ホンダ・CB650

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホンダ・CB > ホンダ・CB650

CB650(シービーろっぴゃくごじゅう)は、かつて本田技研工業が製造・販売していたオートバイである。

概要[編集]

1979年1月にドリームCB550FOUR-Kがフルモデルチェンジする際に排気量拡大を同時に行い車名を変更した大型自動二輪車である。車名からはドリームならびにFOURのペットネームは消滅したが、引き続きダブルクレードルフレーム空冷4ストローク2バルブSOHC4気筒エンジンを搭載する。

派生車種もふくめて日本国内のみならず欧州北米にも輸出されたが1985年までに生産終了した。

モデル一覧[編集]

本項では日本国内向けモデルについて解説を行う。

CB650[編集]

CB650
輸出仕様車

1979年1月17日発表、同月18日発売[1]。型式名RC03。

上述したようにドリームCB550FOUR-Kのフルモデルチェンジ車であり以下の変更が実施された。

  • 搭載エンジンをCB550FE型からRC03E型に変更。
  • 内径x行程:58.5x50.6 → 59.8x55.8(mm)
  • 排気量:544 → 626(cc)
  • 最高出力:50ps/8,500rpm → 53ps/8,500rpm
  • 最大トルク:4.4kg-m/7,500rpm → 4.6kg-m/7,500rpm
  • 点火方式はフルトランジスタ式を採用。
  • ホイールはメインテナンスフリーの観点から独自の組み立て式総アルミ製コムスターホイール[注 1]を装着し、タイヤのチューブレス化を実施。
  • エキゾーストマニホールドならびにマフラーは4into2の左右2本出しメガホンタイプを装着。
  • 板バネとオリフィスだけでコントロールしていたリヤサスペンションの減衰力をさらにコイルスプリングとチェックバルグを設けることによりスピードに応じた可変的な減衰力特性をもたせたFVQダンパー[2]へ変更。

生産目標は月産4,000台でそのうち国内向けは200台と設定された[1]ほか、都道府県警察向けに白バイ仕様へ一部変更したCB650Pの製造納入実績がある。

CB650カスタム[編集]

CB650カスタム
輸出仕様車

1980年2月27日発表、3月1日発売[3]。型式名RC05。

当時流行したアメリカンタイプ仕様でフレームを新規に設計しなおしたことから型式こそ別となるが、搭載されるエンジンはCB650と同じRC03E型でスペックも一致する。このほかマフラーが4本出しタイプに変更された。

1981年3月18日発表、同月19日発売で以下のマイナーチェンジを実施[4]

CB650LC[編集]

1982年1月14日発表、同月15日発売[5]。車名のLCはLuxury Custom(ラグジュアリーカスタム)の略である。

上述2車を統合する形で実施されたモデルチェンジで北米向け輸出モデルとなったRC08型CB650SC(NIGHT HAWK 650)とほぼ同様のボディを採用する日本国内仕様である。

  • 北米仕様は新たに排気量656ccのDOHCエンジンを搭載するのに対して、本モデルはCB650カスタムからキャリーオーバーのRC03E型エンジンとしたほか[注 2]、フレームも踏襲したため型式は引き続きRC05型とされた。

上述2車からの大きな変更点はエンジンの黒塗装化ならびに前輪ディスクブレーキのダブル化が実施された。

諸元[編集]

車名 CB650 CB650カスタム CB650LC
型式 RC03 RC05
モデルイヤー 1979 1980 1981 1982
全長(m) 2.140 2.215 2.210
全幅(m) 0,855 0.870 0.860
全高(m) 1.170 1.160 1.190 1.150
最低地上高(m) 0.165 0.155 0.145
ホイールベース(m) 1.430 1.490
車両重量(kg) 213 215 214 217
60㎞/h定地走行燃費 34km/L 36km/L
最低回転半径(m) 2.4 2.8 2.7
原動機型式名 RC03E
エンジン型式 空冷4ストローク2バルブSOHC4気筒
総排気量 626cc
内径x行程(mm) 59.8x55.8
圧縮比 9.0
キャブレター PW24x4基 VB52x4基
最高出力 53ps/8,500rpm
最大トルク 4.6kg-m/7,500rpm
始動方式 セル・キック併用式 セルフスターター
潤滑方式 ウエットサンプ圧送式飛沫式併用
潤滑油容量 3.5L
燃料タンク容量 18L 13L
クラッチ 湿式多板コイルスプリング
変速方式 左足動式リターン5速
フレーム形式 ダブルグレードル式
フロントサスペンション テレスコピック テレスコピック(セミエア)
リヤサスペンション スイングアーム(FVQダンパー)
キャスター 27°30' 27°20'
トレール 105.00㎜ 107.0mm
タイヤ(前) 3.25S-19-4PR
タイヤ(後) 3.75S-18-4PR 130/90-16-67S
ブレーキ(前) 油圧式シングルディスク 油圧式ダブルディスク
ブレーキ(後) ロット式リーディング・トレーディング
標準現金価格 \435,000 \455,000 \480,000 \518,000

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ アルミリムにスポークプレートをリベット止めした構造でスポークホイールやキャストホイールより低コストでの製造が可能
  2. ^ マフラーも輸出仕様は4into2の左右2本出しに対して、国内仕様は4本出しという差異がある。

出典[編集]

外部リンク[編集]

※いずれも本田技研工業公式HP