アグリビジネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アグリビジネス: agribusiness)とは、農業に関連する幅広い経済活動を総称する用語である。

1950年代後半に、ハーバード・ビジネス・スクールのR.ゴールドバーグが、アメリカ合衆国の食料生産システムについて、農業資材供給から生産・流通・加工に至るまでを垂直的に説明するためにこの用語を使ったのが最初である[1] 。日本語では農業関連産業と訳されることもあるが、大学にアグリビジネス学科が設けられるなど、外来語として定着している。文字通りアグリカルチャー(農業)とビジネス(事業)を組み合わせた造語で、アグリビジネスに含まれる領域は農業機械農薬肥料などの農業資材、品種改良株式会社の農業参入、農産物流通貿易加工など多岐にわたる[2][3]。アグリビジネスを分析するための主な研究方法としては、政治経済学アプローチ[4] や、地理学アプローチ[5] などがある。

脚注[編集]

  1. ^ J.H.Davis and R.A.Goldberg, A.Concept of Agribusiness, Alpine Press, 1957(中野一新編『アグリビジネス論』、p.53)
  2. ^ 環境用語集 アグリビジネス”. 環境情報センターEICネット (2009年10月14日). 2011年12月25日閲覧。
  3. ^ ビジネス用語辞典 アグリビジネス”. NEC wisdom (2005年12月1日). 2011年12月25日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ 久野秀二『アグリビジネスと遺伝子組換え作物─政治経済学アプローチ─』
  5. ^ 後藤拓也『アグリビジネスの地理学』

参考文献[編集]

関連項目[編集]