ホンダ・MBX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

MBX(エムビーエックス)は、本田技研工業がかつて製造販売したオートバイのシリーズ商標である。

概要[編集]

1979年から販売された本田技研工業としては初となる空冷2ストロークピストンリードバルブ単気筒エンジンを搭載した量産ロードスポーツモデルMBシリーズをフルモデルチェンジし、1982年から製造販売された第2世代となるシリーズである。

先代のMBシリーズでは排気量50㏄(原動機付自転車)クラス・80㏄クラス(原付二種:小型自動二輪車)のバリエーションが組成されたが、本シリーズでは125㏄クラスを新たに加えたほか、後述する設計変更・改良を実施しており、同時期に製造販売されたデュアルパーパスモデルのMTXシリーズと一部コンポーネンツを共有する。

車両解説[編集]

※本項ではシリーズ全般の共通事項について解説を行う。

MBシリーズで特徴的だったX型バックボーンフレームをやめ、新たに設計されたセミダブルクレードル型に搭載されるエンジンは、基本設計は踏襲するものの冷却方式を水冷化したほか、始動はキックスターターのみとした。

サスペンション前輪がテレスコピック、後輪がプロリンク式スイングアームで、ブレーキは前輪が油圧式2ポットキャリパーシングルディスク、後輪が機械式リーディングトレーリングとし、ホイールは前後ともにアルミニウム製ブーメラン形スポーツコムスターを装着する。

また電装品もMBシリーズの6Vから12Vへ全面的に刷新された。

50㏄モデル[編集]

内径x行程:39.0x41.4(mm)・排気量49㏄のエンジンを搭載するモデルである。車体サイズを先代のMBシリーズから大型化し、燃料タンク容量も12Lまで増量した。キャスター角26°30′・トレール72mmに設定。

販売開始後に2回のモデルチェンジを実施しているが、いずれも型式名もしくは車名を変更を実施しており、以下でそれぞれについて解説を行う。

AC03型 MBX50[編集]

MBX50(AC03型) ホンダコレクションホール所蔵車
MBX50(AC03型)
ホンダコレクションホール所蔵車

1982年2月25日発表、同年3月1日発売[1]

イメージキャラクターには近藤真彦を起用した最初期モデルで、搭載されるAC03E型エンジンは最高出力7.2ps/8,500rpm・最大トルク0.65㎏-m/7,500rpmのスペックを発揮する[1]

年間販売目標は12,000台、標準現金価格186,000円[注 1]に設定された。

A-AC08型 MBX50[編集]

1984年4月20日発表、同月21日発売[2]1985年騒音規制適応モデルのため型式名に識別記号A-が附帯する。

原動機付自転車の最高馬力は自主規制により7.2psまでとされていたが、一方で本来の使用目的に比べて過剰なまでに高性能であったことから問題化[注 2]したことから、最高速度を60㎞/hまでに規制対応した仕様で以下の変更を実施した[2]

  • 搭載エンジンは内径x行程・圧縮比はAC03E型から踏襲したAC08E型とし以下の変更を実施
  • キャブレターをPF15型からPF11型に小径化
  • 最高出力5.6ps/6,500rpm・最大トルク0.63㎏-m/6,000rpmへスペックダウン

年間販売目標は10,000台、標準現金価格189,000円[注 3]に設定された。

A-AC08型 MBX50F[編集]

1985年10月29日発表、同年11月1日発売[3]

上述した最高速度60㎞/h規制対応モデルのA-AC08型 MBX50が販売実績に大きな影響を与えたことから[注 4]、型式名・エンジン型式はそのままに車名ならびに以下の変更を実施したモデルである[3]

  • エンジンスペック・6段マニュアルトランスミッション・減速比をAC03型と同等[注 5]としCDI点火装置に60km/hリミッター機能を追加
  • フロントビキニカウルならびにアンダーカウルを標準装備

年間販売目標は15,000台、標準現金価格198,000円[注 6]に設定された。1987年に後継モデルのNS50Fが発売されたが[4]、暫く併売された。

80㏄モデル[編集]

