ホンダ・スカッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スカッシュ (SQUASH) は、本田技研工業がかつて製造販売したオートバイである。

車両解説[編集]

スカッシュ
ホンダコレクションホール所蔵車

1981年10月21日発表、同月22日発売[1]。型式名AB11[注 1]。モデルコードSC50。排気量49㏄の強制空冷2ストローク単気筒エンジンを搭載し、Vベルト式無段変速機により動力伝達を行うスクータータイプの原動機付自転車である。

全長x全幅x全高=1,280x610x930(mm)前後ホイール3.00-8というスモールサイズがセールスポイントで、同社製乗用車E-AA型シティの純正オプションで同車への積載を前提に同時開発され、ほぼ同時期に発売されたAB12型モトコンポ[注 2]と同様に車載も可能というコンセプトを持つことから、ハンドル折り畳み可能なモデルも設定された[1]

乾燥重量はキックスターターモデルで46kg[注 3]とモトコンポよりわずかに重いが[注 4]、エンジンの最高出力はモトコンポの2.5ps/5,000rpm[2]から3.0ps/6,000rpmへ向上[1]。またCDI点火装置ならびにオートチョークが搭載される。

本モデルは月間販売目標台を8,000台とし、以下の3バリエーションならびに標準販売価格[注 5]を設定した[1]

  • スタンダード:88,000円
  • スタンダードハンドル折り畳み式):90,000円
  • デラックスセル):98,000円

なお、販売に際して『僕らのスニーカー。おもしろスクーター・スカッシュ。』のキャッチコピーを使用。イメージキャラクターにはタモリが起用された。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1979年に導入された本田技研工業の二輪車車両型式は、アルファベッド2文字+数字2桁となり、最初のAは排気量50㏄クラスを、アルファベット2文字目はモデルタイプを意味する。導入当初はBが小型スクーター、Fが本格的スクーターに分類されたが、1983年以降はサイズに関係なくスクーターはFに集約。以後Bはモンキーダックスなどレジャーモデル用とされた。
  2. ^ モトコンポは1981年10月29日発表、同年11月11日発売[2]
  3. ^ セル付モデルは48kg[1]
  4. ^ 42kg[2]。以後の本田技研工業では、原付スクーターの軽量化が推進され、1982年発売のスカイでは39kg[3]1983年発売のイブでは34kg[4]1984年発売のイブ スマイルでは33kg[5]の乾燥重量を公表した。
  5. ^ 北海道沖縄は3,000円高[1]

出典[編集]

関連項目[編集]

以下の3車種は折り畳み式ハンドル搭載モデル販売実績がある

外部リンク[編集]