ツーリング (オートバイ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
南米の広大なパンパを行くツーリング。
キャンプを行うツーリングを「キャンプツーリング」と言う。キャンプ地での様子(2008年、アメリカ合衆国ヴァージニア州にて)
ホンダ・カブでツーリングを楽しむ若者たち(2010年、UKにて)

ツーリング(: touring) とは、オートバイを移動手段として利用しながら観光地や景勝地などを訪れたり、単なる移動手段としてではなく、オートバイで走ることを楽しむために山岳地や海岸沿いなどをルートに選んで走ることなどの総称である。

概要[編集]

ツーリングに付帯する条件に応じて接頭辞を付けて呼ばれる場合もある。たとえば、走行する距離が短い場合は「ショートツーリング」、長い場合は「ロングツーリング」と呼び分けられ、複数の人数が同行する場合は「グループツーリング」や「マスツーリング」、1人で行動する場合は「ソロツーリング」と呼ぶ場合もある。日帰りの場合は「日帰りツーリング」とも呼ばれ、宿泊先の確保や宿泊に必要な手回り品の積載は必要ない。出先でキャンプする場合には「キャンプツーリング」とも呼ばれ、テントや調理器具などを積載しての移動となる。移動経路に高速道路を利用する場合は「高速ツーリング」、林道を走ることを目的としたツーリングは「林道ツーリング」と呼ばれる。

日本は隣国と地続きではないという地理的な理由や車両登録にかかわる制度の制約により、日本の国境を越えるツーリングには出入国手続きと同時に車両の輸送手段や自動車カルネ国際ナンバーの取得が必要となる。ただし、アメリカ合衆国と日本、大韓民国と日本は互いに自動車カルネ国際ナンバーを必要としない特例条約が結ばれているうえ、日本と韓国の間にはフェリーが定期運行されている。また日本からは、渡航先にレンタルバイクを用意してガイドが同行するツアーパッケージも商品化されている[1]

脚注[編集]

関連項目[編集]