ホンダ・CB125F

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホンダ・CB > ホンダ・CB125F
ホンダ・CB125F
基本情報
排気量クラス 小型自動二輪車
メーカー 日本の旗本田技研工業
車体型式 EBJ-JC64
エンジン JC64E型 124cm3 4サイクル
空冷2バルブOHC単気筒
内径x行程 / 圧縮比 52.4mm x 57.8mm / 9.2:1
最高出力 7.8kW 11PS/7750rpm
最大トルク 10N・m 1.0kgf・m/6250rpm
車両重量 131kg+教習装備10kg
欧州仕様128kg
テンプレートを表示

CB125F(シービー125エフ)は、本田技研工業が日本国外で生産販売しているオートバイ小型自動二輪車)である。

概要[編集]

CB125Fは2014年11月に発表された。それまで販売されていた CBF125 からのフルモデルチェンジにあたり、車体スタイルはすでに日本でも発売されている上位クラスのシリーズ車種同様のストリートファイターをイメージさせるものになったが、この車両はリア側がツインショックサスペンションおよびドラムブレーキとなっている。

なお日本国内では下記の教習車仕様のみでしか正規販売されておらず、通常仕様は販売店による並行輸入での扱いとなっている。

教習車仕様[編集]

2015年12月11日より日本自動車教習所向けに教習車仕様の発売が開始された[2]。これは中国の五羊本田から正規輸入した車両に、教習用の灯火類や大型バンパーを装着させたものである。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]