パンパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パンパ周辺地域
パンパの風景

パンパ (スペイン語: Pampa) は、南米アルゼンチン中部のラプラタ川流域に広がる草原地帯。アルゼンチン首都ブエノスアイレスを中心に、半径約600kmの半円形を描く地域である[1]

パンパ中央部を通過する年降水量550mmの線を境に、東部の湿潤パンパと西部の乾燥パンパにわかれる[1]ケッペンの気候区分ではいずれも温暖湿潤気候(Cfa)である。

起伏が少なく、ビリヤード台に喩えられるほど全く平坦な草原が大部分を占める。そのため水はけが悪く、大雨が降ると広範囲が冠水し容易に水が引かない。2001年10月には35,000 km2 が冠水した。

関東平野の約60倍の大きさで、肥沃な土壌が広がっており、世界有数の牧畜地域でもある。アルゼンチンの人口の3分の1がここに集中している[1]

農業[編集]

パンパはアルゼンチンの農業の中心地であり、国内の耕地の80%牧草地放牧地の60%を占める[1]。また、小麦の95%はここで生産される[1]

湿潤パンパでは、トウモロコシアルファルファの栽培と、の放牧が行われる[1]。一方、乾燥パンパでは、の大規模な放牧が行われ、湿潤パンパと乾燥パンパの漸移地帯で小麦栽培が行われる[1]アメリカ合衆国の放牧地帯に比べれば、気温も高く降水量に恵まれており、小麦・トウモロコシ地帯となった可能性もあったが、人口密度が希薄で1人当たり4万haという広大な土地が割り当てられたため、大放牧地となった[1]1877年イギリス資本の冷凍船が導入され北半球生肉を送ることができるようになり、企業的牧畜が成長した[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 今井(2003):60ページ

参考文献[編集]

関連項目[編集]


座標: 南緯35度 西経62度 / 南緯35度 西経62度 / -35; -62