型式名HC04[5]。内径x行程:49.4x41.4(mm)・排気量79㏄・PF26型キャブレターから最高出力12ps/9,000rpm・最大トルク0.97㎏-m/8,500rpmのスペックを発揮するHC04E型エンジンを50㏄モデルと共通のフレームに搭載するほか、乗車定員が1→2名・キャスター角25°30′・トレール73mmとなる相違点がある[5]

MBX80 INTEGRA MBX80 海外向け輸出仕様
MBX80 INTEGRA
MBX80 海外向け輸出仕様

また日本国内向け仕様のみとされた50㏄モデルとは異なり海外向け輸出仕様が存在しネイキッドもしくはハーフカウル装着モデルも設定されたが、日本国内向け仕様は車名をMBX80 INTEGRA[注 7]のペットネームを持つフルカウル装着モデルとし、1983年6月21日発表、同月22日発売[5]。年間販売目標は3,000台、標準現金価格228,000円[注 8]に設定された。

125㏄モデル[編集]

型式名JC10。MBX125Fの車名で1983年3月17日発表、同月18日発売[6]。フレームは50・80㏄モデル同様のセミダブルクレードル型であるが互換性はないほか、前輪サイズを18→16インチへ小径化ならびに燃料タンクを13Lへ増量しており、ビキニカウルなどの外装がMVX250Fと共通デザインにするなどの差異がある[7]

搭載される内径x行程:56.0x50.6(mm)・排気量124㏄のJC10E型エンジンは、圧縮比7.5・PF60型キャブレターによる燃料供給を行うほか、排気系にATAC[注 9]ならびにベンチュリー型チャンバーを装着[6]。自主規制値限度となる最高出力22ps/9,000rpm・最大トルク1.8㎏-m/8,500rpmのスペックを発揮し[7]、6段マニュアルトランスミッションを介してチェーンドライブにより後輪を駆動する。

サスペンションはフロントフォーク径を50・80㏄モデルの29mmから31mmへ拡大したほか、キャスター角26°30′・トレール87mmに設定。乾燥重量は96㎏である[7]

海外向け輸出仕様も製造されたが、日本国内年間販売目標は12,000台、標準販売価格は279,000円[注 10]に設定された[6]

1987年イタリア現地法人のホンダ・イタリア・インダストリアーレHONDA ITALIA INDUSTRIALE S.P.A.)が製造するNS125Rが500台限定で販売された際[8]にも継続して併売されたが、1988年に生産終了した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 北海道沖縄は3,000円高。一部地区を除く[1]
  2. ^ 当時の朝日新聞に「法定速度が30㎞/hである原動機付自転車に90㎞/hの性能(スピード)が必要なのか」との記事が掲載された。
  3. ^ 北海道・沖縄は5,000円高。一部地区を除く[2]
  4. ^ ライバル他車が電気式スピードリミッターによりエンジン出力等を変えずに速度規制対応としたためリミッター解除が常套化したこと。またスペックダウンにより購買を避けたユーザーが多かったことも一因にある。
  5. ^ ただしキャブレターはPF16型[3]
  6. ^ 北海道・沖縄は5,000円高。一部離島を除く[3]
  7. ^ インテグラの商標は、元々1982年にCB750FCBX400F・CBX550F、1983年にVT250F・本モデル、1984年にVF400Fへ設定されたフルカウル装着車のペットネームとして使用された。1985年にクイントがフルチェンジされた際にクイントインテグラと改称されたために4輪車のネーミングにコンバートされ、1989年のフルモデルチェンジによりインテグラと改称。2006年の製造終了まで使用された後、2011年以降は再び大型自動二輪車車名として使用された
  8. ^ 北海道・沖縄は3,000円高。一部離島を除く[5]
  9. ^ Autocontorolled Torqu Amplification Chamberの略で日本語訳は自動調整トルク増幅排気システム[6]
  10. ^ 北海道・沖縄は5,000円高。一部離島を除く[6]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]