ヨークシャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヨークシャー
EnglandYorkshireTrad.png
地理
面積 15,713km2
岩手県と同程度
州都 ヨーク
Chapman Code YKS
Yorkshire Ridings.png
  1. ノース・ヨークシャー州
  2. ウェスト・ヨークシャー州
  3. イースト・ライディング・オブ・ヨークシャー州

ヨークシャー (Yorkshire) はイングランド北部にある地域を指す。traditional countyのひとつで、現在次の行政区画に分かれている。

  1. イースト・ライディング・オブ・ヨークシャー
  2. ウェスト・ヨークシャー
  3. ノース・ヨークシャー
  4. サウス・ヨークシャー

地理[編集]

北西部のヨークシャー・デールズ国立公園

ヨークシャー全体の面積は、15,000平方キロメートルとイングランド最大で、500万人前後の人口を擁している。州の中心都市はヨーク市で、他にリーズ、シェフィールド、ブラッドフォードといった大都市がある。ばら戦争ヨーク家に因んで白薔薇を州の徽章にしている。

西に隣接する州が、同じくばら戦争のランカスター家に縁のあるランカシャー (Lancashire) である。

文化[編集]

ヨークシャーはヴィジュアルアートとも関係があり、彫刻家のヘンリー・ムーアバーバラ・ヘップワース、画家デイヴィッド・ホックニーはヨークシャーの自然地理の彫刻・絵画の主題になっている。ヨークシャーは小説家ブロンテ姉妹、劇作家のアラン・ベネット, 詩人のテッド・ヒューズとが生まれたところでもある。

ヨークシャーには「Tyke」と呼ばれる方言があるが、必ずしも広く一般に使われているわけではない。「嵐が丘」などで有名なブロンテ姉妹は西部の町ハワースに住んでいた。小説の舞台であるムーアの荒野が広がる。ブラム・ストーカーは北部の港町ウィットビーに住んでいた時に「ドラキュラ」を著した。

郷土料理 [編集]

産業[編集]

かつては鉱山・毛織物、綿織物産業で発展していたが、現在は機械・印刷・エールビールの醸造・化学・電子工学など様々な部門で工業の発展がみられる。リーズの中心エリアには銀行・保険会社も集中しており金融都市としての性格も有する。

観光地など[編集]

ウォーフデイルのボルトン・アビー

国立公園のヨークシャー・デールや北ヨーク・ムアズ、はイギリスの中でも主要なトレッキング・スポットとしても有名である。

ウェスト・ヨークシャー[編集]

ノース・ヨークシャー[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]