ホンダ・CBX750

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホンダ・CBX > ホンダ・CBX750

CBX750(シービーエックスななひゃくごじゅう)は、かつて本田技研工業が製造販売していたオートバイである。本項では本モデル発売以前に同様のコンセプトで生産されたCBX650カスタム(シービーエックスろっぴゃくごじゅうかすたむ)ならびにそれぞれの白バイ仕様車となるCBX650P(シービーエックスろっぴゃくごじゅうピー)CBX750P(シービーエックスななひゃくごじゅうピー)についても解説を行う。

概要[編集]

1980年代初頭の同社は日本国内向けロードスポーツモデル大型自動二輪車は、1970年代後半からCB650カスタムCB750FCB750KCBシリーズ3車種を製造していたが、これらのモデルが搭載する4気筒エンジンもライバル各社が市場投入したことにより特別なものではなくなってしまった。この結果、同社は2輪部門の最高責任者であった入交昭一郎が陣頭指揮を執り、新世代エンジンの模索と開発に取り組むことを発表[注 1]。そのためモデルチェンジの時期が迫っていた上述3モデルはCBシリーズの中でもフラグシップモデルでもあるため以下に示す新技術を投入することが決定した。

  • 空冷4バルブDOHC4気筒エンジン
  • 油圧式バルブクリアランスオートアジャスター機構を採用
  • 狭角バルブ配置ならびピストン頭部形状などの改良による燃焼室のコンパクト化
  • エンジン後背部へ強制空冷式ブラシレスACジェネレーターを配置
  • 油圧式クラッチ
  • プライマリーシャフトを使わない動力伝達機構
  • 上述の改良によるエンジンのコンパクト化と幅狭化を達成
  • エンジンの車体前方寄配置による前後重量バランスの最適化ならびに軽量化
  • エンジンをフルラバーマウント
  • 前輪にブレーキトルク応答型アンチダイブ機構(TRAC)を搭載
  • チューブレスタイヤの採用

さらに1981年に発売された400㏄クラス普通自動二輪車CBX400Fが爆発的ヒットになったことから、「究極」を意味する「X」を付帯したCBXへ車名変更した上で開発製造されたのが本モデルである。

モデル別解説[編集]

※本項では一般市販車は発売順に、白バイ仕様は別途解説を行う。

CBX650カスタム[編集]

CBX650カスタム輸出仕様 CBX650E
CBX650カスタム
輸出仕様 CBX650E
CBX750F
CBX750F

型式名RC13。1982年12月14日発表、同月15日発売[1]排気量655cc、6速マニュアルトランスミッションを搭載するクルーザータイプ。エンジンならびに周辺機器の軽量化で乾燥重量は197kgとされた。液晶式ギアポジションインジケーターを装備する。

日本国内のみならず海外にも輸出された。

CBX750F[編集]

型式名RC17。1983年12月12日発表、同月13日発売[2]。排気量747㏄、CBX750シリーズ最初のモデル。2灯式ヘッドライト・ハーフカウル・前輪16インチ/後輪18インチの総アルミ製コムスターホイールを装着する。またVF750Fに続きバックトルクリミッターが搭載されたほか、搭載されるRC17E型エンジンでは新たにオートカムテンションナーが装着された。

レースへの参加を前提としたキットパーツもRSC(現・HRC)からリリースされた[注 2]

CBX750ホライゾン[編集]

型式名RC18。1984年2月29日発表、3月1日発売[3]。CBX750Fをベースに長距離ツーリングを主な目的に特化させたモデルで以下の相違点がある。

  • 動力伝達機構をチェーン→シャフトドライブへ変更。
  • 外観的には角型燃料タンク・角型ヘッドライト・ビキニカウルを装着。
  • ホイールサイズ前輪18インチ/後輪16インチキャストホイールへ変更。
  • 後輪ブレーキを油圧式シングルディスクブレーキから機械式ドラムブレーキへ変更。

日本国内のみならず海外向け輸出仕様車も製造されたが、北米向け仕様は輸入規制対象車両になることから排気量を696㏄にダウンさせたCB700SC(NIGHT HAWK 700S)とされたほか、日本国内仕様は限定解除審査用試験車両や後述する白バイ仕様が製造された。

CBX750Fボルドール[編集]

1985年5月10発表、同月17日発売[4]。CBX750Fの派生追加モデルで風防効果向上を目的に大型フルカウルを装着する。2,000台限定で生産された。

白バイ仕様[編集]

CBX750P

都道府県警察向けに納入された白バイ仕様でシングルシートやライトケース一体の追尾測定対応速度計などの専用装備を持つ。本シリーズでは以下の2車種が生産・運用された。

CBX650P
CBX650カスタムベース:1982年 - 1994年
CBX750P[注 3]
CBX750ホライゾンベース:1986年 - 1999年


諸元[編集]

車名 CBX650カスタム CBX750F CBX750ホライゾン CBX750Fボルドール
モデルイヤー 1982 1983 1984 1985
型式 RC13 RC17 RC18 RC17
全長(m) 2.160 2.145 2.200 2.145
全幅(m) 0,805 0.740 0.780 0.735
全高(m) 1.145 1.240 1.195 1.285
最低地上高(m) 0.150 0.145 0.140 0145
ホイールベース(m) 1.460 1.465 1.515 1.465
乾燥車両重量(kg) 197 217 215 225
60㎞/h定地走行燃費 39.0km/L 36.0km/L
最低回転半径(m) 2.7 2.8
原動機型式名 RC13E RC17E
エンジン型式 空冷4ストローク4バルブDOHC4気筒
総排気量 655cc 747cc
内径x行程(mm) 60.0x58.0 67.0x53.0
圧縮比 9.5 9.3
キャブレター VE54x4基 VE65x4基
最高出力 70ps/9,500rpm 77ps/9,500rpm
最大トルク 5.8kg-m/7,500rpm 6.5kg-m/7,500rpm
点火方式 トランジスタ
始動方式 セルフ
潤滑方式 ウエットサンプ圧送式飛沫式併用
潤滑油容量 3.2L 3.6L
燃料タンク容量 13L 22L 17L 22L
クラッチ 油圧作動湿式多板ダイヤグラムスプリング
変速方式 左足動式リターン
変速機 常時噛合6段
動力伝達 チェーン シャフト チェーン
フレーム ダブルグレードル式
フロントサスペンション 円筒空気バネ併用テレスコピック
リヤサスペンション スイングアーム プロリンク スイングアーム プロリンク
キャスター 28.5° 30.0°
トレール 98.0mm 111.0mm
ホイール キャスト ブーメランコムスター キャスト ブーメランコムスター
タイヤ(前) 100/90-19 57H 110/90-16 59H 110/90-18 61H 110/90-16 59H
タイヤ(後) 130/90-16 67H 130/80-18 66H 130/90-16 67H 130/80-18 66H
ブレーキ(前) 油圧式ダブルディスク
ブレーキ(後) 油圧式ディスク 機械式ドラム 油圧式ディスク
標準現金価格 \570,000 \698,000 \685,000 \750,000

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ そのひとつとして1978年RCシリーズで具現化された多気筒化の極限となるDOHC6気筒エンジンを搭載するCBX1000北米ヨーロッパで発売された。
  2. ^ この中にはモリワキ製マフラーが含まれていた。
  3. ^ 本モデルではベースモデルにあったビキニカウルが未装着。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

バイクブロス