dan-lengkapi-jajaran-cbr-tricolor-series 2022年5月3日閲覧。 
  52. ^ “Boon Siew Honda Launches All New Honda CBR600RR in Malaysia” (英語) (プレスリリース), Boon Siew Honda, (2021年4月15日), https://hondabigbike.com.my/news/35 2022年5月7日閲覧。 
  53. ^ “กระหึ่มวงการซูเปอร์ไบค์! เปิดตัวสปอร์ตระดับท็อป 2 รุ่น” (タイ語) (プレスリリース), ไทยฮอนด้า แมนูแฟคเจอริ่ง, (2020年11月25日), https://www.thaihonda.co.th/hondabigbike/news/20201125/all-new-cbr1000rr-r-fireblade-new-cbr600rr 2022年5月3日閲覧。 
  54. ^ “Honda's Winged 2021 CBR600RR Set To Launch In January” (英語) (プレスリリース), Honda Australia Motorcycles & Power Equipment, (2020年8月24日), https://motorcycles.honda.com.au/abouthonda/news-events/hondas-winged-2021-cbr600rr 2022年5月7日閲覧。 
  55. ^ “Models, parts catalogue codes and applicable serial numbers” (英語) (PDF). CBR600R3 PARTS CATALOG (1 ed.). 東京: 本田技研工業. (2020-09-10). p. 7. https://boonsiewhonda.com.my/wp-content/uploads/2021/08/CBR600RR-Parts-Catalogue-2021.pdf 2022年5月3日閲覧。 
  56. ^ a b c d Recall Details” (英語). Vehicle Recalls and Defects. Motor Vehicle Safety. Transport Canada. 2022年5月7日閲覧。
  57. ^ a b “スーパースポーツバイク「CBR600RR」をフルモデルチェンジして発売” (プレスリリース), 本田技研工業, (2007年5月9日), https://www.honda.co.jp/news/2007/2070509-cbr600rr.html 2022年5月7日閲覧。 
  58. ^ “スーパースポーツバイク「CBR600RR」のカラーリングを変更し、特別なカラーリングを施した「CBR600RR・スペシャルエディション」を追加して発売「CBR600RR<ABS>」をタイプ追加し発売” (プレスリリース), 本田技研工業, (2007年10月22日), https://www.honda.co.jp/news/2007/2071022-cbr600rr.html 2022年5月7日閲覧。 
  59. ^ a b “「CBR600RR」の各部の熟成を図るとともに世界初のスーパースポーツモデル用電子制御式“コンバインドABS”を搭載した「CBR600RR<ABS>」をタイプ追加し発売” (プレスリリース), 本田技研工業, (2009年2月10日), https://www.honda.co.jp/news/2009/2090210-cbr600rr.html 2022年5月7日閲覧。 
  60. ^ “個性的なグラフィックを採用した「CBR600RR・スペシャルエディション」を限定発売” (プレスリリース), 本田技研工業, (2009年2月10日), https://www.honda.co.jp/news/2009/2090210-cbr600rrspl.html 2022年5月7日閲覧。 
  61. ^ “スーパースポーツモデル「CBR600RR」のカラーリングを変更し発売” (プレスリリース), 本田技研工業, (2009年11月26日), https://www.honda.co.jp/news/2009/2091126-cbr600rr.html 2022年5月7日閲覧。 
  62. ^ “スーパースポーツモデル「CBR600RR」のカラーリングを変更し発売” (プレスリリース), 本田技研工業, (2010年12月3日), https://www.honda.co.jp/news/2010/2101203-cbr600rr.html 2022年5月7日閲覧。 
  63. ^ “スーパースポーツモデル「CBR600RR」のカラーリングを変更し発売” (プレスリリース), 本田技研工業, (2011年11月29日), https://www.honda.co.jp/news/2011/2111129-cbr600rr.html 2022年5月7日閲覧。 
