ホンダ・CG125

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホンダ・CG125
Honda CG125 orange.jpg
最初期輸出モデル。
基本情報
排気量クラス 小型自動二輪車
エンジン 124cm3 
空冷4ストロークOHV単気筒
内径x行程 / 圧縮比 56.5mm x 49.5mm / 9.0:1
最高出力 7.5Kw 11ps/9000rpm
最大トルク 0.94kgm/7500rpm
      詳細情報
製造国
製造期間 1974年 -
タイプ ロード
設計統括
デザイン
フレーム ダイヤモンド
全長x全幅x全高 1900mm x 735mm x 1025mm
ホイールベース 1200mm
最低地上高
シート高 760mm
燃料供給装置 キャブレター
始動方式
潤滑方式
駆動方式 チェーン
変速機 4速リターン
サスペンション テレスコピック
スイングアーム
キャスター / トレール
ブレーキ リーディングトレーリング
リーディングトレーリング
タイヤサイズ
最高速度
乗車定員 2人
燃料タンク容量 9.5L
燃費
カラーバリエーション
本体価格
備考 スペックは旧モデルのもの
先代
後継
姉妹車 / OEM
同クラスの車 ホンダ・CBF125 ヤマハ・YBR125 スズキ・GS125E スズキ・EN125
テンプレートを表示

ホンダ・CG125(シージーひゃくにじゅうご)は本田技研工業が製造販売するネイキッドタイプのオートバイである。日本国外向け生産車であり、日本での正規販売は行われていない。

概要[編集]

1974年に発表された。1990年代後半までは熊本製作所などで製造されていたが、現在はノックダウン生産ブラジル中華人民共和国ナイジェリアイランなどで現地生産が行われている。開発途上国発展途上国向けのモデルで過酷な使用を想定して設計された。エンジンの動弁方式がOHVとされたのもCB125単気筒系エンジンをベースに構造の簡素化によるメンテナンスの簡略化を図ったためであるが、日本国内仕様でSOHCエンジンを搭載するCB125JXとの共通パーツも多い。

2000年にブラジル生産の派生車種としてCG125 TITANが発表され、20年以上にわたり続いた外観デザインが変更された。イギリスではCG125 TITANをベースにした車両がCG125として近年まで発売されていた。外観以外について、旧モデルからの変更点は以下のようなものが挙げられる。

2011年9月にイギリスで行われたギネスブック公認の「イギリス1周低燃費記録走行」参加車両が、74.44km/Lの燃費で完走をした。この記録はディーゼルエンジン搭載車のエンフィールド=ロビン・D-R400Dが樹立した数値を上回る。

モデル一覧[編集]

海外モデル[編集]

1976年式輸出仕様車
1976年式輸出仕様車
国内(熊本工場)生産モデル
国内(熊本工場)生産モデル
欧州向け近代化モデル
欧州向け近代化モデル

発売以来基本的設計は変わっていないが、生産国および販売国での要望などから仕様の変更を受けることが多く、外観も様々に変化している。旧型モデルからのマイナーチェンジ例を以下に示す。

日本で流通している旧型4速仕様車のチェンジペダルは変則リターンであり、トップギアからさらにシフトアップしてもニュートラルには入らない(ボトムニュートラル)。

中国[編集]

中国本土へは1980年代後半から輸出が開始され、現在では現地で旧型OHVエンジン車両の生産も行われている。

  • 一方、現地には日本メーカーのバイクのコピー車を製造元の許可なく製造する中小メーカーもあり、CG125のコピー車も製造されている。コピー車には、エンジンをOHVのまま水冷化したものや車体を3輪のトラックにしたものも存在する。

2012年現在で主に西日本地域で入手可能なCG125[1]は、広東省五羊本田が製造したもので以下の特徴を持つ。

  • 前後輪18インチ・ドラムブレーキ・スポークホイール・チューブタイヤ
  • ロータリー5速ミッション
  • セル・キック併用
  • 12V電装
  • 角型前照灯
  • 前泥除けに番号標取付座溶接[2]
  • 荷物積載フレーム装備

ブラジル[編集]

現在の主力生産地で、新型の車両は従来のワンカムを位相して吸気バルブと排気バルブを駆動する方法ではカムプロファイルの制限があり環境対策が困難であることからOHVからOHCに変更され、また一部の車種にはPGM-FI(燃料噴射装置)も搭載される。また排気量をアップさせたCG150や同国で普及しているアルコール燃料にも対応させた CG150 TITAN MIXのほか、ブロックパターンオフロードタイヤを装着しエンジンガードや大型キャリアなどを装備したスクランブラーモデルのCGL125に同モデルをベースにフロントキャリアやチェーンカバーなどを追加してファームバイクとしての改装を施したCGL125 Terraなどの派生車種も製造販売されていた。以前からの旧モデルも仕向地によっては生産が続行されている。

韓国[編集]

韓国生産モデルは1980年から1983年まで起亜技研工業(1982年以後に大林自動車で社名変更)で生産した。

  • 前輪のブレーキ:ディスクブレーキ[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ CG125は通称名で五羊の型式名はWH125 3型。
  2. ^ 日本には存在しない『鉄人28号のトサカ』のような番号標。
  3. ^ KIA HONDA CG125新発売1980年5月1日(朝鮮語)

外部リンク[編集]