ホンダ・カレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホンダ・カレンNX50
No motorcycle.png
基本情報
排気量クラス 原動機付自転車
メーカー 本田技研工業
車体形式 ホンダAB04
エンジン 49cc 
内径x行程 / 圧縮比 __ x __ / __
最高出力 3.1 ps / 5,500 rpm
最大トルク 0.43 ps / 4,500 rpm
車両重量 55kg
      詳細情報
製造国 日本の旗 日本
製造期間 1979年-不明
タイプ
設計統括
デザイン
フレーム
全長x全幅x全高 1,550mm x 630mm x 960mm
ホイールベース
最低地上高 110mm
シート高
燃料供給装置 CDI点火式
始動方式
潤滑方式
駆動方式
変速機
サスペンション
キャスター / トレール
ブレーキ
タイヤサイズ
最高速度
乗車定員 1人
燃料タンク容量
燃費 75(30km/h時定地走行テスト値)km/L
カラーバリエーション
本体価格 NX50: 89,000円
NX:50M 98,000円
備考
先代
後継
姉妹車 / OEM
同クラスの車
テンプレートを表示

ホンダ・カレンNX50は、本田技研工業が過去に生産していた50 ccオートバイ

概要[編集]

1979年8月31日に販売が開始された。始動方式の違う2つのタイプがあり、セルモーター付きのタイプがNX50Mで本体価格98,000円、キック方式のタイプがNX50で89,000円として発売され、国内のみの販売で月産15,000台の生産を予定していた。また、当時としては新機構となる無段変速方式を採用し、なめらかな走りを目指した。

「カレン」の車名は可憐(かれん)なスタイルからきたもので「やさしく」「美しく」「愛すべきもの」という意味で命名された。

外部リンク[編集]