ホンダ・MBX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

MBX(エムビーエックス)は、本田技研工業がかつて製造販売していたオートバイのシリーズ商標である。

概要[編集]

50cc(原動機付自転車)・80cc/125cc(原付二種:小型自動二輪車)の排気量別バリエーションが組まれるが、いずれも水冷2ストロークピストンリードバルブ単気筒エンジンを搭載するロードスポーツモデルである。

1982年以降に製造販売されたが、現在はすべて終了。

モデル一覧[編集]

MBX50 / 50F[編集]

MBX50(AC03型)ホンダコレクションホール所蔵車
MBX50(AC03型)
ホンダコレクションホール所蔵車
MBX80 INTEGRA
MBX80 INTEGRA
MBX80 輸出仕様
MBX80 輸出仕様

1982年3月1日に発売された。型式名AC03。近藤真彦の広告モデル起用や車両本体は先代のMB5をさらに大型化し、当時では50ccクラススポーツバイクでありながらそれに見えない程の車格を持つ斬新なスタイルなど本体以外にも話題となったモデルである。

排気量49ccエンジンは最高出力7.2ps。

クラス初となる油圧式2ポットキャリパーフロントシングルディスクブレーキや新開発のプトリンクスイングアーム式リヤサスペンションが装着された。

デザイン・性能共に優れていたため一躍ベストセラーとなったが、同業他社を含め一連のゼロハンスポーツとしてはトップクラスの動力性能を誇っていたため過剰な馬力と動力性能から、当時の朝日新聞に「法定速度が30㎞/hである原動機付自転車に90㎞/hの性能(スピード)が必要なのか」との記事が掲載され社会問題化。自主規制が行われ結果1984年4月に速度規制対応仕様となるMBX50E(型式名A-AC08)を発売。他モデルが電気式スピードリミッターによりエンジン出力等を変えずに最高速度60㎞/h規制に対応させたのに対し、最高出力を5.6psにデチューンし変速機を6速→5速ならびに最終減速比の変更等により規制対応したことから、販売実績に大きな影響を与えたため1985年11月1日に型式名はA-AC08のまま車名をMBX50Fへ変更して以下のマイナーチェンジを実施した。

  • エンジン出力ならびに減速比をAC03型と同等としCDIに60km/h速度リミッター機能を追加
  • フロントビキニカウルを標準装備

その後、次期モデルのNS50F生産開始後も暫く併売された。

MBX80[編集]

1983年6月22日発売。型式名HC04。MB8のフルモデルチェンジ車。MBX50ベースの車体に排気量79cc・最高出力12psのエンジンを搭載。

日本国内仕様は、INTEGRAのペットネームを持ち車体に先行販売されていたVT250Fインテグラ同様のフルカウルを装備するが、輸出仕様ではネイキッドもしくはハーフカウル装着モデルが存在する。

MBX125F[編集]

1983年3月18日発売。型式名JC10。本モデルは、上述2車種とは異なりMVX250Fを小型化したようなデザインとした。125ccクラスとしても珍しく乾燥重量は100kgを切る96kgで、最高出力22psと相まって上級クラスをも凌駕する走行性能を発揮した。

本モデルは本田技研工業国内生産市販車最後の125cc2ストロークエンジン搭載車である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]