ホンダ・グロム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホンダ・グロム
(MSX125)
Hondagrom.jpg
GROM 2013年モデル
基本情報
排気量クラス 小型自動二輪車
メーカー 日本の旗本田技研工業
車体型式 EBJ-JC61
エンジン JC61E型 124cm3 4サイクル
空冷2バルブOHC単気筒
内径x行程 / 圧縮比 52.4mm x 57.9mm / 9.3:1
最高出力 7.3kW 9.8ps/7000rpm
最大トルク 11Nm 1.1kgfm/5250rpm
車両重量 102kg
テンプレートを表示
MSX125 (カフェカブパーティーin京都2013にて)

グロム(GROM)は、本田技研工業(ホンダ)が製造販売しているオートバイ小型自動二輪車)である。

日本国外においては MSX125(エムエスエックス125)の名称でも発売されており、本項では同一車種として記述する。

概要[編集]

2013年1月にホンダより MSX125 の名称で発表された。製造はタイホンダで行ない、全世界に輸出するグローバルモデルとしている[1]

小柄なバックボーンフレームの車体に本格的な装備を施しており、エンジンおよび駆動系は現地で製造されているカブシリーズの125cc版にあたるウェーブ125iのものを流用しマニュアルクラッチ化させ、足回りは倒立式フロントサスペンションと前後12インチのシングルブレーキディスクつきホイールを装備している。

日本では2013年3月のモーターサイクルショーにおいて『グロム』の名称で「市販予定車」として展示され[2]、その後5月22日にホンダが日本国内仕様を発表し6月21日より発売された[3]。車両スペックは日本国外仕様とほぼ同一になる。なお本田技研では日本での「GROM」の商標を2013年2月21日に出願しているが(登録5592794 )、同月25日にはMSXパソコンに関わる株式会社MSXライセンシングコーポレーションがオートバイの商標として「MSX」を出願している(登録5717616)。

2016年6月9日より日本仕様がモデルチェンジされた[4]。車体は全体的に角が強調されたデザインとなり、ヘッドライトは縦目2灯のLEDタイプとなる。エンジンの諸元に変更はないがマフラーは通常の位置に変更される。

また2016年5月より、保安部品を全て取り外しアンダーカウルとレース専用部品を装備した競技仕様のレースベース車[5]HRCが発売しており、ワンメイクレースの『GROM Cup[6]』も開催されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ タイで125cc新型スポーツモデル「MSX125」を発売 - 本田技研工業・2013年1月9日
  2. ^ 「第29回 大阪モーターサイクルショー2013」「第40回 東京モーターサイクルショー」出展概要 − ホンダ・ニュースリリース 2013年3月12日
  3. ^ 躍動感あふれるスタイリングの「グロム」を発売 - 本田技研工業ニュースリリース・2013年5月22日
  4. ^ 125ccスポーツモデル「グロム」の外観を一新し発売 - 本田技研工業ニュースリリース・2016年6月3日
  5. ^ 新型「GROMレースベース車」について (PDF) - HRC・2016年4月22日
  6. ^ HRC GROM Cup

外部リンク[編集]