  64. ^ a b c “「CBR600RR」をモデルチェンジするとともにスペシャルカラーモデル「CBR600RR Special Edition」を限定発売” (プレスリリース), 本田技研工業, (2013年3月12日), https://www.honda.co.jp/news/2013/2130312-cbr600rr.html 2022年5月7日閲覧。 
  65. ^ Honda CBR600RR<ABS>”. 二輪車. 自動車技術330選. 自動車技術会. 2022年5月7日閲覧。
  66. ^ 2017年シーズンに向けてCBR600RRのレースベース車を継続販売”. WEB Mr.BIKE. 東京エディターズ (2016年). 2022年5月27日閲覧。
  67. ^ a b 新型ホンダCBR600RR完全解説・エンジン編【最強フルパワー121ps!】”. WEBヤングマシン. 内外出版社 (2020年10月14日). 2022年5月7日閲覧。
  68. ^ Kotobuki Sato (2021年12月29日). “再び世界を目指す埜口遥希「HARC-PROなら、もう一度頑張れる環境だと思った」/全日本ロードST600 チャンピオンインタビュー”. MotoGP. auto sport web. 三栄. 2022年5月27日閲覧。
  69. ^ “ロードレース専用車「CBR600RR レースベース車」の 2007年型モデルを発売” (プレスリリース), 本田技研工業, (2007年1月19日), https://www.honda.co.jp/news/2007/2070119-cbr600rr.html 2022年5月7日閲覧。 
  70. ^ “ロードレース専用車「CBR600RR レースベース車」の2009年型モデルを発売” (プレスリリース), 本田技研工業, (2009年1月26日), https://www.honda.co.jp/news/2009/2090126-cbr600rr.html 2022年5月7日閲覧。 
  71. ^ “ロードレース専用車「CBR600RR レースベース車」「CBR1000RR レースベース車」の2010年型モデルを発売” (プレスリリース), 本田技研工業, (2009年12月22日), https://www.honda.co.jp/news/2009/2091222.html 2022年5月7日閲覧。 
  72. ^ “ロードレース専用車「CBR1000RR レースベース車」「CBR600RR レースベース車」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業, (2011年11月29日), https://www.honda.co.jp/news/2011/2111129.html 2022年5月7日閲覧。 
  73. ^ “「CBR600RR レースベース車」の2013年型モデルを発売” (プレスリリース), 本田技研工業, (2012年11月22日), https://www.honda.co.jp/news/2012/2121122.html 2022年5月7日閲覧。 
  74. ^ “「CBR1000RR レースベース車」の2014年モデルを発売” (プレスリリース), 本田技研工業, (2014年1月21日), https://www.honda.co.jp/news/2014/2140121.html 2022年5月7日閲覧。 
  75. ^ 「CBR600RR レースベース車」の継続販売が決定!”. webオートバイ. モーターマガジン社 (2016年12月21日). 2020年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月7日閲覧。
  76. ^ CBR600RRレースベース車受注開始! [最新情報]”. ホンダドリーム神奈川. オーソリティーホンダ (2017年12月5日). 2022年5月7日閲覧。
  77. ^ 【ホンダ】「CBR600RRレースベース車」と「CBR1000RR SP2 レースベース車」の継続販売を発表”. バイクブロス・マガジンズ. プロトコーポレーション (2018年10月26日). 2022年5月7日閲覧。
  78. ^ “レースポテンシャルを大きく向上させた「CBR600RRレースベース車」を発売” (プレスリリース), ホンダ・レーシング, (2020年8月20日), https://www.honda.co.jp/HRC/news/2020/news12/ 2022年5月7日閲覧。 
  79. ^ a b c d e f g リコール届出一覧表 (PDF)”. 報道発表資料. 国土交通省自動車局審査・リコール課リコール監理室. 国土交通省 (2015年6月25日). 2022年5月27日閲覧。
  80. ^ a b c d e f リコール届出一覧表 (PDF)”. 二輪車の情報. 国土交通省自動車局審査・リコール課リコール監理室. 国土交通省 (2021年4月1日). 2022年5月7日閲覧。
  81. ^ ホンダ・CBR600RRにリコールの届け出。ヘッドライト点灯時に表示灯が点灯しない恐れあり”. バイクニュース. タンデムスタイル. クレタ (2021年4月5日). 2022年5月7日閲覧。