ホンダ・NS-1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホンダ・NS-1
前期型、限定ロスマンズカラー.png
基本情報
排気量クラス 原動機付自転車
メーカー 日本の旗本田技研工業
車体型式 A-AC12
エンジン AC08E型 49cm3 2ストローク
内径x行程 / 圧縮比 39.0mm x 41.4mm / 7.2:1
最高出力 7.2ps/10,000rpm
最大トルク 0.65kg-m/7,500rpm
乾燥重量 92kg
車両重量 101kg
      詳細情報
製造国 日本の旗 日本
製造期間 1991年-1999年
タイプ フルカウルスポーツ
設計統括
デザイン
フレーム ダイヤモンド
全長x全幅x全高 1.905mm x 0.670mm x 1.080mm
ホイールベース 1.295mm
最低地上高 130mm
シート高 752mm
燃料供給装置 キャブレター (PF72)
始動方式 キック式
潤滑方式 分離潤滑式
駆動方式 チェーン
変速機 常時噛合式6段リターン
サスペンション テレスコピック
スイングアーム
キャスター / トレール 25° / 94mm
ブレーキ 油圧式シングルディスク
油圧式シングルディスク
タイヤサイズ 90/80-17 46P
100/80-17 52P
最高速度 60km/h (ノーマル)
乗車定員 1人
燃料タンク容量 8L
燃費 55.3km/L
カラーバリエーション
本体価格 279,000
備考
先代 NS50F
後継
姉妹車 / OEM
同クラスの車 TZR50/TZR50R
テンプレートを表示

NS-1(エヌエス-ワン)とは、本田技研工業が、かつて製造販売していた排気量49㏄のオートバイ原動機付自転車)である。

車両解説[編集]

型式名A-AC12。1991年1月22日発表、同年2月15日発売[1]。通称はエヌワン(N1)[注 1]。搭載されるAC08E型水冷2ストローク単気筒エンジンは先代となるNS50Fからのキャリーオーバーである。

本モデル最大の特徴はフルカウルを装着したスーパースポーツでありながら、通常モデルでは燃料タンクに相当する部分が一般的なフルフェイスヘルメットを収納できる程の大容量メットインスペースである点にある。また車格も上位クラスに相当し、性能と外観からヤマハTZR50/TZR50Rと人気を二分した[注 2]。性能・外観・使い勝手の三者両立をした本モデルであるが、一方でコスト抑制から、フロントフォークのスライドメタルを省略[注 3]するほか、一見アルミニウム合金製に見えるフレームは鉄製である。

1995年2月14日発表、同月23日発売で以下のマイナーチェンジを実施[2]

  • ヘッドライトを「横長型」からコンペディションモデルとなるRVFをイメージした「丸目2灯型」に変更。
  • CDI点火装置の電源を交流式から直流式へ変更。
  • ジェネレーターを小型化。
  • 低中速域の安定性改善を目的としたインテークチャンバーの装着。
  • カラーリングの変更。

本モデルはレプリカブーム終了後も人気を保ち製造販売が継続されたが、環境規制により4ストロークエンジンへ移行するため1999年に製造が終了した[3]

アフターマーケット[編集]

前期型 後期型
前期型
後期型

競技専用車両を除けば当車に比肩しうるモデルが存在せず、同型エンジンを搭載するNS50FやNSR50などの部品が流用できるなどライバル車に比べ純正品・社外品共にアフターパーツが充実するほか、またカスタムパーツも多数存在するため比較的容易に自由度の高いチューニングが可能であるが、特異なフューエルタンク配置が災いしてサーキットなどの競技専用車としての実績は少ない。

また、全年式で純正オプションにレーサーレプリカモデルとしては例の少ないリヤキャリアが設定される。メットインとの相乗効果により高い車載性を実現するが、装着にはシートカウルの一部を加工する必要があり、装着後は再び元の状態に戻す事は不可となる。

派生車種[編集]

NSR75
スペインホンダが製造販売。本モデルの車体にNSR80のエンジンを搭載したモデルでNメットインスペースをガソリンタンクに変更。タンデム用シートとステップを装備するほか、サイドスタンド警告灯は省略する。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 現在は同社から軽自動車のN-ONEが発売されているため混同を防ぐ意味でNS1と記される例もある。
  2. ^ 販売台数はNS-1が勝利。
  3. ^ 条件によってはフロントフォークの作動悪化がある。
  4. ^ 鈴鹿サーキットでのミニバイクコースレコード保持車。

出典[編集]

外部リンク[編集]