ホンダ・グロム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

グロムGROM)は、本田技研工業が製造販売するオートバイである。

本項では、日本国外で MSX125(エムエスエックス125)の車名で販売されるモデルも同一車種として解説を行う。

概要[編集]

2013年1月9日に本田技研工業は、タイホンダ・マニュファクチュアリングカンパニー・リミテッドThai Honda Manufacturing Co., Ltd.)が製造し、全世界に輸出する排気量125㏄クラス(小型自動二輪車)のグローバルスポーツモデルをMSX125の車名で販売することを発表[1]。このうち日本国内向け仕様は同年3月に開催された第40回東京モーターサイクルショー・第29回大阪モーターサイクルショーへグロム[注 1]の車名で市販予定車として出展した[2]

車両解説[編集]

※本項では日本国内向け仕様2013年モデルに準拠して解説を行う。

小型のバックボーン型フレームウェーブ125iと共通設計で内径x行程=52.4×57.9(mm)・圧縮比9.3・排気量124㏄のスーパーカブシリーズと同様の前傾80°JC61E型空冷4ストロークSOHC単気筒エンジンを搭載する。始動方式はセルフスターター。燃料供給はウェーブ125i同様のPGM-FI電子式燃料噴射装置であるが、本モデル向けにチューニングを施し、クラッチは自動遠心から通常のマニュアルへ変更。またマニュアルトランスミッションは常時噛合式4段とされ、マフラーはアップタイプを装着する。

サスペンション前輪が倒立式テレスコピック、後輪がモノショック式スイングアーム。ホイールサイズは前後とも12インチで、ブレーキはシングルディスクを装着する。

計器類は回転スピード燃料時計など総合的な情報を表示する液晶デジタルタイプとし、ヘッドライトは1個の光源でロービーム・ハイビームの切り替えが可能なコンバインドプロジェクターヘッドライト、テールライトLEDランプとされた。

GROM[編集]

GROM 2013年モデル

型式名EBJ-JC61。以下のスケジュールで発表・発売された。

2013年5月22日発表、同年6月21日発売[3]

海外向けMSXとほぼ同一仕様で以下の車体色を設定。

  • パールクィーンビーイエロー
  • パールバレンタインレッド
  • アステロイドブラックメタリック
2014年4月14日発表、同月15日発売[4]

以下に示す2014年モデルへのマイナーチェンジを実施

  • 車体色を変更
  • 廃止:パールクィーンビーイエロー
  • 新設:パールヒマラヤズホワイト
  • ホイール・ブレーキキャリパー・サイドカバーガーニッシュをゴールドカラーへ変更
  • シートカウル・ヘッドライトステーを車体色と同色へ変更
2015年3月3日発表、同月15日発売[5]

以下に示す2015年モデルへのマイナーチェンジを実施

  • 車体色を変更
  • 廃止:パールバレンタインレッド
  • 新設:マリゴールドイエロー
  • サイドカバー・リヤカウルをマットブラック塗装へ変更
  • パールヒマラヤズホワイト・アステロイドブラックメタリックはシュラウドのウイングマークをレッドに変更
  • GROMのロゴを拡大しサイドカバーに貼付
2016年6月3日発表、同月9日発売[6]

以下に示す2016年モデルへのマイナーチェンジを実施

  • 車体色を変更
  • 廃止:マリゴールドイエロー/アステロイドブラックメタリック
  • 継続:パールヒマラヤズホワイト
  • 新設:レモンアイスイエロー
  • 復活:パールバレンタインレッド
  • ヘッドライトを縦型2灯式LEDへ変更
  • ボディカウルデザインを変更
  • 燃料タンクキャップをヒンジ式へ変更
  • マフラーをダウンタイプへ変更
  • キーのブレード部を収納可能としたフォールディング機能付きリトラクタブルイグニッションキーを同社の2輪車として初採用
2017年6月30日発表、同年7月24日発売[7]

以下に示す2017年モデルへのマイナーチェンジを実施

  • 車両型式:2BJ-JC75
  • エンジン型式:JC75E
  • 車体色を変更
  • 廃止:レモンアイスイエロー
  • 新設:マットアクシスグレーメタリック

レースベース車[編集]

2016年4月22日、同年5月下旬より保安部品を全て取り外しアンダーカウルとレース専用部品を装備した競技仕様のGROMレースベース車[8]HRCから発売することが発表された。

本仕様の販売開始に併せてワンメイクレースの『GROM Cup[9]』も開催される。

諸元[編集]

車名 GROM
型式 EBJ-JC61 2BJ-JC75
モデルイヤー 2013 2016 2017
全長(m) 1.760 1.755
全幅(m) 0.755 0.730
全高(m) 1.010 1.000
最低地上高(m) 0.160 0.155
ホイールベース(m) 1.200
最低回転半径(m) 1.9
シート高(m) 0.750 0.760
車両重量(kg) 102 104
乗車定員(人) 2
60㎞/h定地走行燃費 63.2km/L 62.7km/L
WMTCモード値   70.5km/L(クラス1) 67.1km/L(クラス1)
原動機型式名 JC61E JC75E
動弁機構 空冷4ストロークSOHC単気筒
総排気量(㏄) 124
内径x行程(mm) 52.4×57.9
圧縮比 9.3
最高出力 7.2Kw〔9.8ps]/7,000rpm
最大トルク 11Nm 〔1.1kgf・m]/5,250rpm
始動方式 セルフ
燃料供給 電子式燃料噴射装置(PGM-FI)
点火方式 フルトランジスタ式バッテリー
潤滑方式 圧送飛沫式併用ウエットサンプ
燃料タンク容量 5.5L 5.7L
クラッチ 湿式多板コイルスプリング
変速機 左足動式リターン常時噛合4段マニュアルトランスミッション
1速 2.500
2速 1.555
3速 1.150
4速 0.933
1次/2次減速比 3.350/2.266
フレーム形式 バックボーン
フロントサスペンション 倒立テレスコピック
リヤサスペンション スイングアーム
キャスター/トレール 25°00´/81mm
タイヤ(前) 120/70-12 51L
タイヤ(後) 130/70-12 56L
フロントブレーキ 油圧式シングルディスク
リヤブレーキ 油圧式シングルディスク
標準税抜価格 \295,000 \320,000 \325,000

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 本田技研工業では日本での「GROM」の商標を登録5592794で2013年2月21日に出願したが、同月25日にはMSXパソコンに関わる株式会社MSXライセンシングコーポレーションがオートバイの商標として登録5717616で「MSX」を出願した。

出典[編集]

外部リンク[編集]

本田技研工業公式HP
本田技研工業海外法人公式HP
BBB Bike History