近郊農業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
近郊農業(東京都世田谷区

近郊農業(きんこうのうぎょう)とは、大都市の周辺で行われる農業である。

都市に新鮮な農畜産物を周年的に供給することを目的[1]に、野菜などの商品作物を栽培する。農業分類においては園芸農業に属する。地価が高いため小規模であるが、土地生産性は高い[2]。高度に集約的な農業であり、軟弱野菜を主体とした多種類の作付が行われる[1]。また花卉(かき)や植木栽培も景観的特色を有する[1]欧米では新鮮な市乳を供給する目的で酪農も行われる[1]。露地栽培を主とするが、一部では温室ビニールハウスを用いる場合もある[3] 。防災機能や緑地保全などに着目し生産緑地に指定されている場合があり、また日本横浜市では独自に農業専用地区制度を設けている。対義語は輸送園芸遠郊農業)である。

主な産地[編集]

アジア[編集]

  • 韓国
    • ソウル - 京畿道は首都圏の食糧供給基地であり、農業が盛んである。仁川は米の産地として韓国内では有名。

ヨーロッパ[編集]

北アメリカ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 茨城新聞社 編(1981):327ページ
  2. ^ 学研教育出版"近郊農業 | 学習百科事典 | 学研キッズネット"(2012年9月28日閲覧。)
  3. ^ a b c 九州高等学校地理教育研究会(2006):31ページ
  4. ^ a b c d 今井(2003):85ページ

参考文献[編集]

  • 茨城新聞社 編『茨城県大百科事典』茨城新聞社、1981年10月8日、1099pp.
  • 今井清一『改訂増補 人文地理学概論<上巻>』晃洋書房、2003年5月10日、151pp. ISBN 4-7710-1459-0
  • 九州高等学校地理教育研究会『新地理B要点ノート』啓隆社、平成18年4月1日、175pp.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]